日本には「○○の日」と名付けられた日が多くありますが、その中に防災の日があります。

防災の日を意識したことはなくても、「9月1日、今日は防災の日です。各地では避難訓練が実施されています。」というニュースを耳にしたことはあるのではないでしょうか?

しかし、防災の日と言っても、職場で避難訓練を実施しない限り、何をすればいいのかわからない、という方は意外と多いかもしれません。

今回は、防災の日がなぜ制定されたのか、そして何をすべきなのかを紐解いていきたいと思います。

スポンサーリンク

防災の日が制定されたのはなぜ?

防災の日が制定された理由をひとことでいうなら、防災意識を高めるためです。

防災の日の9月1日は、関東大震災が発生した日。

地震

この当時の家と言えば、今と違い耐震構造ではない木造で、しかも揺れを感知して自動的に火をとめるようなガス調理器はない時代です。

大きな揺れとともに家は倒壊し、地震発生時に昼食の用意をしていたことで火が燃え移り火災が発生しました。

加えて、9月と言えば台風のシーズンです。

このときも能登半島付近に台風が接近していて、強い風が吹いていたことから、火災があっという間に広まってしまりました。

また、防災の日が制定された1960年の前年の1959年9月26日、伊勢湾台風が潮岬に上陸しました。

日本列島がこの台風により大きな被害を被ったことから、防災の日が設定されました。

9月1日を含む1週間を防災週間とし、各地で避難訓練や防災意識を高める講演会やイベントが開催されるようになったのです。

防災訓練ってなぜ行うの?

校舎

防災訓練は、災害が発生したときに身を守り、想定される被害を最低限のものにするために行います。

例えば町内会が行う防災訓練の場合、避難所の運営者が避難してくる人をスムーズに受け入れられるように訓練します。

多くの場合、避難所の運営は近隣町内会と避難所となる学校のPTAが担うのですが、双方が災害時に協力して、安全に避難者を受け入れる体制をシミュレーションすることが訓練の目的となるわけです。

また、実際にシミュレーションしてみないと、見えてこない「課題」もあります。

例えば、訓練で炊き出しを行った際、食物アレルギーのある人や宗教上食べられないものがある人が来た際に、どのような情報を用意しておけばいいのかということについて、訓練を通じて初めて気づくかもしれません。

また、足の不自由な人が避難してきた場合、トイレなどの移動に負担がかからない場所を優先的に割り当てる必要がある、といった気づきもあるでしょう。

机上では見えてこない課題を洗い出すためにも、訓練は必要ということですね。

避難路の案内板

実際にどんな防災訓練をしているの?

では、実際にどのような防災訓練をしているのでしょうか?

幼稚園や小学校の場合、防災訓練と言って思い浮かぶのは避難訓練です。

これは私が小学生だった頃の昭和の時代から変わらずありました。

しかし、私たち日本人は、平成になって未曽有の災害・東日本大震災を経験しました。

この災害で、子どもたちを保護者の元へ安全に引き渡すことが難しいという課題に直面したのです。

この経験を活かし、災害時に幼稚園や学校から保護者へ引取りをスムーズに行うための訓練をスタート。

同時に、災害時に誰が幼稚園や学校まで引取りに行くのか、万が一引き取り手がなかなか来られない場合、誰に連絡をすればいいのか等、事前に預ける保護者と預かる幼稚園・学校で書面確認するようになったところも多くなったと思います。

引き取り訓練だけにとどまらず、学校での実施が難しい避難所体験を、PTA主催で実施する学校もあります。

炊き出し体験や体育館で実際に避難する体験を、震災時と同じく電気を使わない環境で行うというもので、「防災キャンプ」とも呼ばれる訓練です。

明かりがないとどれくらい暗いのか、エアコンのつかない体育館で夏に避難するとどれくらい暑いのか、といった体験をすることを通して、小さい頃から防災意識を持ち、災害時でも冷静に判断して行動できる力をはぐくむ取り組みも始まりつつあります。

【あと書き】

私自身、独身時代に阪神大震災、子どもが生まれてから岩手・宮城内陸地震と東日本大震災と3つの震災を体験したのですが、それぞれの地震を通じて見えてきた課題が全く違いました。

独身時代は自分の身を守るだけだったのに対し、子どもが生まれてからは子どもの命を守ることが優先となりました。

子どもと一緒にいる時間が段々少なくなると、食物アレルギーを持つ我が子と一緒に避難できない時に、食事をどうすればいいのかという新たな課題も見えてきました。

自然災害はいつ起こるかわかりません。

過去に起きたことを決して忘れず、「日常生活を可能な限り失わないように、災害の被害をいかに減らすことができるか」を、少なくとも年に一度は大切な家族と話し合う日(=防災の日)にしましょう。