知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

貧困女子の実態を探ってみた

time 2015/02/12

最近急増中の貧困女子。
経済的に貧困な女性を貧困女子というそうですが、
具体的にどのような定義でそう呼ばれているのでしょうか。

貧困女子の実態


sponsored link

貧困女子の定義とは?

まず、年収は125万以下で、家賃を引いて、手取りが8万5千以下、
というのが貧困女子の定義だそうです。



1/3の単身女性が今や貧困女子という経済的に不安定な日々といわれています。
手取りから携帯代、食費、光熱費などを引くと、貯金できる金額も残らず、
生活するのに精一杯なのです。


大半が非正規雇用の派遣社員や契約社員であることが
その理由のひとつのようですね。年代も20代から30代の女性が多いようです。


貧困女子の実態は?

貧困女子が送るギリギリの生活、一体どのようなスタイルなのでしょうか。


1日中アルバイトを掛け持ちする人も多く、自分の自由な時間を取ることも
難しいのが実情です。そんな生活をしているのため、生活リズムも不規則になりがちで、
健康状態に不安がある方も多いそう・・・。


美容院も頻繁に行くことが出来ず、半年~1年に1度行く程度。
自分でカットする、という人も多いみたいですね。


また水道光熱費を節約するために、シャワーだけにしているという人も
多いようです。都市ガスはガス料金は安い方ですが、プロパンガスは
毎日お湯を沸かすだけで相当な金額になってしまうのです。


また、結婚観として、結婚願望はあるものの、金銭的余裕がないために
諦めている人や、年収の高い人を探すしかないといった考えも多くあるのが特徴です。
確かに、自分自身が不安定だと、どうしても堅実な将来を望むようになりますよね。



貧困女子におすすめの節約の方法

貧困女子にとって節約は何より大切なもの。
手取りが少ないので、贅沢をすることは出来ません。
そのなかでも一番節約しなければいかないのは食費ですね。

節約


アルバイトなどを掛け持ちしているため、外食やコンビニ弁当などに
頼りがちになってしまいますが、これは食費のエンゲル係数を上げてしまうだけに
なんとか頑張って自炊する時間を見つけてみてはいかがでしょうか。


といっても、帰ってきて疲れている中作りたくもなくなるのもわかります。
私も最初の頃はそうでしたし。。。


なので、おすすめは、1週間の食材を1日でまとめて買って、下ごしらえなども
その日に済ませてしまうこと。頻繁にスーパーなどにいったりすると
余計なものを買ってしまったりしてしまいますからね。


Point Incomeは無料でお小遣い稼ぎができるポイントサイトです。Android/iPhoneの無料アプリDLや、楽天・Yahooなど有名店のお買物でポイントが貯まります。

1週間の食材は、まとめて2000円前後で購入できる!
実は、2000円前後でお弁当も含めて1週間持たせることが可能なのです。
そうすることによって、食費はなんとか1ヶ月1万円以内に抑えることができます。


食べる量によっては、2000円分まで買わなくても
大丈夫なときもあるので、試してみてください。


まとめ買いおすすめの食材は、もやしや卵、鶏肉や豚肉、
冷凍などでほうれん草やブロッコリーですね。
これだけで色々な料理がつくれます。


それでも、料理は面倒という方は、せめてご飯くらいは炊いておくといいでしょう。
まとめて炊いておいて、冷凍庫で保管すれば、レトルトのご飯を買うより全然節約になります。


また、携帯代なども、不要なサービス等はカットして、
無料時間帯に電話するようにしたりすると節約になりますね。


今では、LINEやSKYPEなどの無料電話ツールが多くあるので、
うまく使えば、電話代はそこまでかからないかもしれませんが、
一度、不要な有料サービスに入っていないか見直してみてはいかがでしょうか。


いかがでしたでしょうか。
今、増えている貧困女子の実態をまとめてみました。


ちょっとした工夫で少しでも節約することも可能になります。
塵も積もれば山となる、という言葉もありますので、少ない金額を節約したところで、
とは思わず、続けてみることで思わぬ結果になるかもしれませんので頑張ってください。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中