赤ちゃんは、お肌も身体もとってもデリケート!

まだお話ができず、暑い・寒い・痛いなど、自分の状態を口で教えてくれることはできないし、体温調整もできないから、大人が気をつけてみてあげる必要がありますね~。

毎年夏になると話題になるのが、冷房について。

今年も、「猛暑日」、「危険な暑さ」なんて言葉を何度も耳にしていますが、夜寝る時はエアコンのタイマーをかける、なんて人も多いのでは。

でも、寝苦しくなって夜中に目が覚めることもありますよね。

それでは、赤ちゃんにとって、夜冷房をつけっぱなしにするのは問題ないのでしょうか?

風邪引いたらどうしよう?

でも熱中症も気になる・・・。

ん~いろいろと悩みますね。

スポンサーリンク

赤ちゃんが夜寝る時、冷房はつけっぱなしにしてもいい?それともダメ?

出典:photo AC

夜寝る時、冷房をつけっぱなしにするかどうかについては、賛成、反対ともに意見があります。

赤ちゃんの健康状況などによって変わると思いますが、双方の意見はを簡単にまとめてみました。

冷房をつけっぱなしにしてもOKという意見

・背中などにあせもができてしまうから涼しくしてあげたい。
・アトピー性皮膚炎を持っている赤ちゃんは、汗をかくと悪化してしまう。
・寝苦しくて、夜起きてしまって寝不足になってはかわいそう・・・。

冷房のつけっぱなしはダメ!という意見

・風が通る部屋で、室温を27度くらいに保てるのなら、つけなくても涼しい。
・赤ちゃんの汗腺は、3歳までが最も発達するので、汗をかく時間も少しあった方がいい。

どちらの意見も状況によっては正解ですし、そうでない場合もあるでしょう。

大切なことは、必ず赤ちゃんの様子を見ながらこまめに対応してあげることではないでしょうか。

エアコンをつけっぱなしにする時、気をつけることは?

エアコンをつける

それでは、エアコンをつけっぱなしにする時には、どのような点に気をつけるといいのでしょうか。

エアコンの設定温度ではなく、実際の室温を確認する!

エアコンの設定温度と室温は、必ずしも一緒になるとは限りません。

最適な温度は28℃と言われていますが、赤ちゃんの様子を見ながら調節してあげましょう。

湿度は40~60%くらいに保つ!

赤ちゃんだけでなく、大人にとってもこの位の湿度が快適に過ごせます。

エアコンの除湿設定をうまく使って湿度をコントロールしましょう。

エアコンを使っていると、空気が乾燥するため、必要に応じて加湿器を使うといいでしょう。

エアコンの風を身体に直接当てない!

エアコンの風が、直接身体に当たってしまうと、赤ちゃんの体温はどんどん奪われてしまいます。

冷たい風は、上から下へ流れるので、エアコンの風向を上向きにして、扇風機で室内に空気を循環させるといいですね。

朝と夕方、部屋の空気を入れ換える!

エアコンをつけるときは、部屋を閉め切ってしまいますよね。

これって、かなり部屋の空気が汚れる原因です。

なので、朝と夕方それぞれ5分ほどでいいので、窓を開けて空気を入れ換えましょう。

フィルターをキレイに保つ!

エアコンの掃除

汚れやホコリがフィルターについたままだと、それが室内に広がってしまい、赤ちゃんが体調を崩す原因になります。

こまめに掃除するようにしたいですね。

最近では、エアコン内部のフィルターの汚れを軽減するタイプの外付けエアコンフィルターなどを使うと便利かもしれませんね。

赤ちゃんの様子に気を配る!

睡眠中の赤ちゃん

これがイチバン大切なことですね!

赤ちゃんが熱く感じてるか寒いと感じているかを見分けるポイントは、ワキ下のリンパ・背中・お腹・首などを触ってみることです。

汗をかいていたら、肌着を替えて温度を調節しましょう。

冷たかったり、血色が悪かったりしている時は、身体が冷えてしまっているので、冷房を切る・もう1枚着させる・タオルケットをかけるなどの手段をとりましょう。

エアコンをつけない場合に注意することは?

それでも、やはりエアコンはあまり使いたくないわ・・・という人もいるので、エアコンをつけない場合に気をつけたいことを考えてみましょう。

熱中症にならないように気をつける!

赤ちゃんは、大人よりもずっと熱中症にかかりやすいです。

これは大人に比べて体が小さいため、体に熱がこもりやすいのです。

また、体温調節機能が未発達なため、熱を体外に排出することが難しく、体温がどんどん上がってしまいます。

寝ているときは、特にその症状に気づきにくいので、注意が必要です。

寝る前に、ミルクや水、お茶などで、水分を飲ませてあげましょう。

汗をかいたらシャワーを浴びさせる!

ぬるい温度のシャワーを浴びると、身体の表面の熱が逃げていきます(気化熱)。

それと同時に、あせもを防ぐ役割もあるので、こまめにシャワーを浴びさせてあげたいですね。

いろいろなグッズを使う!

今や、ドラッグストアや百均に行くと、様々な「ひんやりグッズ」が売っていますよね。

例えば、汗取りシートやひんやりシートは、汗をかいたらすぐに使えるので、外出先でも便利ですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小林製薬 熱さまシート こども用 12枚+4枚
価格:378円(税込、送料別) (2018/7/20時点)

また、ベッドの敷きパッドを、夏用のさらさらしたものに替えると、とても気持ちがいいですよ。

冷却ジェルが入った赤ちゃん用枕を使うのもいいですね。この枕を使うときは、首や脇の下に置くと効果的ですよ!

【あと書き】

大人と同じように、赤ちゃんにとっても快適と思う室内環境はその都度変わってきます。

娘が赤ちゃんだったとき、同じ部屋にいたお友達の赤ちゃんとお昼寝していたら、お友達が暑がってぐずっていた…なんてこともありましたね~。

娘は爆睡していたんですけどね。

赤ちゃんが快適と思う室内環境をしっかり作ってあげて、気持ち良く夏を過ごして下さいね!