さてみなさん、今年のひな祭りはいかがでしたか?

そうそう、3月3日のひな祭りが終わって、お雛様を片付ける時期が来ても、お雛様を後ろ向きにしているご家庭があると、この前テレビで紹介されていました。

あれ?たしかお雛様って、すぐ片付けないといけないんじゃなかったっけ?

お雛様を後ろ向きにするなんて、大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク

雛人形をどうして後ろ向きにするの?

雛人形

出典:photo AC

お雛様を後ろ向きにするのには、実はちゃんとした理由があるそうです。

できれば、ひな祭りのお祝いが終わったら早めに片付けたいところですが、今は核家族や共働きのご家庭も増えていますし、どうしても毎日の家事や育児を優先することになって後回しにしてしまうことも。

そんなとき、お雛様を後ろ向きにしておくと、「お雛様が眠った・帰った」ととらえる地域があるんです!

どうやらこの風習は、中部地方で広がったようです。

ただ、この風習には中部地方の中でも賛否あるようなのですね。

なかには「お雛様を後ろ向きにするなんて、縁起が悪い!」という意見もあるそうですよ。

雛人形の片付けが遅れると結婚が遅れる?!いつまでに片付ければいい?

雛人形を触る子供

出典:photo AC

よく、「お雛様を早く片付けないと、お嫁さんに行けない」なんて言いますよね。

これは、いくつか理由があるそうです。

もともと、ひなまつりは、季節の節目に邪気払いをする意味で行われていました。

お雛様にケガレを移して、女の子から不幸を遠ざける意味があるんだそうです。

なので、厄が移っているお雛様は、ひな祭りが終わったら早く片付けた方がいい、と言われているんです。

もう一つは、お雛様は娘の結婚を意味するので、早く飾る=早く嫁に出す、早く片付ける=早く嫁に行く、ととらえられているところがあります。

逆の意味でとらえると、片付けるのが遅い=嫁に行くのが遅い、となりますよね。

この流れで、早く片付けられるようになって欲しい、という親の願いも含まれているんでしょう。

では一体、いつまでに片付ければいいんでしょうか?

できれば、3月3日が過ぎたらすぐ片付けたいものです。

目安としては、啓蟄の日までです。

ちなみにこの漢字何て読むんでしょうか?

これは「けいちつ」と読みます。

啓蟄は、二十四節気(にじゅうしせっきー季節の移り変わりを表す言葉)の中の一つです。

年によって若干に日にちが変わりますが、2019年の啓蟄は3月6日(水)にあたります。
(日にちではなく、期間を示すこともあります。その場合は、3月6日から20日までをさしますよ)

啓蟄とは、冬眠していた虫たちが、春が来たのを感じて土の中から外へ出てくる時期なんです。

この日にお雛様を片付けるようになったのは、実ははっきりした理由はないそうです。

ただ、天気が安定していることが多いから、とも言われていますよ。

また、なるべく季節の節目を超えないうちに片付けた方がいいと言う説もあります。

スポンサーリンク


雛人形を片付けるときに、これだけは絶対気をつけて!!

快晴

出典:photo AC

お雛様を片付けるとき、何よりも気をつけなくてはいけないことがあります。

ズバリそれは「天気」です!!

お雛様は、絹をたくさん使って作られているため、湿気がとっても苦手なんです。

比較的天気がいい3月は、空気もカラッとしていて気持ちいいですよね。

お雛様を長く大切に飾るために、天気のいい日にサッと片付けてしまいましょう。

同じ理由で、できれば夜片付けるのは避けたいところです。

晴れた日の朝に干した洗濯物を、夕方まで外に出したままにしておくと、少し湿っぽくなりますよね?

それと同じで、お雛様も、なるべく午前中には片付けられるような日を選ぶといいでしょう。

片付けるときは、防虫剤や乾燥剤を入れる(ただし入れ過ぎに注意!)・お雛様についたホコリをハタキや筆などで落とす・お雛様に素手で触らない(布手袋をはめるとGood!)など、やさしくお雛様を扱ってあげましょう。

まとめ
お雛様を早めに片付けられないとき、後ろ向きにすることでお雛様を眠らせたり、帰らせたりすることができるという言い伝えがある。
これは中部地方の一部で言い伝えられている
お雛様は3月3日が過ぎたら、遅くとも啓蟄の日までに片付けるのがベター。
雛人形を片付けるときは天気の良い午前中にしよう!

あと書き

私の実家は中部地方にありますが、お雛様を後ろ向きにしていた記憶はあまりないですね・・・。

母は、昔からの言い伝えに厳しい人なので、ひな祭りが終わるとすぐに片付けていたからでしょうか。

私は、できるだけ娘と一緒に出したり片付けたりして、娘に飾り方を覚えて欲しいと思っています。

となると、晴れた週末にしか片付けできないので、後ろ向きにする日が何日かあるんだろうなぁと思います。

もし母に「お雛様を後ろ向きにするなんて!」と言われたら、今日学んだことを伝えてみますね!