私たちの生活で当たり前の存在となったコンビニ。

24時間いつでも開いていて、生活に必要なものは何でもそろい、便利ですよね。

最近では、「夕食にコンビニの揚げ物を!」なんていう触れ込みも目にするようになりました。

我が家は息子に食物アレルギーがあることもあり、コンビニやスーパーで売られているお惣菜類を使うことはありません。

ただ、働くママたちにとって、子どもが喜んで食べるコンビニのチキンを利用することは多いようですね。

しかし本当のところ、コンビニのチキンって、子どもに食べさせても大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

コンビニのチキンはなぜ体に悪いの?

コンビニ

出典:photo AC

実は子どもが大好きなコンビニのチキンには、たくさんの食品添加物が使用されていたり、原料となる鶏肉の飼育過程に問題点が多いことが指摘されていて、体に良いものではないのです。

具体的にどのような問題点があるのか、見ていきましょう。

食品添加物をたっぷり使用

食品表示

出典:photo AC

コンビニのチキンには、栄養強化剤としてナイアシンやリボフラビン、乳化カルシウム等食品添加物が使用されています。

これらの食品添加物は国に許可はされているものの、子どもの頃から食べ続けることで体に何の影響もでないのかどうか、未知の世界なのです。

安全かどうかわからないものを食べさせ続ける勇気・・・。

私にはありません。。。

飼育状況に問題

2008年に「フードインク」という映画が公開されたのをご存知でしょうか?

アメリカの食品産業で行われていることに迫ったドキュメンタリー映画なのですが、牛や鶏の劣悪な飼育環境を暴いているのですが、鶏が死ぬほど嫌いな私は直視できませんでした。

フード・インク (字幕版)

フード・インク (字幕版)

エリック・シュローサー, マイケル・ポーラン
Amazonの情報を掲載しています

一緒に観ていた友人が事細かく状況を解説してくれ、糞尿にまみれたところで育てられ、安全ではない餌を与えられている現実を知り、「こんな環境で育った肉は食べたくない!」と心の底から思いました。

この映画のように、劣悪な環境で育てられたり、早く肉として出荷したいがために鶏に成長ホルモン剤を、病気になりにくいように抗生物質や抗菌剤を、餌のコストを抑えるために遺伝子組み換えの餌を与えたり・・・。

コストを下げるために、薬漬けにされた鶏肉が世の中には出回っています。

「日本ではそんな飼育はしてないでしょ?」と思いますが、残念ながらコンビニのチキンには国産よりも外国産の鶏肉が使用されているケースがほとんど。

数年前あるコンビニで、賞味期限切れの中国産鶏肉を使っていたことを覚えていませんか?

今は改善されたとはいえ、これから先同じことは起こらないとは言えないのです。

揚げ油にも心配要素が・・・

揚げたての唐揚げ

出典:photo AC

揚げ油には、トランス脂肪酸と呼ばれる物質が多く含まれています。

少し前に新聞でも取りざたされていたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

このトランス脂肪酸、摂りすぎると血液の中の悪玉コレステロールが増えていき、善玉コレステロールが減っていく、つまり血液がドロドロになるというわけです。

血液が流れにくくなれば、血管が詰まってしまい、心筋梗塞や脳卒中などを起こす可能性があるため、摂取量には気を付けないといけないものなのです。

また、揚げ油は時間の経過や加熱することで酸化していきます。

酸化した油で調理したものを食べると、体によくない活性酸素が体の中に増えることに・・・。

ただ、これはコンビニの揚げ物に限らず、家で調理しても同じですので、揚げ物は程々にする必要がありますね。

ドーナツなどもそうです。

スポンサーリンク


サラダチキンなら大丈夫?

サラダチキン

出典:photo AC

コンビニでも人気のサラダチキン。

食べ応えがありヘルシーで人気のサラダチキンですが、トランス脂肪酸や酸化が気になる揚げ油をつかっていないとはいえ、たくさんの添加物が入っているため、決してヘルシーとは言えません。

栄養面からみてみると、確かに高たんぱくで低カロリー、脂質も炭水化物も摂れてバランスのよい食品だし、肉を食べた満足感も得られますよね。

しかし、サラダチキンのパッケージ裏を一度見てください。

原材料には鶏肉以外にも、たくさんの添加物が入っていませんか?

ボリュームをアップさせるために、添加物で風味を加えた調味液に鶏肉を漬けることでかさ増ししたり、卵白粉を使うことで肉を増量させたりと、様々な加工がされていて、茹でただけの鶏肉ではないのです。

子どもに食べさせるならコレがおすすめ!

コンビニのサラダチキンをどうしても食べたいのであれば、家で作ってみるのが一番安心です。

しかしそんな時間がない人におすすめなのが、内野屋のサラダチキン

原材料はなんと鶏肉と塩のみです。

楽天などインターネットで簡単に変えるので、試してみてはいかがでしょうか。

内野屋のサラダチキンに興味のあるかたは、こちらをチェック!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内野屋  サラダチキン(プレーン) 100g
価格:346円(税込、送料別) (2018/12/1時点)

いかがでしたか?

食べ物は直接体の中に入るもの。

気にしすぎると食べるものがなくなりストレスになってしまいますが、安心安全なものを子どもには食べさせたいものですね。