突然ですが、あなたは一人っ子ですか?

それとも兄弟や姉妹がいますか?

パートナーと「子どもは何人ほしい?」という話題が上がったとき、兄弟姉妹のいる環境で育った人であれば、「自分の子供も一人っ子ではなく兄弟を・・・」と望む人も多いのではないでしょうか。

ただ、当然ですが、子どもはひとりで勝手に成長していきません(汗)。

特に生まれてから2歳くらいまでは、想像以上に手がかかります。

そこで、兄弟の年齢差が何歳あれば、親にとって育てやすいのかを、考察したいと思います!

スポンサーリンク

理想の兄弟の年齢差は何歳?

3人の兄弟

出典:photo AC

兄弟の理想の年齢差とは一体何歳なのでしょう?

それぞれの年齢差を経済的な面や育児面から考えてみたいと思います。

双子や年子、2歳差など、年の差が少ない場合

私の友人に双子のママがいるのですが、彼女がいつも言っているのが、「卒入学や新学期の出費が2倍になるのがツライ」ということ。

確かに、決して安いとは言えないランドセルを同時に2つも買う必要があり、一度の出費が通常の倍、というのは大変かもしれません。

年子でも、2歳差でも、ある程度の貯金は欲しいところ。

貯金ゼロだと出費の度にお金の工面に苦労するということもあるようです。

育児面で考えると、年齢差が小さいとママの負担が大きくなるということがあります。

特に2歳差の場合、下の子が生まれたときに上の子がイヤイヤ期という、ママにとって過酷な時期が到来するのです。

パパが育児に協力的であれば、上の子をママ、下の子をパパと割り振りすることができますが、ワンオペ育児だとママの負担はかなり大きくなるといえます。

年齢差が4歳・5歳など少しある場合

兄弟

出典:photo AC

年齢差が少しあると、上の子が使っていたものを下の子で使えることができます。

例えば洋服のサイズが重なることはないので、上の子が着ていた服を下の子が着ることができ、幼稚園の通園バッグや制服、小学校の学用品などを使うことができるので、経済的にはとても助かります。

また、育児面で言えば、上の子が身の回りのことを上手にできるようになってきている時期なので、ママは上の子のサポートをする程度でOKです。

上の子が女の子であれば、下の子の育児を手伝う「小さいママ」としてサポートしてくれることも・・・。

私は妹と5歳離れているのですが、妹がかわいくて仕方がなく、まるで自分の子のように、常に身の回りのお世話をしていたような気がします。

友達と遊びに行くときにも妹を連れて行き、その間に母は近所のお友達とお茶をしてリラックスしていたので、母には「お姉ちゃん、いつもありがとうね」と言われ、そのことばが嬉しくてもっと手伝うようになっていました。

今から振りかえると、かなりの「戦力」になっていたんじゃないかと思います。

年齢差が10歳以上の場合

10歳以上離れていると、上の子はしっかりと育児サポートをしてくれるので、ママの負担はかなり減るでしょう。

ただ、上の子が幼稚園児であれば、里帰り出産の間は上の子の幼稚園を休ませるということはできても、小学生になれば休ませることは難しいという問題が出てきます。

また、ママも10年以上出産と育児のブランクがあるので、予防接種の種類など育児の常識がかなり変わっている場合もあるため、今までの経験があまり役に立たない、なんてこともあります。

経済面では、育児グッズをすでに処分している場合が多いので、買いなおす必要があるというくらいでしょう。

「年の差は少ないほど良い」と思うのはなぜ?

男の子と女の子

出典:photo AC

あるメーカーが「理想の年の差は何歳?」というアンケートを行ったところ、2歳差という回答が最も多かったのだそうです。

その理由は「育児が早く終わるから」というものでした。

確かに、手のかかる時期はママの負担もかなり大きくなるものの、育ってしまえばママは自分の時間を好きに使えますよね。

また、年が近いと、遊び方にもそれほど大きな差はないため、兄弟仲良く遊べる、というメリットもあります。

ただ、仲良く遊んでいるうちにおもちゃの取り合いになってケンカするなんてことも起きちゃいます・・・。

3歳差はお金がかかるって本当?

お金と計算機

出典:photo AC

3歳差は双子ちゃんと同様、卒入学が重なってしまうため、出費が重なります。

しかし、双子ちゃんと違うのは、次の子の入学までに3年間の猶予があるということ。その間に、しっかりと入学費用を貯金しておけば、なんとかなります。

また、出費は3年後か4年後か、というだけで、いつかは払わなきゃいけないものです。

トータルで支払う額は同じですので、あくまで「支払うタイミング」の問題だけとも言えるのです。

それよりも、入学式が同じ日になってしまい、どちらかに出席できない、という方がもっと重大だと言えます。

なるべく日程が重ならない学校に入学してほしいものですよね。

【あと書き】

いかがでしたか?

年齢差はそれぞれ一長一短。どれがベストだとは言えません。

仕事復帰のタイミングなどを考えると、理想の年齢差は各家庭それぞれです。

まずはパートナーとこれからのライフプランを立てて、そこから「私たちの場合、兄弟の年齢差は何歳がベストか?」を導き出すのがいいかもしれませんね。