未就学児のお子さんをお持ちのママさん達に質問です!

お名前シールってどうすればキレイに剥がせるの?

幼稚園・保育園の制服や私服、いろんな袋なんかに名前をつけるとき、名前やイラストが入ったシールをつけている方は、たくさんいらっしゃいますよね~?

小さいうちは、みんな似たような服やキンチャク袋を持っているので、名前がついていないと先生も困っちゃいますね。

そんなシールも、進級・進学したり、お下がりをお友達にあげようとしたりすると、剥がさないといけなくなるケースも出てきます。

また、アイロンで貼っている途中で、「あ、違う場所につけちゃった!」というハプニングも・・・。

いざ剥がそうとしても、シールがしっかりくっついてて、なかなか取れないよーなんてこと、ありませんか?

はたして、シールをキレイに剥がせる方法ってあるんでしょうか?

スポンサーリンク

アイロンで付けたお名前シールの剥がし方教えます!

子供の服

お名前シールを剥がすのには、次の手順で行うとうまくいくことが多いですよ!

1.服を乾燥させる
シールがついている服を、しっかり乾かしましょう。
2.アイロンを準備し、中温に温める
中温とは、シールを貼るときと同じ温度です!
3.アイロンを少し長めにシールへあてる
シールを貼るときと同じく、アイロンをあてます。この時、プリント部分に少し長めにあてるのがポイント。そして、当て布を使うのがおススメ!アイロンに糊がつかずにできますよ。
4.シールが熱いうちに剥がす
やけどしないように気をつけながら、シールを剥がしましょう。
5。服に残っている糊を剥がす
もし、シールの糊が服についたままになっていたら、まずその部分にいらない布をあてます。

布の上からアイロンをかけて、熱いうちに剥がしましょう。

そうすると、布に糊がくっついて、キレイに取れますよ!

一回やっても取れない場合は、同じ方法を何回か繰り返すといいようですよ。

アイロン

熱いうちに剥がすのが大事なんですが、熱くて触れないときはピンセットや毛抜きを使って布をつかむのも手ですね~。

お名前シールをはがれにくく装着する方法とは?

これまで、つけたシールを剥がす方法をご紹介してきましたが、その逆に、剥がれにくいようにしっかりつけるにはどんなコツがあるんでしょうか?

これに、いくつかコツがあるので覚えてくださいね。

お名前シールの角を丸く切ってから貼る

シールの尖っている部分というのは、他の洗濯物や荷物との摩擦に弱くなってしまうんです。

なので、角から剥がれてくることが多いと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

キレイな丸でなくても、シールの尖ったところを少し切り落とすだけで大丈夫です!

アイロンで付けるとき、固い床の上で接着する

布をアイロンにあてるとき、アイロン台に広げることが多いと思います。

この際、上からかける力が弱いと、シールについている糊が溶け切らず、完全にシールがくっつかないままになる場合があるんですね。

対策としては、机や床などの固くてしっかりした場所にアイロンシートや分厚いタオルなどを敷いて、そのうえでしっかり体重をかけてアイロンをかけるといいでしょう。

洋服

また、親御さんたちの間で、剥がれにくいと評判の、こんなカワイイお名前シールもありますので使ってみるといいかもしれませんね。

うちの娘に見せたら、「カワイイ~~~!」と大興奮していました。

この「オミとリカ」はデザインだけでなく、その機能性も抜群なんです!

なんと、アイロンを使わずに、指で貼るだけでOKというすぐれもの!

タグ用シールもあるので、帽子や水着など、貼る場所に迷う小物にも対応出来ちゃいますよ。

漂白剤につけても薄くなりにくいので、食べこぼしがなかなか取れない洋服を漂白するときも心配いりませんね!

【あと書き】

子供が小さいうちは、何かと細かい家事が多くなってしまいますよね。

持ち物への名前付けもその一つ。

アイロンを使うときは、子供が寝た後で、音楽を聴くなどしながら、楽しい気持ちでやると、気分転換になるかもしれませんね!