海外旅行に行くと、日本の企業の名前が入った製品を目にすることも多いですよね。

その中でも日本を代表する企業といえば、トヨタではないでしょうか?

最近ではアルファベット表記のTOYOTAがトヨタのロゴマークとしておなじみとなりました。

しかしそのトヨタ、実は創業当時はトヨダだったことをご存知でしょうか?

大きな社名変更ではないものの、なぜ濁点を取ったトヨタという名前に変えたのか、その理由に迫りたいと思います!

スポンサーリンク

トヨダがトヨタになるまでにはこんな秘話があった

チェック

出典:photo AC

漢字で書くとわかりにくいのですが、「豊田氏」の読み方は「とよだ」と濁っています。

それが、トヨタに変わった経緯を簡単に説明すると・・・、

現在ではグローバル企業に成長したトヨタグループですが、グループの大元となる会社「豊田自動織機製作所」が豊田佐吉により設立されました。

創始者の名前からもわかるように、トヨタの源となる社名は「豊田氏」の名前が社名の由来となっています。

そのため、もともとの社名は「豊田(とよだ)自動織機製作所」と、濁点だったのです。

豊田佐吉が発明した自動織機の販売を生業としていた豊田自動織機製作所ですが、自動車の製造を始め、1937年に自動車部門が独立し、現在のトヨタ自動車工業が誕生するのです。

トヨダがトヨタになった瞬間ですね。

実は1936年に会社のロゴマークを一般公募した際、「トヨタ」とカタカナを丸で囲ったものが選ばれ、このときに社名も「トヨダ」という読み方から「トヨタ」に変わったのです。

ところで、なぜ「トヨタ」と読み方を変えたのか、という疑問が出てきませんか?

それには3つの理由があるそうです。

①「トヨダ」よりも「トヨタ」の方が音の響きが良い。
②「トヨタ」にすると、画数が8(=末広がりの8)となるので縁起が良い
③「トヨダ」という創業者一家の名前を使わない方が、個人企業のイメージから離れらえる

なるほど、言われてみると、確かに濁音よりも音が濁らない方が耳に入ってくるときにスーッと入ってきますし、今後の社運が広がるように8という数字も縁起がいい。

しかも創業者の名前が社名に入っていると、創業家が会社を牛耳って、独断ですべてを決めてしまうという悪いイメージがなんとなくありますが(テレビドラマの影響でしょうか・・・)、「うちは創業家とはちょっと一線を引いていますよ」というのは良いイメージ戦略ですよね。

そんなトヨタ社員のみなさんによる細かな点への配慮もあって、グローバル企業に成長したんでしょうね。

スポンサーリンク


トヨタへの変更で市の名前も変わった!?

車

出典:photo AC

トヨタという名前、読み方が変わっただけではなく、実は市の名前もかえてしまったんです。

戦前にトヨタ自動車の前進、トヨタ自動車工業の工場を建てるとき、挙母(ころも)市という場所を選びました。

この挙母市、トヨタが拠点を置くまではそれほど発展していなかったのですが、工場が建てられたことにより発展し始めました。

そんな中、商工会議所から「市の名前を変えたい」という懇願所が提出されたのです。

もともと「挙母」という名前が読みにくいということもあったのですが、今や「クルマのまち」に成長したということをアピールするために、市の象徴でもある「トヨタ」が選ばれたんですね。

市民の中には「挙母」という名前をなくすことに反対する人もいたそうですが、1959年に「豊田市(とよたし)」に変更されたそうです。

ちなみに、「日本広し」と言えども、市の名前が公的ではない団体にちなんでつけられたのは豊田市と奈良県の天理市のみだそうです。

それほど、トヨタが多くの人の生活に影響を与えたということがよくわかりますね。

トヨタではなくトヨダにこだわる企業とは?

会社

出典:photo AC

トヨタには多くのグループ会社があるのですが、全ての会社が「トヨタ」という読み方に変えたわけではありません。

実は「トヨダ」と濁ったままの会社が残っているのです。

まずはトヨタの主要13社で唯一「トヨダ」と濁った名前の「豊田合成株式会社」です。

元々、トヨタのゴム研究部門が独立した会社なのですが、国華工業名古屋工場となり、その後、名古屋ゴム株式会社として創業しました。

1973年に現在の社名に変わったのですが、変更前に「トヨタ」の名前がなかったからか、それほど「トヨタ」という名前に執着がなかったのかもしれません。

ちなみに商品自体もトヨタ以外の自動車メーカーに納めているそうです。

もう1つ、関連企業で「豊田鉄工株式会社」があります。

こちらの会社は創業時、挙母鐵工株式会社という名前だったそうです。

変えられてしまった市の名前が社名に使われているからか、「トヨタにはしない!」という気持ちが強かったのでしょうか・・・。

ちなみに豊田鉄工株式会社は、英語表記がTOYOTETSUだそうです。

英語表記にすると濁点がなく、すっきりとした印象で、TOYOTAに近い感じがしますね。

あとがき

いかがでしたか?

世界的企業であるトヨタの社名は、こんな歴史があったなんて、ちょっと興味深いですよね。

会話に困ったら、トヨタの社名の話題をしてみてはいかがでしょうか?