2020年といえば、東京オリンピック開催の年ですが、実は小学生の英語教育が大きく変わる年でもある、ということをご存知でしょうか?

「自分自身、学生時代は英語に苦しんだから、子供には小学生のうちから英語で苦労をしてほしくはない。だけど話せるようになるのはいいことだし…」と、ちょっと複雑な心境の親御さんも多いかもしれません。

今回は、2020年に小学生になるお子さんをお持ちのかた必見!

子供を取り巻く英語教育と親がすべきことについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

小学生の子供に英語を教えるには?

親子

出典:photo AC

2020年から小学校の英語教育が変わります。

ついに日本も、小学校から本格的に英語を教えることになりました。

わたしたちが子供のときでは考えられなかった

わたしたち保護者が何をすべきかを考えるには、まずは英語教育がどのようになるのかを知らないと、話が始まりません。

英語教育が具体的にどのように変わるかというと・・・

①小学校3・4年生で英語教育を必須とし、英語と楽しく触れ合う時間を新たに設定
②小学校5・6年生で英語を「教科」と位置づけて、評価の対象とする

つまり、3年生から何となく英語に触れあう時間ができ、5年生からは国語・算数・理科・社会と同じく、英語もどれくらい理解できているかなどを数値で評価したうえで成績表に記載する、ということです。

「ええっ、じゃあ子供が英語の宿題を持って帰ってくることもあるし、その宿題でわからないことがあったら、親に聞くことがあるの?」と焦っている親御さん、5・6年生になっても質問されることはない、とはいい切れません。

しかし焦ることはありません。

世の中には「もっと難しい英語の勉強をしたい!」「学校の英語の授業がわからないから、補習してくれる塾に行きたい」というニーズに対応した塾や通信講座などがあります。

お金がかかりますが、どうしても自己解決ができないようなら、それらを利用すればよいのです。

授業を受ける子供

出典:photo AC

また、昔であれば、外国人が道を歩いているだけで、「おお、すごい!なんて国際的な街になったんだ!」と驚いていましたが、最近では外国人の方が日本に居住していることも多いですよね。

うちの息子の学年にも、親御さんが外国人の方というご家庭があります。

その方たちのお子さんに話しかけてみればよいのです。

国籍や人種が違っても、「日本に住む人」には変わりありません。

日本人よりも日本のことをご存知ということもあります。

外国の人が見る日本を英語で学べば、英語学習だけではなく、文化的な学びもあるかもしれませんね。

スポンサーリンク


具体的にわたしたちは何をすればいいの?

英語のかるた

出典:photo AC

塾に行かせるほどではないし、家でなんとか解決したい、という方であれば、一番のおすすめは「親子そろって英語を勉強する」ということです。

例えば、昔から「勉強する」といえばお世話になっているNHKの教育テレビ(今では「Eテレ」と名前を変えていますが・・・)。

ただ英語を学ぶだけではなく、楽しいストーリーを追いながら英語を学ぶ番組もあります。

わたしも以前、息子が見ているのを横からチラッと見たのですが、まずは英語のみ、次は日本語字幕付きで、最後にもう一度英語で・・・とテキストがなくても十分理解できるような内容でしたよ。

しかもストーリー性もあって面白いプログラムだったので、これなら息子楽しみながら勉強できるな、と思いましたね。

どちらかというと、中学から始める「文法ありき」の英語ではなく、耳や目から入ってくるようになっているので、「小さい子供が自然と英語を学ぶ」というのにピッタリとも!

また、テレビ番組と同じように、くりかえし観て内容が頭にしっかりと入っている映画のDVDを利用する、というのもいいと思います。

まずは日本語字幕付きでみて、次に英語字幕、最後は字幕なしで、というふうにみるのもいいでしょう。

アルファベット

出典:photo AC

さらに手軽なのは、スマホを利用した学習です。

有料のものはもちろん、無料で楽しく自分のレベルに合わせたアプリもたくさんあります。

家のなかはもちろん、移動中も使えて、場所を選ばず学べるのはスマホの最大のメリットですね。

退屈な移動時間も、親子で一緒に学べる時間になりますよ。

たとえば、「英単語学習 えいぽんたん!」という無料アプリなら、ゲーム性が高いので、お子さんも楽しみながら英語の勉強ができてオススメです。

Google Play で手に入れよう
AppStoreで入手

【あと書き】

いかがでしたか?

「英語教育」と考えると、とても難しいことのように思いがちですが、英語は世界中の人と話すためのコミュニケーションツールだと考えれば、それほど難しいことではないかもしれません。

まずは勇気を出して、親子で英語に対する苦手意識をなくすことから始めてみませんか?