家族の誕生。

それは、パパママはもちろん、パパの実家にとってもママの実家にとっても、喜ばしいことですよね。

我が家の息子は、夫の実家にとっても私の実家にとっても初孫ということもあり、両家の両親ともに喜びのあまり涙が出るくらい喜んでくれました。

そんな嬉しい孫の誕生ですが、実は1つ悩みがあったのです。

それは、どちらの親が息子の初節句の飾りを買うか、ということ。

我が家の結論を含め、初節句の男の子飾りをどちらの親が買うのかについて、まとめてみました。

スポンサーリンク

初節句の男の子飾り、買うのはどっち?

初節句の男の子飾り

結論からいうと、初節句に飾る飾りは、母親の実家が買うのが一般的です。

我が家の場合は、初節句の前にお食い初めがあったのですが、お食い初めで使う食器を私の実家が用意してくれました。

私の考えは、「お食い初めなんて、一生に一回しかない儀式のために、わざわざ専用の食器を買うなんてもったいないからいらない!」というものだったのです。

でも母が「孫のものは母の実家が用意するのが常識だから、うちで準備しないとあなたが恥をかくのよ!」といわれ、ありがたいという気持ちもありながら、渋々受け取った、ということがありました。

私の母がいった「孫のものは母の実家が用意するのが常識」ということですが、お食い初めや初節句の飾りなどのお祝い事に使うものは、孫が女の子でも男の子でも、母方の実家で用意する、というのが関西地方で多くみられるらしいです。wind

私の母は関西出身なので、こんな発想だったのでしょう。

ちなみに、関東では女の子の初節句は母方が、男の子の節句は父方が用意する習慣があるそうです。

もし私の夫が関東出身なら、「うちで用意するから!」とお互いの両親がもめたかもしれませんが、北海道出身の夫の母が「北海道はあまり風習を気にせずに自分たちのやりたいようにすればいいという考え方だから、好きにしていいよー」と、一任してくれました。

ただ、北海道も地域によって雛人形は母方、五月人形は父方という風習もあるようですので、ご注意を。

スポンサーリンク


どちらの親が買うべきかの根拠は?

男の子と兜

初節句が今の形になった江戸時代には、父方の実家で用意することが多かったようです。

なぜなら、男の子の誕生は、あと取りができたということ。

そのため、「我が家の跡継ぎが生まれた!」という喜びから、父方の実家が用意したのだそうです。

一方で、正月をそれぞれの実家で別々に過ごす夫婦が多くなった現代とは違い、昔は娘を嫁に出してしまうと実家に戻ってくることはあまりなく、自分の娘であっても頻繁に会うことはできませんでした。

ましてや産後間もない娘と孫に会うなんて、夢のまた夢でした(ちょっと大げさですね)。

「娘と孫に会いたい・・・」という思いを叶える方法として考えられたのが、「初節句の飾りを用意して持っていけば、堂々と会えるじゃない!」という方法。

なるほど、これなら婚家も「何しに来たの?」という風にはなりませんよね。
 
そんな、昔の人たちの知恵が今も風習として残っているようです。

結局どうするのがよいの?

夫と妻の実家の風習が一致していれば何ら問題はありませんが、もし違ったら?

そんなときの解決法をご紹介します。

両家ですり合わせる

両家の関係が良好なら、「兜はうちが買います」「じゃあ、うちは鯉のぼりを買いますね」という風に、孫のために何を買うかを話してもらうのがよいでしょう。

ここで大事なのは、お互いが納得する結論を出すということ。

もし一方が納得しない結論になってしまったら、これから七五三や幼稚園の入園祝いなどでもめる可能性が出てきますよ。

両家仲良く費用を折半

金銭的な負担を平等にするため、費用を折半するというものありです。

しかし、「母方の実家が用意するべき!」など、一方が負担するのが常識と考えている場合、この方法は争いの火種になりかねません。

お互いの実家の考えを事前に確認し、「私が買いたい」と双方が思っているようなら、費用の折半を打診してみましょう。

夫婦で購入する

両家で「うちが買う」と譲らなかったり、「そっちが買うべき」と押し付けあいそうな雰囲気なら、初めから「私たちが買うから」といってみるのもアリです。

金銭的な負担がありますが、精神的な負担は回避できます。

兜

ちなみに我が家の場合、「私が用意する」という私の実家と、「どちらでもいいよ」という夫の実家の意見を聞き、出した結論が「夫の実家に大切に保管されている夫の兜を譲り受け、親子二代同じ兜を飾る」というもの。

費用の負担は一切なく、写真を撮って「これはパパが小さい頃に兜と写ってる写真で、こっちはあなたがパパの兜と一緒に写っている写真だよ」と、息子が少し大きくなってから説明しました。

夫の実家はもちろん喜んでくれ、私の実家は「こんな風に代々で受け継いでいくっていうのもいいもんだね。お金もかからなかったし(笑)」と、意外に喜んでくれました。

私たちも、写真を見比べて「パパにそっくりだね!」と、楽しめたので、我が家にとってベストな方法だったと思っています。

昔ながらの行事や伝統を受け継ぐのはとても大切なことですが、臨機応変に対応し、みんなが笑顔になる解決方法を見つけるのが大切なのかもしれませんね。