突然ですが、みなさんは飛行機を利用しますか?

「運賃が高い」というイメージの飛行機ですが、格安航空会社(LCC)の出現により、利用する人も増えたかもしれませんね。

我が家は実家のある北海道へ帰省する際、飛行機を利用するのですが、ここ数年で大きな変化が飛行機に起こっていました。

それはパソコンやスマホといった電子機器の使用についてなのですが・・・・。

それはいったいどんなことなのでしょうか!?

スポンサーリンク

ノートパソコンなら機内で使えるになりました!(ただし条件つき)

飛行機
2014年9月の規制緩和により、機内でパソコンやスマホといった、電波を発する機械が、機内モード(フライトモード)にすれば常時使えるようになったのです。

[1] 電子機器から発射される電波に対する航空機の耐性に応じて航空機を区分し、その区分ごとに使用可能な電子機器と時間帯を拡大します。
※航空機の耐性の区分により運用が異なりますので、ご搭乗の航空機内で使用可能な電子機器については、各航空会社にお問い合わせ下さい。

[2] 着陸の後、滑走路を離脱し誘導路に入った時注)から、全ての電子機器が使用可能となります。
注)誘導路がない空港については、着陸の後の滑走が終了し駐機場に向かった時
<国土交通省HPより抜粋>

規制緩和される前までは、飛行機の計器に携帯電話やスマホの電波が影響を与えることを理由に、電波を発する電子機器は電源を切るように促されていました。

しかし機内モード(フライトモード)にしてしまえば、電波を発していない状態になり、飛行に支障がなくなるので、使ってもOKとなったのです。

通信

最近では、一部の航空会社が、機内で利用できるwi-fiサービスの提供を始め、機内でもインターネットに接続したり、動画配信サービスを利用できるようになりました。

これなら、子どもが退屈になってグズッても、ネット環境さえあれば、好きな動画を見せて退屈させないこともできますね。

また、出張中のビジネスマンであれば、機内のwi-fi-を使って、メールのやり取りをすることもでき、効率よく仕事をすることができます。

規制緩和されても、まだ禁止されていることもあるの?

NG

電源を消さなくてよくなったものの、飛行機のドアが閉められ、飛行機が目的地に着陸して滑走が終わるまでは、電波を発する状態にすることはできません。

ちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと、

・携帯の回線を使って、電話はできない
・携帯の回線を使って、インターネット接続はできない

ということです。

つまり、電波を発している状態だから、飛行に支障が出るかもしれないので、外部の通信回線を使わないでね、ということですね。

また、機内モードにしても、座席前のポケットに片づけられないような15.6インチのパソコンは、離着陸時には使えない場合があるそうです。

CAさんから片づけるように言われたら、バッグの中にしまいましょう。

機内でパソコンを使うために必要なこととは?

機内でパソコンを使うために、事前にしておくことをまとめてみました。

まず1つめ。

飛行機に乗る前の手荷物検査時の注意点です。

パソコンを手荷物として機内に持ち込む場合、手荷物検査ではカバンから必ず出して、検査を受けましょう。

検査時に、係員から促されることはあまりないのですが、検査場にイラストつきで大きく説明があります。その内容に従いましょう。

そして2つ目。

機内のwi-fiサービスを使う際、航空会社によっては事前にアカウントの登録が必要だったり、接続時にe-mailアドレスが必要な場合があります。

搭乗する前に、何が必要になるのかを確認しておきましょう。

なお、スマホであれば、機内wi-fi接続アプリがあると、スムーズに接続ができ、また動画などのオリジナルコンテンツを利用することができます。

搭乗前にアプリのダウンロードをおすすめします。

最後に3つめ

これは意外に忘れがちなのですが、パソコンの充電はしっかりとしておきましょう。

新幹線だとあるのが当たり前に感じるコンセントですが、飛行機の場合はコンセントのある機種は一部です。

特に、それほど長時間のフライトにならない国内線では、ないと思った方がいいかもしれません。

wi-fi回線を利用するとバッテリーの消耗も速いので、しっかりと充電しておくか、機内持ち込みOKのパソコン用モバイルバッテリーを持参しましょう。

【あと書き】

いかがでしたか?機内でも常時利用できるようになった電子機器たち。

ただし、使えるからといって、大きな音で動画を楽しんだり、ものすごい勢いでパソコンのキーボードをたたき続けたりといった、周りの迷惑になるような行為はNGですよ!

さりげなく周りへの気遣いを忘れず、快適な空の旅をしましょう。

スポンサーリンク