会社で残業することになってしまった・・・。

独身であれば「残業頑張るぞ!」となるだけかもしれませんが、子どもを保育園に預けている親の場合はそうはいきませんよね。

「子どものお迎えの時間に間に合わない。どうしよう・・・。」という悩みが当然ながらでてきます。

実家が近所であれば、おじいちゃんやおばあちゃんに迎えに行ってもらえると思いますが、果たして親以外の人にお迎えに行ってもらうことは可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

保育園のお迎えに親以外の人に行ってもらうのに条件はあるの?

保育園のお迎え

出典:photo AC

親以外の人が迎えに行ってもらうことは可能、という保育園は多いものの、条件を設けている保育園がほとんどのようです。

では、具体的にどのような条件があるのでしょうか?

お迎えを親以外の人が行くことを事前に保育園に連絡

電話をかける女性

出典:photo AC

事前に残業が決まっているのであれば登園するときに、急きょ残業が決まったときなどには、お迎えの時間までに「今日はおばあちゃんがお迎えに行きます」と伝えておけば大丈夫、という保育園が多いようです。

また、身内以外の人、例えばベビーシッターさんなどにお迎えを頼む場合でも、事前に伝えておけばOKです。

ただし、保護者証の提示が必要な場合もあります。

保護者証は多くの保育園で2枚発行してくれることが多いので、1枚は親が、もう1枚は急な残業のときにお迎えをお願いする人に渡しておきましょう。

年度初めにお迎えする人の申請が必要

保育園の組

出典:photo AC

保育園によっては、お迎えの人を事前に申請した人でないと引き渡しをしてくれない、というところも・・・。

お迎えに行ってもらう可能性のある人を、年度初めに忘れず申請しておきましょう。

また、申請をしただけでOKではありません。

代理の人がお迎えに行くときには、保育園に連絡することと、保護者証の提示も必要となります。

いずれの場合も、お迎えする人が変更する連絡を入れることと、保護者証をお忘れなく。
スポンサーリンク


親以外の人が迎えに行ったときに起こるかもしれないトラブルは?

保育園のスタッフ

出典:photo AC

親以外の人が迎えに行ったとき、一番起こりうるトラブルと言えば、保育園から引き渡しを断られる、ということです。

例えば、お迎えに親以外の人が行く場合、事前連絡をしないといけないのに全く連絡をしなかった場合は、保育園側からすると本当に引き渡しても問題ないのか判断できないため、引き渡しを断られてしまうことがあるのです。

「孫である園児が『ぼくのおじいちゃんだよ』と言ったら、祖父であることは間違いないのだから、引き渡してくれたっていいじゃない」と思うかもしれません。

しかし、離婚調停をしていて子どもの親権を取り合っているご家庭であれば、祖父といえども父方の祖父なのか母方の祖父なのかによって、トラブルになることもあるでしょう。

保育園側としたら、各家庭のプライベートな状況を事細かく把握していないでしょうし、「今、夫と子どもの親権でもめているので、私以外の引き渡しはしないでください」なんて言う母親も少ないですよね(あまり周りの人には知られたくない、という人が多いと思います)。

ですので、保育園側としたら様々なトラブルを回避し、子どもを安全に保護者へ引き渡すために最低限のこと、つまり「今日のお迎えは祖父が行きます」という連絡は必須ということになるのです。

ただし、保育園によっては、親から何の連絡も入っていなくても、あきらかに祖父だとわかる場合は、通常お迎えにくる親に連絡を取って確認が取れたら引き渡してくれる、というケースもあります。

とはいえ、余計な手間を保育園側にかけてしまうことになるので、連絡だけはしておきましょう。

【あと書き】

いかがでしたか?

保育園によって、お迎えの運営ルールは異なります。

厳しいルールを適用している保育園の場合、親がそのルールに従わなければ、家に帰ることもできません。

そのときイヤな思いをするのは子どもですよね。

また、子どもを狙った犯罪が多い今の時代、あまりにも簡単に引き渡されてしまうと、子どもが被害にあってしまうこともあるため、ルールはある程度必要なものです。

「いちいち連絡するのは面倒だ」と思っても、子どもの通う保育園のお迎えルールをしっかりと理解して守る、というのが、親としての責任と言えますね。