知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

今さら聞けない!秋雨前線と梅雨前線にはこんな違いがあった!?

time 2015/08/05

毎日、会社の通勤前に、洗濯物を干すのが日課なのですが、
最近の天気予報を見たら[曇りのち雨]が1週間程続いています・・・。


梅雨のでもないのになんで夏にこんなに連続して雨が降るの!?と、
イライラしながら調べていたところ、1週間連続で雨が降る原因は
秋雨前線が原因ではないかという事が分かりました。


秋雨前線??

確かに、秋雨前線って聞いた事はありますが、
そんな連続して雨を降らす原因の前線でしたっけ?

雨


sponsored link

秋雨前線とは?

秋雨前線とは毎年9月上旬から10月中旬頃に、日本の南岸沿いに出現する前線のこと。
北から出現し次第に南下して消滅するのですが、日本の南岸沿いに停滞すると
秋の長雨をもたらしたり、台風の影響が加わると大雨になる事もある前線です。



秋雨前線は、「秋の長雨」「秋霖(しゅうりん)前線」という別名もあります。


秋雨前線は、9月~10月中旬に発生するのが普通ですが、
最近では8月下旬あたりから、発生して雨を降らせることも多いのです。


気象学の、とある名誉教授は「8月下旬に秋雨前線あることは異常だ」と言っていましたが
温暖化が原因なんですかね~。でも、この秋雨前線ってどんな特徴をもっているのでしょう?





秋雨前線の特徴

秋雨前線の一番の特徴は、寒気の影響で、冷たい弱い雨を降らせる事だそうです。
大気が不安定になると積乱雲を発生させ、積乱雲発生後、短期間に
50mmを超える大雨を降らせる可能性があるのが秋雨前線の特徴です。


また、秋雨前線が問題視されているのが、秋雨前線が停滞しているところに
台風が近づいてしまうと、前線が活発になってしまい、大量の大雨を降らせることや、
まれに、竜巻を起こしてしまうこともあるので、常に秋雨前線の動きに注意しないといけません。


この特徴を考えれば、近年8月下旬に日本各地で発生した
大雨の原因は、秋雨前線だと分かりますよね。


また、秋雨前線が消滅すると、寒気が入り込む事で気温が急激に下がります。
「秋雨前線が消滅する=気温が下がる」という事は、冬に近づくという事ですね。


では、この秋雨前線と、6月によく聞く「梅雨前線」はどう違うのでしょうか?



秋雨前線と梅雨前線の違い

暖かく湿った暖気と冷たく乾いた寒気がぶつかって出来る前線という点では、
秋雨前線と梅雨前線は同じですが、両者の違いは大きく分けて2つあります。


1つ目の違いは、この2つの前線を比べると梅雨前線の方が勢力が強いこと。
梅雨前線の方が勢力が強いので、「梅雨入り」や「梅雨明け」という区切りの言葉があるくらいです。
一方の秋雨前線は勢いが弱く、比較的小規模のため区切りの言葉はありません。


2つ目は、雨量が多くなる地域が異なることです。
一般的に、秋雨前線は北から南下してきますので東日本ほど雨量が多くなります。
逆に、梅雨前線は南から北上するので西日本の方が雨量が多くなります。


似たような前線ですが、実はこんなに違いがあるんですね。
いずれにしても、この2つの前線があるとき、雨量には注意しないといけませんね。


皆さんも、今も不安定な天気ですから、
毎日の外出にはぜひ折りたたみ傘を持って行ってくださいね。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中