毎年日本各地で開催されている夏の花火大会。

その中に、観光地として知られている鎌倉でも花火大会が開催されており、今年で70回を迎えます。

私も、若い頃2回行ったことがありますが、その時もかなり混雑していた記憶があります。

地元の人から長年愛されてきた鎌倉花火大会を徹底調査!

今年は絶対に行きたくなること間違いなしです。

スポンサーリンク

鎌倉花火大会、2018年のスケジュールは?見どころは?

花火

まずはスケジュールを整理しましょう。

記念すべき第70回鎌倉花火大会は、夏休みが始まってすぐの2018年7月24日の19:20から20:10まで、約2500発の花火が打ち上げられる予定です。

また、ここ数年、夏場の天候が安定しないこともあってか、翌日の7月25日を順延日に設定されています。(両日雨天の場合は中止です)

次に場所です。

会場は由比ガ浜海岸と材木座海岸の2つになっています。

上の地図を見ていただけるとわかるのですが、この2つの海岸は一続きになっていて、滑川を挟んだ東側と西側に位置します。

「方角で言われてもわからない!」という方のために、わかりやすく説明すると、海を背中にして立った場合、滑川の左側が由比ガ浜海岸、右側が材木座海岸となります。

この2つの会場、一続きの浜とはいえ、距離が少しあるため、利用する駅も若干変わってきます。

由比ガ浜海岸で見たい方はJR横須賀線の鎌倉駅から徒歩15分、材木座海岸で見たい方は江ノ島電鉄の由比ガ浜駅から徒歩5分となります。

また近隣には駐車場はなく、当日も交通規制がかかるため(当日18:30~22:30まで交通規制)、公共の交通機関を利用することをおすすめします。

基本的には、自家用車での来場は禁止とされてますしね。

そしてこの花火大会の見所です。

会場が海岸ということで何となく察している方もいらっしゃるでしょうが、海面に花火が打ち上げられているのを浜から見る、というスタイルです。

打ち上げられる花火の数は約2500発なので、それほど多いとは言えないのですが、水面に浮かぶ水中花火が見どころの1つ。

船から海へと投げ入れられた花火が、海の中から空に向かって咲く姿は圧巻ですよ!

打ち上げ花火

穴場スポットや、注意すべきことはあるの?

鎌倉花火大会は70回も続くほどの花火大会ですので、とっても混雑します。

そんな混雑を少しでも回避したい方におすすめのスポットを2つご紹介します。

まず1つめ。「お金を払ってもいいから、場所取りをせずにゆっくりと花火を堪能したい」という方におすすめなのが、有料席です。

2017年度の場合、500席の有料席が設けられ、5500円(税込)で事前にチケット販売されました。

これを高いと思うかどうかは人によると思いますが、最高の花火を観られることは間違いなしです。

有料席の問い合わせはコチラまで
電話:0467-23-3050 
鎌倉花火大会実行委員会事務局 (鎌倉市観光協会内)

続いて2つめ。

「お金はかけたくないけど、できれば人混みを避けたい」という方におすすめなのが、材木座海岸の一番端や由比ガ浜海岸の坂ノ下地区です。

坂の下地区

この2つの場所、最も混雑する滑川近くの会場から離れているのですが、その分、混雑も避けられるというわけです。

浜辺が長いので、見えるポイントが広いという、この花火大会のメリットを活かした見方ですね。

穴場スポットがわかったところで、この花火大会で注意すべきことがいくつかあります。

まずは、場所取りです。

海岸だから、海を感じられる砂浜近くに取りたいとは思いますが、潮が満ちてくると濡れてしまいます。

最悪の場合、完全に浸かってしまうので、砂浜の場所取りは避けた方がいいでしょう。

また、この花火大会、風向きによっては花火を打ち上げたときの煙によって、視界を遮られてしまい、花火が見えなくなってしまうこともあります。

風向きは、そのときにならないとわからないのですが、煙が流れてこなさそうな場所を選ぶようにしましょう。

最後に、この花火大会、かなり混雑します。

特に、圧巻のフィナーレを観終わった後、大勢の人が鎌倉駅に向かって歩き出し、駅のホームに向かうまでかなりの時間を要します。

鎌倉駅

少しでも帰りの混雑を避けたいのであれば、フィナーレ中に駅に向かいましょう。

「フィナーレを観れない花火大会なんてイヤだ!」という方、ご安心ください。

江ノ電の長谷駅ならホームからでも花火をラストまで観られます!

観終わったらすぐ乗車してしまえば、混雑は回避できますね。

鎌倉花火大会の概要や穴場スポットなどをご紹介しても、まだ行こうかどうか迷っている方に、花火大会フィナーレの映像をご紹介します。

いかがでしたか?

実はこの鎌倉花火大会、昨年度の69回大会で一度中止が決められたという経緯があります。

しかし、長年この花火大会を観てきた鎌倉市民をはじめ、様々な人がお金や知恵を集めて開催することができ、今年度も開催できることになったのです。

これほどまで地元の人たちに愛される花火大会、一度でいいから観てみたいと思いませんか?

しかもこの花火大会、来場者に対するホスピタリティが溢れています。

トイレの設置だけでなく、最寄り駅からのルートやおすすめのスポットまで記載された会場マップまで用意されています。

こんな情報を聞くと行きたくなりますよね!?

さあ、私たちも地元の人たちに負けないように、地元の人たちから「来場者のマナーが最高!」と思われるように、大人な花火大会を楽しんでみませんか?