赤ちゃんと初めて乗る飛行機!

どんな荷物を持っていったらいいのか、悩んじゃいますよね~。

おもちゃや絵本など、いつも以上に細かい荷物が増えそう・・・。

飛行機に乗ると、気圧の関係で大人でも耳が痛くなってきます。

赤ちゃんは、気圧にとっても敏感で、大人以上に痛がってしまうので、こまめに耳抜きの対策をとってあげる必要がありますよね。

耳抜きの方法の一つに、飲み物を飲むことがあげられます。

赤ちゃんの飲み物といえばミルク。

では、飛行機で赤ちゃんにミルクをあげるのは、どんなタイミングがベストなんでしょうか?

スポンサーリンク

飛行機で授乳するタイミングはいつがベスト?

飛行機の窓の外を見る子供

耳抜きを確実にするために、授乳するといいタイミングは、2回あります。

・離陸する前
・着陸態勢に入る前

飛行機は、この2回のタイミングで、気圧が大きく変わります。

そのため、赤ちゃんの耳が痛くなりやすくなるんです。

それぞれのタイミングでの授乳について、詳しくみていきましょう。

離陸する前

離陸する飛行機

離陸するときは、飛行機がバックで動き出し、滑走路に向かって移動しますよね。

そして、滑走路に着いて、これから加速するぞというときに、管制塔に離陸許可をもらうために一旦止まるんです。

この時がチャンス!

ここでミルクを飲み始めれば、飛行機の揺れや気圧の変化も感じにくくなるんだとか。

着陸態勢に入る前

着陸のタイミングは、離陸よりも少し難しいかも知れません。

飛行機は、着陸する予定時刻の30分前から、少しずつ下がり始めます。

下がり始めたら飲ませるといいでしょう。

また、授乳する以外にも、お菓子を食べさせたり、おしゃぶりをくわえさせるのも、耳抜きの方法の一つですね!

もしも、離着陸のタイミングで、赤ちゃんが寝ていたら、起こさないでそのまま寝かせておいてあげましょう。

特に耳抜きをする必要はありませんよ。

授乳するときの注意点

哺乳瓶

飛行機で授乳をしようとするとき、お店などとは違って、ほぼ密室の状態で行うことになります。

そのため、他の乗客の方にいくつか配慮する必要がありますね。

座席を予約するときに、赤ちゃん専用の座席があればいいのですが、設置されていない機材の場合は、後方か前方いずれかの場所が取れると安心です。

後方、前方の席は人の行き来が、他の場所に比べて少ないのと、座席が少しゆったり作られているので妊婦さんにとってはベストな場所です。

荷物も多いですし、場所が広く使えるとママも赤ちゃんの世話がしやすいですよね。

赤ちゃんは、いつもと違う場所に行くとぐずってしまうことも多いので、使い慣れているおもちゃ(音が出にくいものがベター)や絵本は必ず持っていった方がいいでしょう。

また、近くの座席に座っている方には、ひと言声をかけておくのも大切です。

CAさん(キャビンアテンダント)は、多くの赤ちゃんを見てきているので、あやし方も教えてくれることでしょう。

困ったときは相談してみましょうね。

母乳の場合は、特に男性に配慮する必要があります。

普段、授乳用のケープを使っているママは、必ず持って行ってください。

機内のお手洗いを使うのもいいですが、混むことも想定すると、他の方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

飛行機に粉ミルクは持ち込み可能なの?必要な準備は?

粉ミルクを飲む赤ちゃん

赤ちゃん用の粉ミルクと哺乳瓶は、医薬品とほぼ同じ取り扱いなので、飛行中に必要な分量は機内に持ち込むことができます。

機内で使う場合は、スティックタイプのものが使いやすいですね!

お湯は、CAさんに申し出ると用意してもらえますよ。

手荷物検査場で、ミルクを見せるように言われる場合もあるので、すぐに出せる場所に準備しておくといいでしょう。

【あと書き】

飛行機の中は、赤ちゃんにとって異次元の場所とも言えるかも知れませんね。

ですからできるだけ、おウチの中で過ごすのに近い環境にしてあげるのが大切だと思います。

そのためには、まずママの温もりで赤ちゃんを安心させてあげるために、思いっきり抱っこしてあげてくださいね。

機内の耳抜きや授乳がうまくいきますように、そして飛行機のいい思い出ができますように!