春といえば「桜餅」が有名ですよね。
実はこの桜餅、2種類あるのをご存知ですか?

関東と関西では、桜餅の種類が異なるのです。
そんな桜餅の起源や歴史、関東と関西では何が違うのかを
今回はご紹介しますね。

桜餅

スポンサーリンク

桜餅の誕生は江戸時代?桜餅の歴史、起源とは?

桜餅というのは、塩漬けした桜の葉でお餅を包む和菓子ですよね。
この桜餅、江戸時代に、向島にある長明寺というお寺の門番をしていた
新六、という人が考えたものなのです。

新六は、春になると桜の葉の掃除に苦労していました。
そんな時、桜の葉をなんとか利用できないものかと考え、
塩漬けした桜の葉でお餅を巻いて売り出したところ、大好評!

こうして、桜餅は生まれました。

関東と関西で違う桜餅とは?

桜餅は、大きく分けて2種類あります。
関東と関西地方で異なる2種類の桜餅の特徴をご紹介します。

関東の桜餅
小麦粉を水で溶き、平鍋で薄く焼いた生地で餡を包んだものを
桜餅といい、「長明寺餅」と呼ばれています。

関西(山陰)の桜餅
小麦粉ではなく道明寺粉で生地を作ります。
道明寺粉とは、千年以上前に大阪の道明寺が発案したものです。

餅米を蒸し、干して乾燥させてから粗く挽いたもので、
兵糧という保存食や携帯食として用いられていたもの。

その道明寺粉で作った生地に餡を包んだものを、関西、
山陰では桜餅といい、「道明寺」という名前で呼ばれています。

桜餅に使う葉っぱはどうやって塩漬けするの?

桜餅に使う葉っぱは、春のうちに若葉を塩漬けにします。
桜の若葉を1%ほどの食塩水で1~2分煮て、水洗いしたと、
10枚を1束とし、塩と交互に漬け込んだ後、重石を乗せて置きます。

桜餅の葉っぱは食べる?食べない?

塩漬けにされた桜の葉っぱを食べるか食べないかは、好みが分かれるところですね。
桜の葉を食べても食べなくても、マナーとしての決まりは特にありません。

ただ、道明寺などは桜の葉がしっかりとくっついていて取りにくい、
という理由などもあり、食べる、という人が多いようです。

また、桜の葉の塩気が包まれている餡の甘さを際立てる、という理由から
食べる人や、塩気がダメで食べない、という人もいます。でも、
使われている桜の葉は食べられるものなので、食べても全然問題はないですよ。

実は他にもある、桜餅のバリエーション。
一般的には、長明寺餅と道明寺の2種類ではありますが、他の桜餅も存在します。

「長八さくらもち」
こちらは伊豆で作られているという、さくらもちです。

米粉と餅粉を混ぜて作った皮で、粒餡を大福のように包んだものと、
上新粉で作った皮でこし餡をふたつ折りに包んだものの2種類あり、
どちらも伊豆で作られた塩漬けの桜の葉を、2枚使用して中身をほぼ完全に包んでいます。

「ひとひら桜餅」
鎌倉のふたつ折りの桜餅です。
小麦粉と白玉ミックス粉を使用して作った薄皮で、
こしあんをくるんだちょっとオシャレな桜餅です。

いかがでしたでしょうか。
春といえば桜餅。

お花見やお茶のお供に、是非、桜餅を食べてくださいね。