子どもの長寿を願う親心がこもった千歳飴。

若い人なら「千歳飴?」とピンとこないかもしれませんが、七五三の写真を撮るときに、着物を着た子どもが持っている袋に入った飴といえば、「あー、あれね!」と、わかっていただけると思います。

そんな七五三と切っては切れない千歳飴ですが、一体どこで買うことができるかがこの記事を読むとわかりますよ。

スポンサーリンク

千歳飴を売っている場所とは?

千歳飴

出典:photo AC

七五三の時期であれば、とっても身近なお店で購入することが可能ですよ!

例えばペコちゃんでおなじみの不二家の場合、8月中旬から下旬ごろより販売を開始します。

2018年の場合、8月21日より全国で販売となるようですね。

ただ、注意しなければいけないのが、千歳飴の味。

不二家の飴といえばミルキーが主力商品ということだからか、不二家の千歳飴はミルキー味です。

個人的には一般的な砂糖の味がする千歳飴よりも好きなのですが、「昔ながらの千歳飴が欲しい!」ということであれば、別のメーカーのものがよいかもしれませんね。

一般的な千歳飴をお求めであれば、七五三が近くなるとスーパーでも購入できます。

スーパーマーケット

出典:photo AC

ただし、取り扱いがあるのは七五三のシーズンのみ、ということが多いようです。

というのも、長くて持ち運びに不向きな昔ながらの千歳飴は、それほど需要があるものではないから、だと推測されます。

七五三シーズン以外で千歳飴と同じような砂糖の味が懐かしい飴を食べたい人には、比較的品揃えの多いスーパーには常設されている「昔ながらのお菓子コーナー(駄菓子コーナー)」に行ってみてください。

千歳飴よりも細くて食べやすいように切られた「金太郎飴」や「さらし飴」を販売していると思うので、千歳飴を通年販売する必要がないのかもしれませんね。

七五三以外の時期に千歳飴を買えるお店といえば、やはり飴を専門に取り扱っているお店でしょうか。

ただし、最近では「飴専門店」というのが少なくなっていますよね・・・。

私が子どものころは、お祭りの出店でも飴屋さんがあったのですが、最近ではすっかり見なくなってしまいました・・・。

京都など、昔ながらの伝統菓子を守ることを大切にしている街では飴屋さんがあるかもしれませんが、千歳飴を年中取り扱っているかは、お店に確認する必要があるでしょう。

七五三の時期以外でも買うことができるって本当?

実は七五三の時期以外でも、千歳飴を買える場所があるんです!

それはネットショップです。

ネットショッピング

出典:photo AC

ここ最近、七五三のお参りを11月以外にして、混雑を避ける傾向にあるためか、七五三の時期以外にも千歳飴の需要はあるようです。

そのため、インターネットで購入することができます!

このご時世、ネットで買えないものはないといってもいいくらい、なんでも売ってますからね~。

ただし、ネットショップで購入すると通常必要となるのが送料ですね。

1つだけ千歳飴を欲しいという人にとっては、かなり割高な千歳飴になってしまいますが、色とりどりの千歳飴や、かわいい柄のついた千歳飴といった、人とはちょっと違う変わり種の千歳飴を購入できるのはメリットです。

千歳飴をタダでもらえる場所があるの?

千歳飴をわざわざ買わなくてももらえる場所があるのをご存知でしょうか?

それは神社や仏閣です!

厳密にいうとタダではないのですが、七五三のご祈祷をしてもらうと、終了後に千歳飴などの七五三祈祷グッズみたいなものをいただけるのです。

我が家の息子も5歳のときに地元で七五三の祈祷をお願いしたのですが、その際に千歳飴をはじめ、お守りや絵本をいただきました。

神社

出典:photo AC

神社・仏閣でいただく千歳飴は、祈祷されたもののようですので、とてもありがたい感じがしますよね。

我が家は祈祷後にいただいたので、追加購入しようとは考えなかったのですが、神社によっては七五三の祈祷をしなくても千歳飴を売っている場合があるようですよ。

「祈祷してもらった千歳飴が欲しい!」という方は、確認してみるとよいでしょう。

ただし、一般的に売られている千歳飴よりも若干高めの値段設定になっているようですので、ご注意を。

【あと書き】

いかがでしたか?

身の回りに美味しい飴がたくさんありますが、昔ながらの素朴な味のする千歳飴を味わうのはもちろん、千歳飴の由来を子どもたちに伝えてみませんか?