社会人の身だしなみといえばスーツですよね。

着るだけでキリっと背筋が伸びるスーツですが、学生服と同様、夏物と冬用があることをご存知でしょうか?

夏はブレザーなしの半そでシャツに透け感のあるズボン、冬は長そでシャツにブレザー着用で厚めの生地のズボンといった、わかりやすい学生服と違い、一見しただけで夏物と冬物の区別がつきにくいスーツ。

そんなスーツの夏物と冬物の簡単な見分け方を伝授します!

これさえ知っていれば、スーツを快適に着こなせること間違いなし!?

スポンサーリンク

スーツの夏物と冬物、見分け方は?

スーツを着た外国人

出典:photo AC

見分け方はいくつかあるのですが、一番わかりやすい違いはスーツの裏地で、夏物は背中の部分の裏地がないもの、冬物は背中の部分にもすべて裏地がついている、というものです。

典型的なスーツの場合、「総裏」というもので、名前から想像できるとおり裏地がすべてついています。

総裏のメリットは、型崩れしにくく、ピシッとした形状をキープできること。

しかも裏地が全体についている分、体温が外に逃げにくく暖かいので、冬物の場合は総裏、ということになります。

しかし、夏の暑い時期、裏地がついていることで体温が外に逃げず、暑いというデメリットが…。

そこで生まれたのが背中の部分の裏地がない「背抜き」や、背中の上の方だけに裏地を付けた「半裏」といったものです。

これだと、日本のジメジメと湿気の多い夏場でも、背中の部分の通気性が良くなり、自分のかいた汗の湿気で更に暑くなる、といったことはなくなるので、夏物には「背抜き」や「半裏」というわけです。

温度計

出典:photo AC

見た目で違いを見分けるのであれば裏地の違いが一番わかりやすいのですが、そのほかの見分け方として、スーツの生地があります。

普段着で想像してみてください。

夏であればコットンでできたTシャツや麻のシャツといった薄手のものを、冬はウールのセーターやフリースといった厚手の生地のものを着ませんか?

スーツの生地も同じで、通気性のよい薄手で軽いものを夏に、保温性の高い厚めのものを冬に…といった季節にあった生地を使用しています。

代表的な夏の生地は、コットンや麻、冬の生地はウールやポリエステルといったものです。

ウールについては、夏場でも通気性良くサラッと着られる夏用の「サマーウール」があり、通気性がよく、丈夫で型崩れしにくいのが特徴です。

また、最近では、速乾性のある素材で夏を快適に過ごせるものや、暖かさはそのままで軽い生地を使った冬物など、季節ごとの特徴に合わせた生地を使っているスーツが出ているので、それらの情報から見分けることもできます。
スポンサーリンク


オールシーズンのスーツってどんなもの?

スーツ

出典:photo AC

ところで、「オールシーズン」と呼ばれるスーツをご存知でしょうか?

名前のとおり、すべての季節で着られるものなのですが、「夏物と冬物の特徴を足して2で割ったもの」というイメージです。

例えば、夏物の裏地は「背抜き」で冬物は「総裏」とお伝えしましたが、オールシーズンのものは「背抜き」が多いのが特徴です。

しかし、背抜きだと夏場は通気性が良くて快適だけど冬だと通気性が良いだけに寒い、というデメリットがあります。

そこで、冬物に近い厚めの生地を使っているのです。

生地が厚いので保温性が高く、冬場でも暖かく着ることができます。

「生地が厚いなら、夏には着られないじゃないか!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ここ数年で日本のビジネスシーンではクールビズがすっかり定着したため、夏場に上着を着なくても問題なし、という考えが一般的になりましたよね。

だから、暑い季節は上着を着ないので、生地が少し厚くても問題なし、ということです。

とはいえ、日本には四季がありますし、「夏でも上着は着るもの!」という業種もあるでしょう。

また、「コートを着たとしても、冬の外回りではオールシーズンのスーツだと寒すぎる」という方もいらっしゃるでしょう。

まずは自分の働く職場環境を把握した上で、その環境下で一番適した素材や形状のスーツを選ぶ、ということが社会人として最も大切なことかもしれませんね。