突然ですが、ぼた餅とおはぎの違いを説明できますか?

こんな質問をしておいてなんですが、関西で育った私は、「ぼた餅」ということば自体になじみがなく、「昔話に出てくる餅の一種」だと思っていました。

関東で育った息子に「おはぎとぼた餅の違いって知ってる?」と聞いたら、なんと「ぼた餅は皆殺し、おはぎは半殺しって言うよね」という返事が!

まさか10代の息子が違いを明確に説明できるなんて、想像すらしていませんでした。

いやはや、うちの息子も頼もしくなったものです。

・・・と関心している場合ではありませんね。。。

いつのまに40代の母が知らないような雑学の知識を得たのかという驚きと、母も知らないことを知っているという敗北感を味わうという、複雑な心境に・・・。

話がそれてしまいましたが、今回はぼた餅とおはぎの違いについて調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

ぼた餅は食べる季節によって呼び方が違う?

ぼた餅

出典:photo AC

最も一般的な、ぼた餅とおはぎの違いは、ぼた餅は春に食べるもの、おはぎは秋に食べるもの、と、食べる季節が違うということです。

この食べる季節による呼び分けは、ぼた餅が牡丹(ボタン)の花、おはぎが萩(はぎ)の花を模してつくられたことに由来しているのだとか。

つまり、牡丹の花は春に咲く花だから、春に食べるものをぼた餅、萩の花は秋に咲く花だから、秋に食べるものをおはぎ、ということです。

季節によって呼び分けるというのは、とても日本人らしい発想ですよね。

ぼた餅は作り方や材料によっても呼び方が違う?

花

出典:photo AC

ぼた餅は、季節によって呼び分ける以外に、材料や見た目で呼び方を変えている場合もあります。

大きさの違い

丸くて大きい見た目も豪華な花を咲かせる牡丹の花と、細長くて小さい可憐な花を咲かせる萩の花。

その花の違いを用いて、食べ応えのある大きいものをぼた餅、上品な小さめサイズのものをおはぎと呼び分けることもあります。

米の違い

もち米で作ったものをぼた餅、うるち米で作ったものをおはぎと、使う米の種類によって呼び分けるケースです。

そういえば、私が幼い頃、母がつくってくれたおはぎはうるち米だったような気がします。

もちのつき方の違い

餅のように、しっかりと米粒の形がなくなるまでついたものをぼた餅、米の形が少し残っているものをおはぎと呼び分けます。

息子は「ぼた餅は皆殺し、おはぎは半殺し」という、恐怖を覚えるような言い方で説明していました。

確かに米の目線でいえば、形がなくなるまでつかれたら皆殺し、形が残った状態で生き延びた米がいたら半殺しですよね。

しかし、もう少しソフトな言い回しはなかったのでしょうか・・・。

あんこの違い

小豆

出典:photo AC

こしあんを使ったものをぼた餅、粒あんを使ったものをおはぎと区別する場合もあります。

これは、あんこの原料となる小豆の収穫時期が関係しているのだそう。

小豆は秋に収穫されるのですが、収穫直後の秋は小豆の皮が柔らかく、粒を残した状態でも美味しく食べられるのですが、春になると収穫から時間が経過しているため、豆が硬くなってしまうんですね。

そこで、こして食べた方が美味しく食べられることから、とれたて小豆でつくった粒あんでくるんだものが「おはぎ」、保存していた小豆をこして作ったこしあんでくるんだものが「ぼたもち」、と呼ばれるようです。

ぼた餅とおはぎ以外にも呼び方があるってホント?

餅つき

出典:photo AC

ぼた餅とおはぎ、それぞれに違いがあるものの、どちらも食べる時期は春と秋だけではありませんよね。

実は夏と冬の呼び名もあり、夏に食べるものを「夜船(よふね)」、冬に食べるものを「北窓(きたまど)」と呼び、もちのつき方に由来しています。

お餅と言えば、杵(きね)と臼(うす)を使って、ぺったんぺったんとつきますよね?

また、つくときには「よいしょ」「よいしょ」など、餅をつく人と餅を混ぜる人が、掛け声をかけることもあり、餅をつくときには音がします。

しかし、ぼた餅やおはぎを作るときは米を麺棒やすり棒でつくだけで、普通の餅をつくるときと比べて音がしません。

そのため、ぼた餅やおはぎをつくるために米をついても、ご近所さんに気付かれることがないことから「つき知らず」と呼ばれているのです。

そこから、夏の夜に船が港についても気づく人が少ないことから「着き知らず」、冬の空に星は輝けど月が北の空に光り輝くことはないことから「月知らず」と、季節感あふれる違いに、とんちのエッセンスを感じさせるような呼び方になっていったとのこと。

由来を知ると、なかなか奥深いですよね~。

いかがでしたか?

これまで説明した以外にも地域性が関係するなど、諸説あるぼた餅とおはぎ。

見た目はシンプルでも、かなり奥深い和菓子と言えますね。