知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

トリートメントは男も必要?それとも不要?髪型による?

time 2018/01/08

いつまでも若々しく美しくありたい・・・。

それは男性も女性も同じ思いですよね。

特に最近の男性たちの美意識には、目を見張るものがあります。

女子力があまり高くない私にとっては、男性の美意識には尊敬の念すら抱いてしまいます。

だって、男性用の化粧水や乳液などのスキンケアはもちろんのこと、ヘアケア用品にも気を使う人が増えているんですから!

今回は男性のヘアケア商品の中からトリートメントについてお話したいと思います!

sponsored link

トリートメントって男性にも必要?

虫眼鏡を持つ男性
出典:photo AC

さて、女性では割と日常的にしているトリートメント、はたして男性にも必要なのでしょうか?

ズバリ、トリートメントは必要な人と必要ない人がいます。

具体的にどんな場合なのか、見ていきましょう!

実はトリートメントの要・不要は、髪の長さに関係し、髪の短い人は、基本的にトリートメントは不要です。

これは女性も同じだと思うのですが、ショートヘアの人はロングヘアの人ほど髪のお手入れはしていません。

昔はショートヘア、今はセミロング(肩につくくらいの長さ)の髪の長さの私なのですが、ショートヘアとセミロングだと、髪の痛みが全く違います!

ドライヤーを使っている時間がショートとセミロングでは全く違いますし、夏の太陽によるダメージ具合も、ショートなら全く気にならなかったのに対し、セミロングだとパリパリになってしまい、紫外線に傷付けられた感じがわかります(涙)。

「髪の長さによって、これほどまでも受けるダメージが違うのか!?」と驚愕するほどです。

つまり、髪の短い男性は、それほど強いダメージを受けることがないので、トリートメントは不要、というわけです。

一方、男性でも髪の長い人は、短い人に比べて傷みやすいので、トリートメントが必要となります。

同じように、パーマやカラーなど髪に薬剤を使用している人も、ダメージを髪が受けているので、トリートメントが必要と言えるでしょう。

ぶっちゃけ、トリートメントってどんな効果があるの?

トリートメント
出典:photo AC

ところで、トリートメントってなぜ必要なのでしょうか?

先ほど説明したように、髪の毛は長くなると、ドライヤーの熱や太陽、髪の毛どうしの摩擦など様々なダメージを受けて傷つきやすくなってしまいます。

その傷んだ髪を修復するために、トリートメントを使うのです。

と、ここまでの話をまとめると、「髪の短い人がトリートメント不要なのはわかったけど、リンスやコンディショナーは必要なの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、少しリンス・コンディショナーと、トリートメントの違いを少し説明したいと思います。


リンス、コンディショナー、トリートメントの違いとは?

まずリンスとコンディショナーですが、これはメーカーによって少し違いはあるものの、ほぼ同じものといえます。

私の個人的な感覚的では、ひと昔前はリンスといっていたものが最近はコンディショナーというようになったような感じがします。

リンスやコンディショナーは、髪を洗った後の髪の毛どうしの摩擦を抑えたりパサつきを軽減するために、髪の表面をコートしてくれるのですが、あくまでも表面をコートするだけ、というのが特徴といえます。

一方のトリートメントは、髪の内部にまでしっかりと栄養分を浸透させることで、傷んだ髪を中から修復させてくれます。

リンス・コンディショナーとトリートメントの違いを知ると、トリートメントの方が髪にしっかりと栄養分がいきわたるから、髪が短くてもトリートメントをしたくなるかもしれませんが、ここで大きな注意点が1つあります。

トリートメントは「髪の内部に必要な栄養素」を補うものです。

これを髪の短い人が使ってしまうと、髪だけでなく、頭皮にこの栄養素を送ることになってしまいます。

髪にとっては良い栄養素でも、頭皮にとっては良いとはいえないのです。

また、きちんと洗い流さないと、炎症の原因になる場合もあります。

「髪が短いけど、どうしてもトリートメントを使いたい」という人はもちろん、髪の長い人でも、トリートメントを使う場合は頭皮に残らないようにしっかりと洗い流すことが重要です。

あと書き

髪をいたわり過ぎるあまり、返って傷つけてしまうこともあります。

トリートメントのパッケージに記載された使い方や使用頻度を守ることで、昔あったCMのように「髪は長―い友達」であり続けたいですね。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中