無類の文房具好きの私。

新商品が出れば必ず購入し、海外旅行に行ったときは必ず文房具をお土産に買ってきて、夫から「そんなにたくさんペンを買ってきてどうするの?売るつもり?」と呆れられるほどです(汗)。

海外のペンに比べ、日本製のペンは本当に優秀で、インクが出なくなることはあまりないのですが、たまに「あれ?この前買ったばかりなのに、全然出ない!」ということも・・・。

そんなインクが出ないペンを復活される方法をご紹介します!

スポンサーリンク

買ったばかりのペンのインクが出ない・・・新品だけどどうして?

困っている女性

出典:photo AC

「インクが出ない理由を知らずして、復活することはできない」ということで、インクが出なくなる原因を考えてみましょう!

ここでは、ペンの中でもボールペンについて考えてみたいと思います。

1・インクに問題あり
ボールペンのフタを閉め忘れたことでインクが乾いて固まってしまっていたり、ペン先を上にして保管したことでインクが出る方とは逆の方向に流れていたり、といった、インクに問題がある場合に出なくなってしまうことがあります。

2.ペン先に問題あり
ボールペンはご存知の通り英語でball-point penですよね?

ここから想像できると思いますが、ペン先がボールになっていて、このボールが回転することでインクを送り出しています。

このボール部分にゴミやインクのかたまり(昔のボールペンは、インクがドバっと出ることがありましたよね…)が詰まってしまい、回転できなくなってインクが出なくなってしまうことがあります。

また、このボールの部分が劣化してしまい、動かなくなると、インクが出なくなることがあるのですが、新品の場合はこの原因は当てはまらないかもしれません。

ただし、買ったのは最近でも店で長い間売れ残っていたものであれば、この理由の皆無とは言えませんね。

また、文字を書く紙が固い場合、ボールの部分がうまく回転できず、インクがでないということもあります。

 

じゃあ、どうすれば復活するの?

ボールペン

出典:photo AC

原因がわかれば、出ない要因を取り除くと復活する、というわけですね。

では、具体的にご紹介しましょう!

まずは1のインクに原因がある場合、固まったインクが出るようにすれば解決するはずなので、インクを柔らかくするためにボールペンを温めてあげます。

とはいえ、ペン先を火であぶるなんて危険なことは不要です!

インクは手で握る程度の温かさで十分なので、ペン先をしばらく手の中に包み込み、温めてあげましょう。

また、ペン先を上に向けていて、インクが下に降りてこないのであれば、遠心力を利用してインクをペン先に集めれば復活します。

ボールペンに輪ゴムをテープで貼りつけ、ブンブン回転させれば、インクはおのずとペン先に下りてきますよ。

続いて2のペン先に原因がある場合、書く紙を変えるだけで解決する場合もあります。

ということで、柔らかい紙の代表、ティッシュペーパーをご用意ください。

ティッシュでペン先をくるみ、ペン先を少し拭いてみましょう。

ボールの部分がうまく回転していないのであれば、ペン先を少し拭いて動かすことで回転できるようになりますし、ゴミが詰まっていれば、ゴミを取り除くことで復活します。

猫の形の雲

出典:photo AC

通常のボールペンであれば、上記の方法で解決できるのですが、今はやりの「こすると消える」ボールペンの場合、1の遠心力を加える解決策の他に、濡らした紙の上で優しく文字を書いてみることで、乾燥によって固まったインクを取り除く、という方法もあります。

私もこの方法で復活させてみましたが、結構時間がかかりますので、焦らずに優しーく書いてみてください。

ペン先が破損してしまい出なくなることもあるので、イライラして紙が破れんばかりの力で書かないようにしてくださいね!

また、このペンのインクは熱を加えることで消えてしまうのが特徴なため、温める方法は使えませんので、ご注意を!

インクが出なくなった場合の解決方法をご紹介しましたが、インクが出なくならないようにすることも大事です。

インクが固まらないようにペンのフタをしめたり、ペン先にゴミが詰まらないように、ペン先をきれいな状態にキープしたり、ペンを保管する場合はペン先が下になるように保管することで、お気に入りのペンをインクがなくなるまで使い切ることができますよ。

ぜひ、実行してみてくださいね。