生後6ヶ月前後の赤ちゃんを持つママさん方、そろそろ離乳食が始まりますね!

私も、娘の離乳食が始まるときは、何を作ろうか、全部食べてくれるか、なんていろいろ考えていました。

でも、赤ちゃんが1回で食べられる離乳食の量は、ほんのわずか・・・。

毎回作るのは大変ですよね。

そんな時、食材を前もってまとめて下ごしらえした上で分けて冷凍しておくと、作るときすっごく便利ですよね!

でも、作った離乳食を、いつも全部食べてくれるとは限りません。

食べ残した分や、一度解凍したけど使わなかった食材などをもう一度冷凍すれば手間も省けるし、残飯も減るので一石二鳥・・・と思うんですが、本当に再冷凍しても大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク

食べきれなかった離乳食、再冷凍しても大丈夫?

離乳食を食べる赤ちゃん

一度解凍した離乳食を、再度冷凍するのは、

絶対やめましょう!!!

重要なので、もう一度、

絶対やめてください!!!

その理由をお話ししていきますね。

まず、一度解凍した食材、特に野菜は、とっても雑菌が繁殖しやすくなっています。

そして赤ちゃんは、菌に対してまだ免疫力や抵抗力が弱いので、体調を崩してしまう心配があるんですね。

なので、口にするものは特に気を配ってあげる必要があるんです。

また離乳食は、水分が多く塩分が少ないため、菌が増えやすいという特徴があります。

夏の時期など、高温多湿の環境では、20~30分で増えてしまう菌種もあるんだとか!

2,30分って、あっという間に過ぎちゃいそうな時間じゃないですか!

食べ残しても、加熱すればもう一回食べられるんじゃない?という声も聞こえてきそうですが、加熱しても死滅しないしぶとい細菌もいるんですよ~

一度食べた離乳食には、さらに雑菌が繁殖しやすくなります。

赤ちゃんが、気分がのらずに離乳食をあまり食べてくれなかったときは、もったいないと思ってもすぐに処分してしまいましょう。

そもそも仮に雑菌が繁殖してなかったとしても、離乳食そのものの風味が落ちてしまってます。

大人の食事でも、再冷凍したものは風味が落ちていた、なんてことがありますよね?

離乳食も、同じことがいえます。

これから味覚が育っていく赤ちゃんには、少しでも美味しい食材を使ってあげたい、という意味でも離乳食の再冷凍は控えましょう。

スポンサーリンク


再冷凍しないための方法を考えよう!

離乳食

次に、再冷凍をしないようにするために、どんなことをすればいいのか、考えてみましょう。

赤ちゃんは、食べムラが大きいので、同じ料理でもいつも食べてくれるとは限りません。

冷凍したものを解凍するのは、最小限の量にしましょう。

つまり、赤ちゃんが食べる分だけ解凍するってことです!

とはいっても、どれだけ食べるかなんて、わからな~い、というのがホントのところ。

赤ちゃんの、その時の気分や体調によっても食べる量なんて変わってきますからね。

ですから、ちょっと少なめに解凍しておいて、その後、赤ちゃんがまだ食べられそうな様子だったら、その都度解凍していくのがいいでしょう。

でも、食べられそうだったから、もう少し解凍したけど、やっぱり食べなかった・・・ということもあるでしょう。

そんな時は、大人がその場で食べてしまうか、または大人の料理にまぜて使っちゃいましょう!

離乳食とはいっても、大人が食べても全く問題ありませからね!

スープや鍋に入れても大丈夫ですよ。

離乳食を食べる幼児

また、冷凍の離乳食を夏場に買い物に行くときは、車の中が高温になり、家に帰るまでの車中で買った食材が傷みやすくなります。

少しでも痛みや自然解凍を防ぐために、次のような方法を試してみるのもいいでしょう。

・自宅から、クーラーバッグ用の保冷剤やカゴサイズの保冷バッグを持っていく!
・お店に置かれている保冷用氷を、持参したフリーザーバッグに入れて持ち帰る!
・家に帰ったら、すぐに冷凍庫に入れる!できれば金属トレイにのせてから冷凍庫に入れるとベスト!(早く凍らせることができるため)

また、外出ついでに食材を買う時は、用事が済んだ後に買い物するようにしましょう。

なるべく近所のスーパーや食材で買うと、家までの距離が短くて解凍を防げます。



あと書き

離乳食は、赤ちゃんが大きくなるためにとっても大切な食事です。

でも、毎日のことだから、できるだけ作る手間を少なくして作れたら嬉しいですよね。

冷凍のコツを上手に使って、赤ちゃんとたっぷり触れ合ってあげたいですね!