【デカフェ】・・・なんかおしゃれ気な飲み物だろうくらいしか知らないという人が、ほとんどだと思います。

もしかしたら、もうすでにデカフェに凝っている方もいるでしょうか?

まず、【デカフェ】とは何ぞやといううところから説明していきますと、、、

デカフェとは簡単に言うと、カフェインレスコーヒーのことですね。

そう、つまりカフェインの入っていない、コーヒーのことです。

出典:photo AC

これが体に悪いの??

なぜ?

と思いますよね。

妊婦さんにも優しいといわれている【デカフェ】が、なぜ体に悪いのか、というのはどうもカフェインを抜く方法に問題があるようです。

スポンサーリンク

デカフェが体に悪いといわれる理由とは?

カフェインを抜く方法には3つあります。


1.超臨界二酸化炭素抽出
 
気体と液体の両方の性質を持った状態を超臨界流体といい、油などと仲良くなりやすいため、食品から油や香りの成分などを取り出すときによく使われます。

二酸化炭素を臨界流体と言う状態にするのは、比較的簡単にできコスト面でも優秀。

毒性もありません。

2.有機溶媒抽出
生のコーヒー豆を蒸して膨らませ、有機溶媒を使ってカフェインを抽出します。

この有機溶媒がジクロロメタンといって、いろいろなものを適度に溶かす液で、実験室で使われる代表的な化学物質であり、特定化学物質に指定されています。

発がん性もあるとされています。

3.水抽出
生のコーヒー豆を水で浸し、水に溶けだしたカフェインを有機溶媒で取り除く。

カフェインを抜いたら、有機溶媒を取り除いて豆に戻します。

有機溶媒ジクロロメタンを使いますが、直接豆に触れないことから安全なうえ、コーヒーにとって命のような、香りを損なうことも少ないようです。

2番目の方法は、日本では禁止されているので安心!と思ったら大間違いです。

海外チェーンのカフェでも一部使われている方法なので注意してくださいね。

この3つから言うと、1番の「超臨界二酸化炭素抽出」でカフェインを抜くのがいちばん安全だと思われます。

いろんなカフェインレスがある

ちなみに、「カフェインレスコーヒー」、「ノンカフェイン」「カフェインフリー」、そして【デカフェ】どれも同じかと思ったら、ちょっとずつ違いがあります。

カフェインレスコーヒー
カフェインが元々少し含まれているもの。

ノンカフェイン・カフェインフリー
カフェインがいっさい含まれていないもの。

デカフェ
カフェインを取り除き、へらしたけど、0ではない。

スポンサーリンク


さて、何のために、もともとカフェインが入ってての【コーヒー】なのに、なぜ抜くのでしょうか!?

と私は思っちゃうのですが、人って欲張りですよね。

コーヒーをのんじゃダメな人、例えば、すぐ頭に浮かぶのが妊婦さんですよね。

妊婦

出典:photo AC

赤ちゃんのためにはカフェインは取り過ぎないようにガマンしなきゃいけません。

コーヒー好きの方は、たばこがやめられないのと一緒くらい、やめられないのかもしれません。

ガマンし過ぎるのははストレスの元だし、じゃぁ気になる成分を取り除いてコーヒー気分を楽しめる様に、と、できたのが【デカフェ】なんですね。

最近は気軽に、スタバや小さなカフェでも、メニューにあるようです。

【あと書き】

あの有名なスタバも、以前は有機溶媒の方法を使っていたようですが、日本では禁止のため、最近は安心の「スイスウォータープロセス」と言う方法が使われているそうです。

簡単にいうと、水に生の豆を浸し、膨らませてカフェインを外へ出やすくし、たくさんのタンクでこの工程が繰り返されて、97%カフェインを取り除いていきます。

その後は、取り過ぎてっしまった香りやうま味を、また豆に戻していきます。

その後、焙煎されて、喉の奥に残るような苦みが少ないけど、普通のコーヒーに近いものが再現されるというわけです。

さすがスタバですね!

妊婦さんがカフェでリラックスしたいなら、スタバが断然おススメということになりますね!