知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

美容院と理容院、ぶっちゃけその違い説明できますか?

time 2018/02/10

「美容院と理容院の違いって何?」と質問されたとしたら、どんな風に説明しますか?

思い当たる説明と言えば、「赤・白・青の三色のくるくる回るヤツ(サインポールという名前だそうです)があるのが理容院で、ないのが美容院」や「床屋さんや散髪屋さんという別名があるのが理容院で、ないのが美容院」「男の人が行くのが理容院で、女の人とオシャレな男の人が行くのが美容院」といった感じでしょうか。

本当のところ、違いは何なのか、これを読めばスッキリすること間違いなしです!

sponsored link

美容院と理容院の違いって?

大きな違いは、美容院と理容院では「できることが違う」ということ。

具体的に「美容院でできること」と「理容院でできること」を見ていきましょう。

ハサミ
出典:photo AC

美容院は、「美容」つまりパーマをかけたり、髪を結ったり、お化粧をしたり・・・といった、見た目を美しくするための場所で、美容師法により規定されています。

対する理容院は、「理容」つまり髪を切ったり、刈り込んだり、顔を剃ったり…といった、見た目を整えるための場所で、理容師法により規定されています。

と、ここまで読むと、「あれ?美容院では髪を切れないの?」と思う方も多いでしょう。

「美容」には「髪を切る」という文言がないのですが、厳密に言うと「女性の髪を切る」ということはOKなのです。

となると、美容院と理容院との一番の違いは、そう、「顔を剃る」というところ。

そういえば、小さい頃、父に連れられて理容院で髪を切った際、父が理容師さんに「しばらく髪を切らなくてもいいように、短く切っちゃって!」と言ったため、スカートを履いているから辛うじて女の子とわかるかなー、というほど短く切られたのですが、襟足の部分に残る産毛の部分に、生暖かい液体を刷毛で塗られ、カミソリで剃られた、くすぐったいけどサッパリして気持ち良かった記憶がよみがえってきました。

カミソリ
出典:photo AC

よく考えてみると、美容院に通うようになり30年ほどになりますが、今までお世話になった美容室では、どんなに髪を短く切ろうとも、襟足に産毛が残っていようとも、このカミソリで剃るということをしてもらったことがありません。

つまり、理容院ではカミソリを使って顔や襟足を剃ることができても、美容院ではカミソリを使うことはできないのです!

これが最大の違い、というわけです。

また、美容院では「女性の髪を切ることはOK」と述べたのですが、裏を返せば「美容室では男性の髪を切ることはNG(厳密に言うと、美容室ではパーマに付随するカットはOK)」ということ。

しかし、実際には男性も美容院で髪を切っていて、特に都会では当たり前の光景で、「法令違反だ!」と、特に取り締まりをすることはなかったのですが、地方に行くと取り締まりをしているところもあったりしました。

しかし、女性の髪は切れるのに、男性の髪を切れない、という風に区別する意味もあまりないこともあり、2015年に「美容院でも男性の髪を切ってもOK」と変更されたそうです。

美容院と理容院、なぜ区別するようになったの?


椅子
出典:photo AC

美容院と理容院を区別するようになったのには、文明開化が大きく影響しているようです。

文明開化の前といえば、そう、武士の時代。

男性の髪型と言えば「ちょんまげ」でした。

しかし、武士の時代から近代日本に移り変わると、「散髪脱刀令」という法令が出されたことで、「男性は髪型を自由にしてもいいよ」と、ちょんまげ以外の髪型が許され、「髪を切る」ことを仕事にする理容師さんが生まれました。

一方、女性は今と違い、基本的には長い髪を結うのが一般的という時代でした。

そのため、「理容師さんは髪を切る人」「美容師さんは髪を結う人」という住み分けとなったのです。

時代が変わり、髪は切るだけではなく、パーマをかけたり染めたりと、より美しい髪になるための技術が進化してきたため、髪を結うだけだった美容師さんが、パーマや毛染めといったことをする人になってきました。

さらに時代が進むと、髪に美しさを求めるのは女性だけでなく男性まで広がり、理容院と美容院でできることを大きく見直すことになり、最終的には「カミソリを使えるかどうか」の違いくらいになったのです。

以前テレビで見たことがあるのですが、理容師さんになるためにはカミソリの技術が必要となるため、風船を使ってカミソリで剃る練習をしていました。

確かに、顔剃りで失敗して顔から流血・・・なんて事態を避けるためにも、技術が必要というわけですね。

あと書き

理容院と美容院の違いがわずかとなった今、理容院の数はどんどん減っているそうです。

平成28年3月末現在、厚生労働省の発表によると、美容院が全国で約24万軒あるのに対し、理容院は約12万軒と約半分。カミソリの技術の持ち主が減っているなんて…(涙)。

あの気持ちよさを経験した私にとって残念な限りです。

最近では「女性の顔剃り、やってます」なんてのぼりを掲げる理容院も出てきて、女性客の取り込みも始まっています。

大人になると理容院に通うことは少し敷居が高いですが、あのカミソリ技を楽しみに、ちょっくら理容院に行ってみようかな、と思います。

理容師さん、待っててね!!!

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中