お昼ご飯を食べ終わった時間帯に、強烈な睡魔に襲われる、という人は多いのではないでしょうか?

じつは私も毎日お昼ご飯を食べ終わる13~14時頃、「催眠術でもかけられているのかしら?」と思うほど睡魔に襲われています。

そんなときは睡魔に逆らうことなく、短時間の仮眠をとるのですが、こんな風に「毎日30分ほど昼寝してまーす♪」というと、「なんてぐうたらなんだ!」と批判を買ってしまいそうですよね。

しかし、この昼寝、決してグウタラな行為ではなく、30分程度の昼寝は、業務効率を上げる効果があるのです!

今回は、「私は決してぐうたらではない!」ということ証明、もとい、「短時間の昼寝は業務効率を上げる」ということを証明しつつ、熟睡せずに短時間の睡眠をとるコツを伝授したいと思います。

スポンサーリンク

昼寝で熟睡を防ぐには一体どうしたらいい?

眠気

じつは私が昼寝するとき、寝すぎにならないようにコーヒーを飲んでいます。

こんな風に言うと「寝る前にコーヒーなんか飲んだら寝れなくなるじゃない」と思いますよね?

しかし、眠い時にコーヒーを飲んでもすぐに眠れて、30分弱で目覚ましなしでも目がパチッと覚めるんです!

実はコーヒーに含まれるカフェインは、飲んですぐに効いてくるものではなく、摂取してから20~30分くらいで効果が出てくるのだそう。

ここがポイントなんです!

だから、眠りについてから30分ほどで目が覚めてしまうんですね。

これ、本当にすごいんですよ!

いつも目覚ましをかけているのですが、絶対に目覚ましが鳴る前に目が覚めるのです。

恐るべし、カフェイン効果!

とはいえ、念のために目覚ましはセットしておくことをおすすめします。

⇒テレビや雑誌でも引っ張りだこ!目覚ましランキング1位のいつでもスッキリ起きられる目覚ましinti4

「30分くらいの睡眠じゃ、寝足りない!」という方におすすめなのが、休日にちょっと長めの昼寝をして、睡眠不足を解消するということです。

実は睡眠のリズムで目覚めよく起きられるのが90分の昼寝だと言われています。

いわゆる、レム睡眠とノンレム睡眠が90分周期で繰り返される、というヤツですね。

簡単に説明すると、レム睡眠は眠りが浅い状態、逆にノンレム睡眠はぐっすり寝ている状態のことをさします。

具体的にはレム睡眠のときでには、シャキッと起きることができます。

しかし、会社勤めの人が平日に90分の仮眠時間を取ることは難しですよね。

であれば、平日は昼休みを利用して30分、休日に90分の昼寝をすることで、寝不足が解消されます。

ぜひ試してみてくださいね。

昼寝の効果ってぶっちゃけナニ?

昼寝

日本人は「昼から寝るなんてぐうたらだ」といった、昼寝にネガティブな印象を持ちがちですが、実は多くの良い効果をもたらすのです。

昼寝のメリットをいくつか紹介しましょう。

脳が活性し、集中力アップ

眠気を我慢して勉強したにも関わらず、努力が報われなかった経験はありませんか?

はい、そうです。残念ながら眠い時に一生懸命単語や漢字を覚えても、まったく頭に入ってこないのです。

気持ちものらないし、頭も回らない・・・。

そんなときに仕事や勉強をしても効率があがることはありません。

ここは思い切って仮眠を取りましょう。

眠気がさめて、頭もシャキッとしますよ。

ストレス解消

眠いのを我慢して頭を無理に使うことで、ストレスはたまります。

そりゃそうですよね。「眠い」という疲れのたまった脳に無理やり仕事をさせているのですから。

仮眠を取ることで脳を休め、疲れを取ることができるのです。

リフレッシュした脳は動きもよくなり、無理やり動かされることもなくなるので、ストレス解消につながる、というわけですね。

スポンサーリンク


病気も予防

頭を使い続けるということは、脳はたくさんの血液を必要とするということです。

つまり、脳に血を送り続け、血圧もどんどん上がっていきます。

しかし、昼寝を取ることで、脳に送られる血液が減り、血圧が一時的に下がります。

血圧が下がることで高血圧になりにくくなったり、脳梗塞や心臓病の予防につながるのです。

昼間に熟睡してしまった・・・。その結果とは?

時計

昼寝を長く取りすぎたり熟睡しすぎると逆効果になるので、注意が必要です。

体内時計が崩れる

昼に寝すぎることで、体に備わっている体内時計が狂ってしまいます。

「一体今何時なんだ」と、完全に生活リズムが崩れてしまいます。

夜寝れなくなる

昼間に寝すぎると、当然のことながら夜に眠れなくなります。

深夜まで起きて朝の出社時には寝不足、という悪循環が待っています。

昼夜逆転してしまうと、仕事になりませんね・・・。

病気になりやすくなる

昼寝を長時間すると、心筋梗塞や脳梗塞などの脂肪危険率がアップするという調査結果もあるのだとか。

認知症のリスクも上がるという結果もあるようですよ。

また、寝すぎて頭が痛くなることも・・・。(経験あります😣)

過ぎたるは猶及ばざるが如しですね。

いかがでしたか?

睡眠不足や睡眠過多は体や業務効率に悪影響を及ぼしますが、短時間の睡眠は良いことづくめです。

時間を上手に使って、良い昼寝を取りましょう!