知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

瞑想の効果をしっかり実感するために絶対押さえたいこと!

time 2017/04/09

これを読んでいる方は、おそらく誰もが毎日の生活に手一杯!と思っているのではありませんか?

時間がいくらあっても足りない、気持ちのゆとりが持てないと嘆く人も多いはず。

私も、仕事をしながら小さい娘の子育てをしているので、ゆっくりとした自分の時間がなかなか取れません。

休日も娘に振り回されて過ぎていくので、体調管理が難しいと感じることが増えましたしね。。。

そんな疲れやストレスを発散できる方法が、自宅で実践できたら嬉しいですよね。

先日、友人とこの話題について話していたら、「瞑想(めいそう)がいいらしいよ」と教えてくれました。

詳しく聞く時間がなかったので、どんな効果があるのか、方法はどのような流れなのか調べてみることにしました。

sponsored link

瞑想をすることで得られる効果・メリットとは?

そもそも、瞑想とは何なのでしょうか。

それは・・・

「1つのことに集中する訓練を行うことで、それ以外の思いが出なくなり、雑念が無になる」

ちょっと分かりにくいかも知れませんね。

簡単にいうと、

「何も考えない」

これがすごく大事なことなんですよ。


出典:photo AC

何も考えないことにより、精神のメンテナンスになり、次のような効果が得られるといわれています。
  • 頭の中がスッキリする!
  • 気分をリセットできる!
  • 集中力が上がる!
  • イライラしにくくなる!
  • 不安やストレスが少なくなる!(うつ病や摂食障害にも効果あり)
  • 体がリラックスする!

実はこれらの効果が出るのには、自律神経が関係しています。

瞑想をすることにより、心身が緊張した状態(交感神経優位)からリラックスした状態(副交感神経優位)に戻ることができるのです。

瞑想の効果を実感するために注意することとは?

では、効果を少しでも多く実感するには、どのように行うといいでしょうか。
 
まず、安定した場所に座ります。静かな部屋の中で、あぐらでも正座でも、椅子に座っていても構いません。

とにかくリラックスできて、長時間座れる体勢を見つけましょう。


出典:photo AC
 
そして、瞑想でイチバン大事なことは「呼吸を観察すること」です。
 
ポイントは自分の鼻呼吸にひたすら意識を集中させること。

その他のことは、瞑想をしている間は忘れましょう。

腹式呼吸をすると、効果が現れやすいといわれています。

最初のうちは、他ごとが気になってしまうでしょうが、思考→呼吸→思考→呼吸を繰り返していくうちに、何も考えない状態が自然にできるようになりますよ。

瞑想を行う時間は、15~20分位がベストです。

時間帯は、自分の生活の中でリラックスできる時間を選んで行うのが最適です。

始めたばかりの頃は、5分位でも構いません。

 
呼吸法が難しい・・・と感じたら、この動画を参考にするのもいいでしょう。

ぜひ目をつぶったまま聞いてみてくださいね。

すーっと呼吸するのが楽になってきますよ。



動画にもあるように、呼吸を観察し、ゆっくりと深い呼吸をすることによって、心身を落ち着いた状態へ導けることでしょう。


あと書き
最近では、あのGoogleも瞑想を取り入れており、5000人以上の社員が取り組んでいるといわれています。

それだけ瞑想の効果を実感する人が世界的にも増えてきているのですね。

人間の基本である呼吸が、瞑想で重要とされていることが良く分かりました。

心にゆとりがないと、呼吸に目を向ける余裕が持てないですからね。

1日5分程度から始められるのなら、寝る前に行うのもいいと思うので、これからは寝る前の瞑想を習慣づけられるようにしていこうと思います。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中