少しでも安くスマホを使いたい。

だけど、日本で売っているSimフリーのスマホはイマイチ気に入るものがないから、海外のSimフリースマホを取り寄せて日本国内で使おう・・・。

そう思っている方、ちょっと待ってください!

もしそのスマホに技適マークがなければ、逮捕されることもあることをご存知でしょうか?

技適なしのSimフリースマホを海外から取りよせて使用することのリスクをお届けします。

スポンサーリンク

simフリーで技適なしのスマホを使うと逮捕の可能性も?

海外から取り寄せた技適なしのSimフリースマホを、ただ持っているだけであれば問題ないのですが、そのスマホを使った場合、違法になる場合があるのです。

スマホ

出典:photo AC

なぜ違法になるのかを説明する前に、冒頭から出てきている「技適」という単語が何なのかをまずは説明しましょう。

日本で無線機を使用しようとすると、その無線機には電波法令で定められている技術基準に適合しているものであることを証明されているものでなければいけません。

つまり、「この無線機は基準を満たしているから、使用してOK!」という証明が「技適」です。

無線機というと、私はトランシーバーやアマチュア無線機をイメージしてしまうのですが、携帯電話やスマホもこの無線に含まれます。

ということは、携帯電話やスマホにもこの「技適」がついていないといけない、ということになります。

技適マークというのはコレですね↓

技適マーク

そもそもこの「技適」を定めるのは、何のためでしょうか? 

無線機がトランシーバーやアマチュア無線機だけなら、それほど使っている人は多くないかもしれませんが、無線機で使用する電波は、スマホや携帯だけでなく、救急車両や警察車両など多くの人が利用していて、社会生活になくてはならないものです。

しかし、この電波は無限にあるわけではありません。

ですので、きちんと割り振りをして使わないと、他の人が使っている通信を妨害することもあり、私たちの生活が混乱してしまう可能性があるのです。

それらの混乱を避けるために、一定の基準を設ける必要がある、というわけです。

もし、この「技適」がついていないスマホを使い、「電波法令を違反している」とみなされた場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科されることもあるのです。

少しでも安く使いたいはずのスマホが、ずいぶん高い罰金を科されてしまうので、決して「コスパが良い」とは言えません。

むしろ「コスパがかなり悪い・・・」ですよね。

ちなみにこの「技適」、認定を受けているスマホには、「技適マーク」が内蔵バッテリーを取り外したところに印刷されています。

私はiPhoneユーザーなのですが、iPhoneの場合は、「設定」画面から、「一般」→「情報」→「法律に基づく情報」→「認証」を選んでいくと、技適マークを確認することができました。
スポンサーリンク


実際に逮捕された人はいるの?

「技適」なしの違反で逮捕された人は、実際にいます。
パトカーとお金

出典:photo AC

しかし、その逮捕された人は、海外から取り寄せた技適なしのSimフリースマホを使ったからではなく、電波の強いトランシーバーを使ったことによるものでした。

今のところは、海外の技適なしSimフリースマホを使って摘発された事例はなく、「技適なしのスマホを使っちゃうと、逮捕されることもあるよ」と、いうくらいで、積極的に摘発をしていないという感じのようです。

理由としては、スマホの電波くらいなら、人命に関わるような電波を発することはないから、ということが考えられます。

しかし、誰かから「あの人、技適なしのスマホを使ってます!電波法を違反しています!」と訴えられたり、「このスマホを改造して強力な電波を発信し、世の中を混乱させてやる!」なんて悪質な使い方をしていたら、罪に問われることだってあるのです。

いかがでしたか?

「安いから」「他の人が使っていないから」など、様々な理由はあるとは思いますが、罪に問われるリスクを背負ってまで使うかどうか・・・。

判断するのは、あなた自身です。