待ちに待った赤ちゃんの誕生!

生まれたばかりの頃は、赤ちゃんはお腹がすいたら母乳またはミルクを飲んで大きくなりますよね。

5~6か月経って、少しお世話に慣れてくると、そろそろミルク以外の飲み物も与えてみようかなと思うかもしれません。

そんな時、冷たい飲み物って飲ませてあげてもいいんでしょうか?

氷入りとまではいかなくても、冷蔵庫で冷やした飲み物なら大丈夫なのかな??

少しずつ飲ませてもいいのか、先輩ママさんや専門の方の意見をみてみましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんに冷たい飲み物はいつからあげていい?

結論からいうと、

「1歳未満くらいまでの赤ちゃんには、冷たい飲み物はあげない方がいい!」

だそうです。

赤ちゃんと飲み物

出典:photo AC

赤ちゃんは、消化器官がまだ十分に発達していないため、冷たい飲み物は刺激物になってしまいます。

夏の時期や、熱が出てしまったときなど、汗をたくさんかくときは、体温と冷たい飲み物の温度差が大きくなるので、さらに赤ちゃんの胃腸に負担がかかってきます。

ひどいときは、下痢をおこしてしまうかもしれないとか。これではかわいそうですよね・・・。

冷たい飲み物を飲んでも大丈夫なのは、離乳食がすすんで、胃腸が発達してくる、1歳以降くらいが目安だそうですよ。

1歳半近くなる頃には、かき氷くらいの細かい氷も2~3口食べられるようになります。

大人は、暑い時に冷たい飲み物を飲むと気持ち良く感じますが、赤ちゃんが同じように感じることはないので、注意してあげましょうね。
spondored link


離乳食前の赤ちゃんってどんな飲み物がいいの?

それでは、離乳食が始まる前の月齢の赤ちゃんには、どんな飲み物をあげるといいんでしょうか。

大切なのは、常温の飲み物をあげることです。

母乳は、お母さんの体から直接出てくるので、体温と同じくらいの温かさがありますよね?

なので、赤ちゃんが安心できるし、胃腸にも負担がかかりません。

粉ミルクをあげる時も、飲ませる前に手の甲にミルクを少し出してみて、熱いと感じないか確かめるといいでしょう。

哺乳瓶

出典:photo AC

母乳やミルク以外では、湯冷ましや赤ちゃん用の麦茶などもいいですね。

大人用の麦茶は、赤ちゃんには味が濃いので、薄めてあげてください。

これらは、必ず飲ませなくてはいけないものではないですが、離乳食スタートに向けて味覚を慣らしていくのにいいかと思いますよ。

もし、ペットボトルの水や、ウォーターサーバーの水を直接飲ませる時は、必ず「軟水」を選びましょう。

水道水と同じ種類の水です。カルシウムやマグネシウムを多く含む「硬水」は、大人でも下痢を起こすことがあるので、赤ちゃんには向きません。

よく、水分補給のためとうたって、スポーツ飲料に似た赤ちゃん向けイオン水などが売られていますよね。

これは、糖分がものすごく多く入っているので、あまり飲ませない方がいいかと思います。

あくまでも、病気の時などの緊急事態に備える程度にしましょう。

【あと書き】

この記事を書いていて、娘が赤ちゃんだった時を思い出し、久しぶりに育児ノートを引っぱり出してみたんです。

離乳食を始めるまでは、ごくたまに麦茶も飲ませましたが、ほとんどミルクばっかり飲ませていたことがわかりました。

春生まれということもあり、冷たい飲み物はやはり1歳過ぎてから与えていたという記録がありました。

離乳食前までは、母乳やミルクで栄養が十分取れます。お母さんとの肌のつながりを赤ちゃんに感じてもらえるように、飲み物の温度も気をつけてみてくださいね。