知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

認知症テストを駆使して認知症予防に役立てよう!

time 2015/01/23

年と共に発症率も高くなるといわれる認知症

高齢化社会が進む今の社会と認知症は切っても切り離せないものです。

65歳以上の高齢者のうち、およそ15%は認知症を発症しているといわれているからビックリしますよね。

そして昨今では、18歳以上65歳未満で発症する若年性認知症も増えてきているという事実も、これまたビックリです。

認知症は、症状が進行して重病化してしまうと、本人も含め家族にも大きな負担をかけてしまうので、重要になるのはやっぱり、早期発見です。

ちなみに、アルツハイマーと認知症の区別がつかない方もいらっしゃいますが、アルツハイマーは認知症を引き起こす原因となるもので、認知症そのものではありません。


認知症のおそれを早めに発見することが出来れば、症状の進行を遅らせることも可能になります。

そこで今注目を浴びているのが、認知症かどうかを診断するための認知症テストです。

認知症

認知症を診断するためのテストとはどのようなものなのでしょうか?

sponsored link

認知症診断に使われる認知症テストは何か?

認知症の診断は、診断内容が医師によって異なってしまうと正しい判断が出来なくなってしまうため、一定の診断を可能にする、ぶれることのない「ものさし」が必要になります。

そこで、1974年に医師である長谷川和夫さんが作成した「長谷川式簡易知能評価スケール」略称「HDS-R」というものが使われるようになりました。

この診断テストを元にすると、精神科でなくても認知症の診断が出来るということで、内科の医師に喜ばれたといいます。

また最近、もの忘れがひどくなったり、記憶力が弱くなったという方にもこの認知症テストがおすすめですよ。

どんなテスト内容なの?
9つの簡単な項目に答えていくもので、その項目の合計点数により、認知症かどうかを診断するものです。

一つ動画を紹介しましょう。



質問内容は年齢や本日の日付、自分が今いる場所や言葉、引き算や野菜の名前など、通常なら答えられるような内容ばかりですが、認知症の疑いがあると答えられない場合などがあるそうです。

認知症の疑いのある有名人は?

芸能界でも認知症の疑いのある有名人が多数いらっしゃいますね。

たとえば、一時期騒がれた「加藤茶」さんとか・・・。

テレビで加藤茶さんを見た視聴者から、以前のような覇気や生気がない、と心配の声が上がっており、認知症の疑いもあるとテレビでもいわれたことがあります。

バラエティに出演の多い「蛭子能収」さんも脳検査で軽度の認知症障害との診断を受け、認知症になる危険性があるといわれています。

そうそう、タレントの「つちやかおり」さんが母親の認知症を明かしたニュースも話題になりましたね。

認知症となってしまった家族を持つ人の苦悩は、想像を超える辛さであることが明かされています。


また、女優の朝丘雪路さんも一時期、認知症を疑われましたが、診断の結果「老人性うつ病」であることが判明しました。

2012年に亡くなられた、森光子さんも晩年は認知症を患っていたようです。

うつ病に似ているといわれる認知症、治療の方法を間違えると悪化の恐れがあるため、自分で判断するのではなく、きちんと病院で判断してもらってくださいね。


認知症のスマホアプリ

芸能界も含め、今や社会的問題となっている認知症ですが、スマートフォンのアプリでも認知症テストが出来るものが増えています。

ここではその一部をご紹介しますね。

iPhone無料アプリ
「HDSRIP」…今回ご紹介した「長谷川式簡易認知機能検査(HDS-R)」が
iPhoneアプリでも無料で販売されています。




アンドロイド無料アプリ
脳トレ楽々50問 高齢者向け…採点機能と時間制限がないので、自分のペースで焦らず楽しく脳トレーニングができます。



抗 認知症 エクササイズ…ゲーム感覚で認知症解消のためのエクササイズが出来ます。


いかがでしたでしょうか。

今や高齢者だけの病気ではない認知症。

早期発見のために認知症テストを受けてみて、認知症の疑いがあった場合は早めに病院に行って、医師の指示を仰いでくださいね。

適切な処置を行えば、認知症を遅らせることはできるのですから。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中