突然ですが、みなさんは雨が好きですか?

飴は好きでも雨はちょっと・・・と、くだらないことをついつい言ってしまう私なのですが、あまり雨は好きではありません。

なぜって、主婦にとって雨は「洗濯物が片付かない原因になる、憎い存在」だからです。

太陽が出ればカラッと乾くのに、雨が降るといつまでも乾かず、家の中が洗濯物であふれかえり、家が片付かずに、ストレスに感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

少し話がそれてしまいましたが、日本語には五月雨や氷雨など、降る雨を季節ごとに言い換えることばが多いですよね。

今回はその中でも「春の長雨」について焦点を当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

春の長雨って、どういう雨のこと?

雨

出典:photo AC

「春の長雨」とは、読んで字のごとく、春先に長く降る雨のことです。

もう少し詳しく説明してみると、3月半ばから4月頃(つまり春先ですね)、関東よりも西の地域で梅雨の時期のような雨がずっと降り続くことを言います。

確かに、お花見の季節は「花冷え」と呼ばれるように空気が冷たいことが多いですし、雨がしとしとと降り続くことが多いですよね。

そのため、「春の長雨」と呼ばれるのだそうです。

スポンサーリンク


ところで、春先になぜ雨が降り続くのでしょうか?

てるてる坊主

出典:photo AC

春先になると、北にある空気の冷たい大陸からやってきた高気圧と、南から暖かい空気を持ってやってきた高気圧がぶつかり合います。

このぶつかり合いのことを「前線」というのですが、このぶつかり合いがしばらく関東よりも西の地域で続き(「前線が停滞する」なんて、天気予報では使われていますね)、雨をもたらすのです。

そのため、高気圧の張り出した北海道や東北の北日本では晴れているのに、関東地方をはじめとする東日本や関西などを中心とする西日本では、しとしとと雨が数日降り続く、というわけなんですね。

とはいえ、梅雨の時期とは違い、春の長雨は「雨がしばらく続く」と言っても、それほど長くは続くことはなく、4日から6日くらいが多いようで、1週間続くなんてことはないようです。

ただ、1985年のように、3月の晴れの日が5日しかない「春の超長雨」とでも言いたくなるような年もあったようです。

ここ数年の気象変動で、今までの常識が通用しなくなってきたこともあり、1985年を超えるような雨が降り続く年が増えるかもしれませんね。

春の長雨は、ほかにもこんな呼び方がある

かえる

出典:photo AC

春の長雨ということば以外にも、春先に雨が続くことを示すことばをご紹介してみたいと思います。

菜種梅雨

「なたねづゆ」と読みます。

菜種、つまり菜の花が咲く時期に、梅雨のように雨がしとしとと降ることから、菜種梅雨と呼ばれるようになりました。

春霖

難しい感じのこのことば、「しゅんりん」と読みます。

「霖」という漢字には「長雨」の意味があることから、春に降る長雨を表しているんですね。

ちなみに、秋に降る長雨は「秋霖(しゅうりん)」と呼ぶそうです。

催花雨

「さいかう」と読みます。

春といえば思い出すのが、花が咲く季節ですよね。

そのことを表したのが「催花雨」ということば。

「催す」には「急き立てる」や「誘い出す」といった意味があり、「花が咲くのを急き立てる雨」「花を誘い出す雨」ということから、春先に咲く雨に使われるようになったようです。

他にも、春に降る雨には「桜雨」「花の雨」「花散らしの雨」といった花と雨の関係から作り出されたことばや、「春時雨」「春雨」といった春の雨特有のしとしとと降るさまを表したことばがあります。

あとがき

いかがでしたか?

春に降る雨だけでもさまざまな言い方がありましたね。

春だけではなく四季の移ろいを雨に例えたことばは他にもたくさんあります。

情緒を大切にする日本人ならではの雨の言い方を探してみてはいかがでしょうか。

憂鬱に感じる雨のイメージが少し変わるかもしれませんよ。