今まで20歳以上に与えられていた選挙権が、18歳へと引き下げられたのが2016年のこと。

早いもので2年の月日が経ちました。

そして2018年6月、2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられることになったのですが、ご存知でしたか?

具体的に見てみると、18歳からクレジットカードやローンなどの契約が可能になったり、有効期間が10年間のパスポートを取得できる一方、飲酒や喫煙、ギャンブルなどは現行の20歳のまま、というもの。

法律面での改定は割と細かく決められているのですが、成人式は一体どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

成人年齢が変わったあとの成人式、何年生まれの人から対象になるの?

出典:photo AC

2022年4月1日の成人年齢の改正にかかわってくるのは、2022年度に18歳、19歳、20歳になる人となります。

つまり・・・

・18歳を迎える人:2004年4月2日から2005年4月1日に生まれた人
・19歳を迎える人:2003年4月2日から2004年4月1日に生まれた人
・20歳を迎える人:2002年4月2日から2003年4月1日に生まれの人

になります。

となると、成人式はどうなるのでしょうか?

普通に考えると、2022年4月の法改正にともない「成人」とされる18歳から20歳までの人たちが全員成人式を迎える、ということになりますよね?

しかし、そうなると例年の3倍の人が成人式に出席することになってしまい、式典の準備に携わる各自治体は大混乱です(汗)。

パニックが起こること間違いありません。

そのため、成人年齢改正案が可決される前に国会議員からも、「2022年度の成人式をどうするのか、ある程度決めといた方がいいのでは?」という意見も出たそうです。

それに対し、法務大臣から「平成31年度(2019年度)末までには関係者の意見を聞いて、平成32年度(2020年度)以降になるべく早い段階でどうするか情報を出します」というアナウンスがされました。

ということは、細かいことは後回しにして、とりあえず成人年齢をさげちゃったのね・・・という印象が否めません。

しかも2020年は東京オリンピック開催の年です。本当に決まるのかどうか不安なのは私だけでしょうか・・・。

とはいえ、成人式は「今日からあなたも大人だね」という認識を持つための儀式です。

この日を境に、なにか劇的に変わるかというと、特に変わりません。

が、当事者からすると、振袖など準備するものが多いのが成人式でもあります。なるべく早く方針を決めてほしいものですね~。

スポンサーリンク


成人式が18歳になるメリットとデメリットを考察してみた

メリットとデメリット

出典:photo AC

まだ詳細は決まっていない成人式ですが、18歳で成人式を迎えることで考えられるメリット・デメリットを考えてみましょう。

<メリット>

・高校在学中に行うため、今ほど荒れた成人式になりにくい。
・大多数が実家から高校へ通っているため、住民票が移されておらず、地元で成人式に出席できる

<デメリット>

・大学受験予定の人は、受験の追い込み時期と重なる。
・大学入学の費用と振袖費用とダブルの出費になるため、親は金銭的に厳しい。
・高校生ということもあり地元に残っている場合が多い為、同窓会的な雰囲気を楽しめない。
・喫煙や飲酒は現行通り20歳なので、成人式で同級生と楽しむことができない。

親の立場からすると、出費がかさむのは何よりツライです・・・。

我が家は息子なので、成人式にスーツを買ったとしても、そのまま大学の入学式に流用できますが、振袖はもちろん、着付けやヘアセット、写真撮影など、かなりの出費となる女の子との親御さんにとってはかなり厳しいはず・・・。

親もそうですが、受験まであと少しの受験生たちにとっても、できることならこの時期の開催はやめてほしい、というのが本音ではないでしょうか。

今のまま20歳の成人式を行うメリットとデメリット

考える女性

出典:photo AC
では、今までどおり、20歳の成人式のメリット・デメリットを考えてみましょう。

<メリット>

・大学受験を終え、しかも就職活動や大学卒業までに時間があるため、時間と心にゆとりを持ってのぞむことができる。
・それぞれの進路に進んだ旧友と、久しぶりの再会という楽しい時間を送ることができる。
・大学受験と成人式の出費が重ならないので、親としては助かる。

<デメリット>

・飲酒や喫煙が可能な人が多いので、成人式が荒れる危険性が高い。

あと書き

18歳・20歳それぞれの成人式を考えると、親からしても、実際に「成人」となる子供の立場で考えても、できることなら現行の20歳での開催が望ましいところ。

特に2022年度の成人式は、もしかすると18歳から20歳までの人たちが対象となるかもしれず、振袖の購入や着付けなど、予約することが大変になってしまう懸念もあります。

政治家のみなさんには「成人年齢が変わっても、法律上で問題になる点はすでに決定しているのだから、成人式の実施はギリギリになってもいいや」と考えず、一日でも早く決めてくれることを祈るばかりです。