突然ですが、海外旅行に行くとき、スーツケースを持っていきますか?

正直なところ、普段から荷物の多い私にとって、「海外旅行どころか国内旅行でさえスーツケースやキャリーケースのない旅などありえない!」という感じです。

海外旅行に行ったときには、買い物が楽しすぎてスーツケースに荷物が入らず、小さいスーツケースを買い足す、なんていうこともありましたしね。

そんな私ですが、はたしてスーツケースを持たずに海外旅行に行くことは果たして可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

えっ?海外旅行ってスーツケースなしで行けるの?

スーツケース

出典:photo AC

最初に言っておきますと、海外旅行をスーツケースなしで行くことは可能です!

「はっ?、あなたなに言ってるの?」って感じですよね。

でも、いつも荷物の多い私が、こんな風に断言できるのは、実際にバックパックで海外旅行に行く人が身近にいるからなのです。

あれはたしか、私の義理の弟夫婦が結婚式と新婚旅行を兼ねてハワイへ行ったときのことでした。

私たちも結婚式に参列するために、ハワイへ行ったのですが、そのときの義弟夫婦が持っていったのはなんとバックパックだけだったのです!

仕事の都合で3泊5日という短い滞在であったものの、今回の旅行は本人たちにとって人生の中で最も大事な旅行。

私なら、悔いのないようにあれもこれもと、結婚式の準備で使う様々なものをスーツケースに詰め込んでいってしまうところなのですが、義妹は普段通りの着替えのみでした。

ハワイ

出典:photo AC

もともとそんなに着飾る方ではない義妹は、「結婚式の衣装は現地で借りるし、他は必要最低限のものがあればよし!」と、バックパックもまだまだ入る余地があるほどのスペースを残した状態のパッキングでハワイへ入国しました。

そして、日本へ帰国する際も写真立てだけを買って帰るという最小限の買い物で済ませていました。

一方、結婚式に参列するだけの脇役の私といえば、こんな感じでした。

「参列する際のバッグと靴、衣装は現地調達しよう。あ、あと、もし日本食が食べたくなったときのために、インスタントのお味噌汁を持っていこう。お味噌汁を飲んだら白いご飯が食べたくなるかもしれないから、レンジでチンするご飯を持っていこう・・・。」

「そうなると、ふりかけも欲しいところ。あ、海苔もあるといいな・・・。」

「もしご飯をチンして余ったら、おにぎりにしたいから、塩も持っていこう♪」

と、気づいたら荷物がどんどん増えていったのです・・・(汗)。

落ち着いて考えてみれば、塩なんてわざわざ持っていかなくても現地で買えますし、ハワイならご飯も手に入ります。

結局、たいして必要ではないものを持っていくことで荷物が増えているだけなので、現地調達が可能なものはあえて持っていかなければかなり荷物は減ります。

他にも、荷物を減らす方法がありますよ。

まず、旅行へいくとき、捨てる予定の服、着なくなった服を持っていくという方法。

これだと、着た服を現地で捨ててくるので、必然的に荷物が増えません。

というか、帰りは減るわけです。

また、洋服は必要最小限のものを持っていって、足りなければ現地で買うという方法もありますね。

海外旅行はオシャレをしたい!という方でも、下着やアンダーウェアにいらないものを身につければ、荷物は減りますよ。

次に、お土産は最小限にするというのも手です。

本当に親しい友人やお世話になっている人のみお土産を購入すれば、荷物は増えません。

購入するお土産も、大きなものではなく、小さくで持ち運びがしやすいものであれば、かさばりません。

そして、女性の方に多いのですが、洗顔、歯磨き、化粧品道具や美容グッズをこれでもか!と持っていく人いませんか?

これをやめるだけでも、かなり荷物は減るんです。

数日~1週間程度の旅行であれば、旅先のホテルに常備してある、シャンプーや石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉などを使えばいいですからね。

また、美容液やクリームなども、1週間分のお試しセットなどを持っていけば、そのまま使い捨てできるのでオススメですよ。
(※事前に、自分の肌にあうかどうかの確認はしてくださいね。)

たとえば、POLAの敏感肌・エイジングケアブランド「ディセンシア」の10日分のトライアルセットがあります。

これば、化粧水と美容液、ハリアップクリーム、目元用アイクリームが10日分ついてて、敏感肌の方も安心して使えるので旅行でも重宝すると思います。


スーツケースを持つことのデメリットって何だろう?

バックパック

それでもスーツケースを持っていかないと心配な私のような人向けに、スーツケースがないとどれだけ便利かを整理してみましょう。

スーツケースを持つと、飛行機に荷物を預けるときに待ち時間が長くなる

荷物を預けると、飛行機に乗る前の荷物検査に時間がかかります。

また、飛行機から荷物を降ろしてくるまで、時間がかかり、貴重な旅行の時間が削られてしまいます。

スーツケースの破損や紛失のリスクがある

ラゲッジカウンター

出典:photo AC

日本の空港では、乗客の荷物を丁寧に扱ってくれますが、海外の空港では乱暴に投げられることもあり、最悪の場合、壊れてしまってしまう場合もあります。

また、同じようなスーツケースの場合、間違って他の人のスーツケースを持っていってしまうこともあります。

ちなみに、私の夫は新婚旅行のときにスーツケースを間違って持っていかれてしまいました。

今となっては新婚旅行のエピソードと笑えるのですが、荷物が滞在ホテルに届くまで、着替えもない状態で不安そうでした。

移動時に動きにくい

エスカレーター

スーツケースを持っての移動はとても大変。

階段を使う移動は難しいので、エレベーターやエスカレーターを探す手間があります。

階段の上り下りだけでなく、普通の道を歩くのも、キャスターが思ったように動いてくれないときもあり、ストレスを感じてしまう、ということもあります。

スーツケースを持たなければ、時間の無駄を省け、トラブルに巻き込まれることも、不便な状況にイライラすることもありません。

「もしかしたら、これが必要かも・・・」と考えるのを少し控え、荷物を最小限にして、スーツケースのない身軽な旅を楽しんでみませんか?