2019年5月、現在の皇太子さまが天皇陛下に即位され、それとともに元号も変わることが決まっていますね!

昭和から平成へ元号が変わったとき、私はまだ小学生だったので、元号が変わると言う意味をあまり分かっていませんでした。

元号が平成に決まったと、テレビで発表されたのをみて、ふ~んそうなんだと思ったのを良く覚えています。

元号は誰がどうやって決めるのか、また元号にはどんな意味があるのか、皆さんは知っていますか?

日本の歴史の節目に立ち会うことになる私たちは、このことをぜひ知っておきたいですよね!

スポンサーリンク

元号は誰が決めるのか?

元号法

昭和54(1979)年に、元号法という法律が成立しました。

このなかで、

「第1項:元号は、政令で定める
第2項;元号は、皇位の継承があった場合に限り改める(一世一元の制と言います)」

と定められているんです。

元号法と、合わせて作られた「元号選定手続きについて」という文章に基づいて、政府が元号を決定するのですね。

ですから、天皇陛下や皇室のご意向が、元号に反映されることはありません。

元号選定手続きについて 簡単に説明すると、このような流れで決まります。

1、内閣総理大臣が、有識者の中から考案者を選び、元号の案を考えるよう委嘱する。
2、考案者が、候補名の意味や典拠などの説明とともに、候補名を提出する。
3、総理府総務長官は、候補名の中から検討・整理し、内閣総理大臣に報告する。
4、内閣総理大臣の指示によって、会議で数個の案を選ぶ。
5、全閣僚会議において、原案を協議する。このとき、内閣総理大臣は、衆・参議院の議長・副議長に意見を伺う。
6、閣議において、改元の政令を決定する。

総理府は、2001年に内閣府に統合されたため、「総理府総務長官」は、現在の政務官または官房長官が該当すると思われます。

ちょっと堅苦しくなっちゃいましたが、簡単にまとめると、「総理大臣が有識者に依頼して案を出してもらい、その中から選んで、国民の代表である衆参両院議長・副議長の意見を聞いてから閣議決定する」、という流れなんですよ!

そもそも元号って何?

そもそも、元号とは何なのでしょうか。

「元号(げんごう)とは、日本を含むアジア東部における紀年法の一種。特定の年代に付けられる称号で、基本的に年を単位とするが、元号の変更(改元)は一年の途中でも行われ、一年未満で改元された元号もある。」
(Wikipediaより)

年代をさす呼び方でも、西暦が世界共通なのに対して、元号はアジア東部のものなのですね。

ちなみに、日本でイチバン古い元号は「大化」(西暦645年~650年)です。

歴史の授業で「大化の改新」って覚えましたよね?まさにその「大化」です!

明治以降は、元号法でも出て来た一世一元の制が実施され、天皇の在位中は元号を変えないとされています。

逆を言えば、天皇が代替わりされるときは、元号も変わることになります。
 
スポンサーリンク


元号の決め方のルールってどうなってるの?

元号の代わり

元号の決め方にはルールがあります。

条件は、次の6つです!

・国民の理想としてふさしいようなよい意味を持つものであること
・漢字2文字であること
・書きやすいこと
・読みやすいこと
・これまでに元号または送り仮名として用いられたものでないこと
・俗用されているものでないこと

これまで、元号に良く使われている漢字には、「永」「元」「天」「治」「応」「正」「長」「文」「和」などがあります。

元号は、老若男女問わず使いますので、書きやすい・読みやすいものが大切ですね。



元号は誰が発表するの?

元号を発表する人物は、特に規定はありません。

平成の元号を発表したのは、当時官房長官だった故小渕恵三・元首相でしたが、官房長官が発表するのが順当のようですよ。

新しい元号の公表は、改元1ヶ月前にあたる2019年4月1日だと、正式に発表されましたので、当日誰が発表するのか、今から楽しみですね~。

あとがき

前回、昭和から平成に改元されたときは、昭和天皇の崩御に伴う改元でした。

そのため、閣僚や報道関係など、あらゆるところがバタバタしていたのをテレビで見た記憶があります。

今回は、天皇の生前退位による改元なので、お祝いムードが強いと言われていますね。

2018年の天皇誕生日における会見で、天皇陛下は「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」とおっしゃっておられました。

新しく迎える元号でも、明るく平和に暮らせる世の中であって欲しいものですね!