梅雨時に咲く花と言えば、紫陽花(あじさい)ですよね。

ちなみに北海道では夏に咲いていて、秋の花の代表であるコスモスと紫陽花が一緒に咲いている、なんていうこともあります。

ちょっと話がそれてしまいましたが、紫陽花は色が変わるっていうことをご存知でしょうか?

花が好きな人からすれば、一般常識なのかもしれませんが、恥ずかしながら、私、紫陽花と言えば「青か紫」というイメージしかありませんでした(汗)。

別名「七変化」、花言葉は「移り気」というほど、色が変化する紫陽花。

紫陽花の色が変化するメカニズムを解明し、白に保つ方法をお伝えします!

スポンサーリンク

紫陽花は色が変わる!白を保つには?

白いアジサイ

出典:photo AC

さまざまな色に変化する紫陽花ですが、なぜ色が変わるのかのメカニズムを知ることで、白を保つことが出来ます。

紫陽花の色を左右するのは、土の酸度です。

「酸度」というと、難しく感じるかもしれませんが、簡単に言うと土が酸性かアルカリ性か、ということ。

日本は1年を通して比較的雨の多い国ですが、この雨は「酸性雨」という言葉でもわかるように、酸性です。

酸性の雨が降れば、おのずとその雨をため込む土壌は酸性となるわけです。

土

出典:photo AC

この酸性の土壌にアルミニウムがイオンとなって溶け出して「アルミニウムイオン」となるのですが、このアルミニウムイオンが紫陽花の持つアントシアニン色素や補助色素と結びつき、青色に発色します。

つまり、酸性の土壌が多い日本では、アルミニウムイオンが土中に多く含まれるから、青色の紫陽花が多い、というわけ。

私が「紫陽花と言えば青か紫」というのも、間違いではなかったようです(ちょっと安心)。

「あじさい」を漢字で書くと「紫」が入るのも、日本のあじさいが青や紫が多いから、ということなのかもしれませんね。

反対に、アルカリ性の土壌では、アルミニウムがイオンとなって溶け出しにくいので、アントシアニン色素と結びつけず、ピンクに発色します。

そのため、アルカリ性の土壌が多いヨーロッパでは、紫陽花といえばピンクや赤紫が多いそうです。国によって、同じ花でもイメージが違うんですね。

ちなみに、酸性の土壌でピンク色の紫陽花を育てると、花は青みを帯びた紫色になり、アルカリ性の土壌で青色の紫陽花を育てると、赤身を帯びた紫色の花になるのだそうです。

メカニズムを知ったところで、本題の「紫陽花の色を白く保つ」方法ですが、実は白い紫陽花には、色をつけるアントシアニン色素がありません。

だから、土が酸性であってもアルカリ性であっても実は関係がないので、「白い紫陽花が欲しい」と言う方は、白い品種の紫陽花を選びましょう!

白い紫陽花なのに、色が変わるときがあるの?

白い紫陽花を買ったのに、色が変化してしまった・・・。

そんな方がいらっしゃるかもしれません。

「白い紫陽花は、土壌の酸度は左右しないんじゃないの!?」と思いますよね?

確かに、土の酸度が左右したためではないのですが、色が変わる理由として考えられることが2つあります。

まず1つ目は、そもそも買った紫陽花が白い品種ではなかった、ということです。

咲き始めは白くても、花が開いていくにつれて色づくものがあります。

なので、「ずっと白い紫陽花がいい」という方は、花屋さんに確認し、白い品種のものを選びましょう。

紫陽花

出典:photo AC

色が変わったもう1つの理由として考えられるのが、白い品種の老化による変色です。

アメリカ紫陽花の「アナベル」や日本紫陽花は、元々は白い品種なのですが、人間と同じく、花にも老化は起こります。

白い花を咲かせていても、アナベルは老化が進むと緑色に変化していき、「花が咲いている」というよりも「葉が茂っている」というような見た目になります。

いったん緑色になってしまうと、残念ですが土を変えようが日を当てようが、元の白い可憐な姿には戻りません。

しかし、緑色のアナベルもまた違った味わいがありますので、ガッカリしないでくださいね。

様々な色で楽しませてくれる紫陽花。梅雨時は雨が続き、気持ちは晴れないことが多いですが、そんな梅雨の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる、色とりどりの紫陽花を育ててみませんか?