知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

親知らずの抜歯費用はいくら? 【保険なしの場合も紹介】

time 2017/01/12

親知らずが1本以上生えている人の割合は、成人の7割から8割くらいと言われていますが、親知らずは抜いた方がいいと聞いたことはありませんか?

親知らずは、その生え方によって、抜く抜かないが分かれますが、抜くとなったらどのくらいお金がかかるのでしょうか?

「虫歯を治すのも結構お金がかかるけど、親知らずはもっとかかるんじゃないの・・・?」と思う方は多いはず。

今回は親知らずを抜歯するとき、保険証がある場合とない場合、一体どのくらいかかるのか、をまとめてみました。

sponsored link

親知らずの抜歯費用について(保険適用の場合)

まず、保険適用時(保険証を持って行った時)の費用をみてみたいと思います。

  • まっすぐに生えている場合・・・2,000円程度
  • 横向きに生えている場合・・・3,000円程度
  • 歯茎に埋まっている場合・・・4,000円程度

この場合の支払いは、いわゆる3割負担ですね。

ただ、見ての通り親知らずの生え方によって、費用が若干変わってきます。


出典:photo AC


またこれとは別に、以下の費用がかかる場合があります。

  • 歯石を取る・・・3,000円程度から(歯石が多いと、回数が増える)
  • レントゲン撮影・・・1,500円程度
  • CTレントゲン撮影・・・3,000円程度
  • 初診料・・・700円程度
  • 再診料・・・140円程度
  • 薬代
  • 消毒代・抜歯代・処置料など

まっすぐ生えていれば、親知らずを抜くのもそれほど時間はかかりません。

でも、歯茎に埋まっている場合は、まず歯茎を切ってから親知らずを砕いて取り出すという処置が必要なこともあります。

私が以前、親知らずを抜いた時にはまさにこの処置が行われ、時間もお金もかかりました。

また、抜歯した時の腫れや痛みが数日続くので、仕事や学校などの調整も必要になってきます。

親知らずの抜歯費用(保険を使わない場合)

保険証がない場合の治療費は全額自己負担になります。

そのため、上に書いた金額より、それぞれおよそ3倍強の金額がかかってきます。

具体的には10,000円~20,000円程度かかるため、結構な金額になりますね・・・。

また、親知らずの抜歯でも、例えば、あごの神経近くまで届いている場合や、深く埋まっている場合、全身疾患がある方、上下左右4本同時に親知らずを抜く場合など、難易度が高い場合には入院が必要なケースがあります。

入院する場合、局所麻酔なのか全身麻酔、入院期間によって費用が大きく変わります。

例えば、全身麻酔で抜歯する場合の麻酔費用は、保険適用でも30,000円程度、これに入院費用や抜歯費用が加わり、トータルでは70,000円~80,000円程度かかります。

※入院費用は平均的に1日1万円程度かかります。

これが保険を使わなかった場合には、10万円を超える金額がかかります。

もちろん、治療を受ける歯科や病院によっても金額が異なりますので、あらかじめかかる費用を確認しておきましょう。


親知らずは抜くべき?

親知らずの生え方で処置方法は変わってきますが、なかには抜歯しなくてもいいこともあります。

例えば、こんな場合は抜かなくても良いとされています。

  • 上下の親知らずがまっすぐ生えていて、しっかり噛めている(虫歯や歯周病になっていないことが前提)
  • 親知らずの手前の歯の神経がないとき(親知らずの手前の歯が割れてしまい、抜かざるを得なくなった時に
    矯正や歯を移植して、親知らずを手前の歯として使えるようにすることがある)
 
ただ、親知らずは、抜いた方がいい場合が圧倒的に多いです。

その理由は・・・

  • 隣の歯が虫歯になってしまう(汚れがたまりやすいため)
  • 親知らず自体が虫歯になって、痛みが出る
  • 歯ぐきが腫れて、痛みが出る
  • 口臭の原因になる
  • 前の歯を押して、歯並びが悪くなる

逆にいえば、親知らずを抜いてしまえば、それだけ虫歯ができにくくなりますし、歯や歯ぐきに痛みが出る可能性も低くなります。

私の場合もそうでしたし、周りの友人の話しでも、「親知らずは虫歯になりやすい」というのが定説です。

一番奥に生えているだけで磨きづらいですしね。

そういう意味では、生え方に問題ない場合をのぞいて抜いておいたほうが良いと思われます。

あと書き
私は数年前、左下と右上の2本の親知らずを抜きました。

抜いた時は食事もとれず大変でしたが、今では抜いておいて良かったと思っています。

虫歯のリスクが減ったのがイチバンよかったですね。

お金はかかりますが、自分の歯と長くお付き合いすることはとても大切です。

親知らずがある人は、歯医者さんで一度相談してみてはいかがでしょうか。

最適な処置方法を教えてもらえると思いますよ。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中