私たちは、日々の生活において、いろいろな痛みに悩まされることがありますよね。

痛みがキツイときというのは、仕事や家事・育児などをこなしていくのに、痛み止めを服用することも多いかもしれません。

そんなとき、どんな薬を飲みますか?

家にある薬を探したら、頭痛薬があった!

頭痛薬も、頭の痛みを止めてくれるから、頭以外の痛みでもこれを飲めば大丈夫でしょ!・・なんてこともありますが、実は一般的な痛み止めと頭痛薬は目的が違うそうなんですよ!

私も、今までほとんど同じ目的で使っていましたが、具体的にどのように違うのか、とっても気になりますよね。

詳しく調べてみましょう。

市販の痛み止め(鎮痛剤)と頭痛薬の違いとは?

ひとことで言うと、一般的な痛み止め(鎮痛剤)と頭痛薬の違いは、薬に入っている成分の違いです。

出典:photo AC

例をあげてみますと・・・

頭痛薬

  • ノーシン・・・アセトアミノフェン(解熱作用や鎮痛作用がある)
  • セデスハイ・・・イソプロピルアンチピリン(他の薬より、解熱作用・鎮痛作用が強い)
  • ナロンエース・・・エテンザミド(アスピリンと同じ働きがあり、他の鎮痛成分と一緒に使われる)

痛み止め

  • ロキソニン・・・ロキソプロフェンナトリウム(優れた鎮痛・解熱・抗炎症作用をもつ。片頭痛や生理痛、手術後や抜歯後の痛みにも対応)
  • バファリン・・・アスピリン<アセチルサリチル酸>(炎症・発熱作用をもつ「プロスタグランジン」が体内でつくられるのを抑える)
  • イブ・・・イブプロフェン(解熱・鎮痛作用がある。抗炎症作用が強く、早く効く)
  • 新セデス・・・アセトアミノフェン(上述の頭痛薬と同様)

 
最近は、頭痛にもその他の痛みにも対応する総合鎮痛剤として、新セデス錠のような商品もありますね。

新セデスの成分を見てみると、頭痛薬として有名なノーシンと同じ「アセトアミノフェン」が使われています。

また、ロキソニンも、総合鎮痛剤として広く使われることが多いかと思います。

以前は、病院に行かないと処方してもらえない薬でしたが、2011年から薬局でも買えるようになりました。

痛み止めに使われている成分をみてみると、炎症を抑える作用をもつ成分が多いように見受けられますね。

薬の成分によって、痛みに対する治し方が少しずつ違うんですね!
スポンサーリンク


痛み止め、使い方を間違えたり併用すると、こんな副作用がおきる?

薬につきものなのが、副作用です。

副作用とは、薬本来の目的以外に、好ましくない症状がでることをいいます。

薬によって、飲む時間帯や回数などが指定されていますが、それを間違えてしまうと、副作用が起こってしまうことがあります。

出典:photo AC

代表的な副作用といえるのが、胃の痛みですね。

お腹が空いているときに薬を飲むと、薬の成分が胃の粘膜を刺激することがあります。

そのため、頭痛薬や痛み止めは、食事をとった後に飲むといいでしょう。

また、市販薬がなかなか効かないからと、同じ薬を続けて1週間以上飲むのもやめましょう。

症状が良くならない時は、必ずお医者さんを受診してくださいね。

まれに、こんな症状が出ることもあります!すぐにお医者さんに行きましょう!

  • 腎障害(オシッコの量が減り、むくみ・だるさ・息苦しさなどが出る)
  • 肝機能障害(だるさ・黄疸<おうだん。皮ふや白目が黄色くなる>が出る)
  • 無菌性髄膜炎(むきんせいずいまくえん。激しい頭痛・発熱・嘔吐などが出る)
  • ぜんそく(鎮痛剤によって、喘息の発作が出ることがある)
  • アナフィラキシーショック(薬を飲んですぐ、じんましん・胸の苦しさが出て、冷や汗や息苦しさなどが出る)

  

        
 
同じ頭痛薬でも、その成分は薬によってたくさんの種類があります。

特に、持病がある方は、市販薬を買うときは、お医者様や薬剤師さんに必ず相談しましょう。

【あと書き】

気軽に薬が買えるようになった現代。

便利な半面、薬の種類があまりにも多くて、どれを買ったらいいか迷ってしまうこともあります。

イチバン大切なのは、自分の目的に合った薬を選ぶことではないでしょうか?

外箱に書かれている内容をしっかり読んだり、お店にいる薬剤師さんに相談したりして、症状を和らげてくれる薬をしっかり選びましょうね!