突然ですが、お子さんはパパ似ですか、それともママ似ですか?

「お嬢さんの笑った顔は、パパそっくりね。」「息子さん、お母さんと目元が同じだね。」など、言われた経験は誰もがあるのではないでしょうか。

キムタクの娘さんが最近デビューしたときも、マスコミはこぞって「顔はキムタク、スタイルは工藤静香譲り!」と取り上げていましたよね。

よく、女の子はお父さんに似て、女の子はお母さんに似る、と言われることが多いですが、これって本当なのでしょうか?

今回は遺伝学的、科学的に(とはいえ、わかりやすく)説明したいと思います。

スポンサーリンク

女の子はお父さん、男の子はお母さんに似るのはなぜ?

親子

女の子がお父さん、男の子がお母さんに似るのは、両親から引き継ぐ遺伝子によるものだと考えられていますが結論を先にいってしまうと、実は「科学的な根拠」はありません。

遺伝子というと難しく聞こえるかもしれませんが、実は至ってシンプル、染色体XとYが関係しています。

染色体XとYといえば、性別を決める染色体で、XYという染色体であれば男の子、XXという染色体であれば女の子、という2種類です。


XY=男
XX=女

男の子が持っているXYの染色体は、Xを母親から、Yを父親から受け継ぎ、女の子が持っているXXという染色体は、Xを母親から、もう一つのXを父親から受け継ぎます。

そして興味深いのが、男の子が受け継ぐY染色体は、一般的に遺伝子情報をあまり含んでいないとされているため、X染色体、つまり母親の遺伝子の方が強く出てしまうということなんです。

つまり、遺伝子レベルでみると、完全なる「かかあ天下」ということになります。

一方、女の子が受け継ぐのはどちらもXXなのですが、X染色体はどちらか一方が弱いため、母親から受け継いだXが強ければ母親の遺伝子が強く出ますし、父親から受け継いだX染色体が強ければ父親の遺伝子が強く出る、というわけなんです。

ということは、女の子は必ずしも父親に似るとは限らない、と言えますね。

そりゃそうですね。お母さんに似ている女の子なんて私のまわりで数えただけでも結構いますからね。

ん~奥が深い!

遺伝の不思議

家系図

両親から受け継ぐ遺伝子には、優性遺伝子と劣性遺伝子というのがあります。

これは、真逆の特徴があったときに、どちらの特徴が強く出るというもので、決して「この遺伝子の方が優秀で、もう一方の出来が悪い」、というわけではありません。

具体例を2つ挙げてみましょう。

遺伝子の条件

背の高い遺伝子をA、背の低い遺伝子をaとし、Aが優性遺伝子と仮定
遺伝子は2つセットとする(必ずしも同じ型が2つセットとは限らない)

ケース1:背の高い父親と背の低い母親の間に生まれた子どもの場合
・父親の持つ遺伝子はAAまたはAa、母親の持つ遺伝子はaa
・子どもの持つ遺伝子は、Aa またはaa⇒背が高いor背が低い

ケース2:背の高い父親と背の高い母親の間に生まれた子どもの場合
・父親の遺伝子はAAまたはAa、母親の持つ遺伝子はAAまたはAa
・子どもの持つ遺伝子は、AA、Aa(父親のAと母親のaを受け継ぐ)、Aa、(父親のaと母親のAを受け継ぐ)aa⇒AAまたはAaであれば背が高く、aaであれば背が低い

ちょっとややこしいですが、この例の場合はAが優性遺伝子という仮定なので、Aaという組み合わせの場合はAの「背が高い」という特徴が強く出ます。

面白いのは、背の高い両親の遺伝子がともにAaの場合、子どもの遺伝子がaaの可能性もあり、その場合は両親の背は高いのに子どもの背が低くなる、ということになります。

赤ちゃん

他にも優性遺伝子と劣性遺伝子にはこんなものがあります。

・二重まぶた(優性)と一重まぶた(劣性)
これも遺伝子によるものだなんて、ちょっと意外です。
一重の父と二重の母から生まれた私と妹は、幼いころは一重だったのが、思春期を過ぎることに顔の肉が取れて二重に。

母の遺伝子が父の遺伝子に勝利した、ということですね(笑)。

・くせ毛(優性)と直毛(劣性)
なるほど、これはちょっと納得。
くせ毛の夫と直毛の私、息子はくせ毛です(今は坊主だからくせ毛かどうかの判定が難しいですが・・・)。

・黒い瞳(優性)と青い瞳(劣性)
青い瞳の方が劣性ということが驚きです!

・福耳と平耳
これは福耳が優性で、平耳が劣性です。

・良い歯並びと悪い歯並び
残念なことに、悪い歯並びが優性なので、親のどちらかの歯並びが悪いと遺伝する可能性が高いです。

・長いまつ毛と短いまつ毛
男性は嫌がるかもしれませんが、長いまつ毛が優性的に遺伝します。

ただ、遺伝が奥深いのは、両親がともに二重でも一重の子供が生まれるケースもあり、これは祖父や祖母の一重から遺伝する隔世遺伝(かくせいいでん)と呼ばれるもの。

さらに、どの遺伝タイプにも当てはまらないケースもあったり・・・。

タレントの本木雅弘と内田也哉子夫妻の息子で、モデルのUTAさんはなんと身長が195センチです!

両親や祖父母、いずれもそれほど高くないのに・・・。

やっぱり遺伝の紐解きは一筋縄にはいかないようです。

今回の記事を書いてみて、遺伝に興味を持ち始めたので、書籍を買って勉強してみようと思います。

【あと書き】

いかがでしたか?

遺伝子学で言えば、両親から受け継いだ遺伝子が優性遺伝子か劣性遺伝子かによって変わってきますが、これについても科学的な根拠はありません。

なぜなら、「父親似」「母親似」というのは、見た人の主観によるものだからです。

ちなみに私の息子は、「お父さんに似てるね」という人と、「お母さんにそっくりね」という人が半々なんです(汗)。

主観とは、それほどあてにならないということなのかもしれませんね。