知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

有給休暇って買取してくれるの?(退職のとき)

time 2017/08/26

あれはまだ、私が会社勤めをしていた20年ほど前のこと。

取引先の人から「3月末付で退職します。ただ、有給が残っているから、会社に出てくるのは2月末までなんです」とのことを聞き、「私も退職するときはたんまりとたまった有給を使ってから退職しよう」と考えていました。

が現実はというと・・・、

退職することも言い出しにくい状況なのに、「これまで使ってなかった有給を一気に消化します!」なんてことはもってのほか・・・。

結局、残った有給はそのまま消滅し、退職日までキッチリ勤め上げました。

私が取れなかった有給は、「なかったことに」なったのですが、私が「有休を使えずに会社のために最後まで働いたのだから、買い取ってください!」ということは可能だったのでしょうか? 

sponsored link

有給休暇って買い取ってくれるの?

そもそも有給休暇って何でしょう? 

簡単にまとめると、「いつも働いてくれてありがとう。いつもの休み以外に休みをあげるから、体の疲れをとって、これからも働いてね」と、会社が従業員に約束しているもの。

どれくらい会社で働けば、どれくらいの有給休暇がもらえるか、ということは会社の就業規則に記載されています。


出典:photo AC

これに対して、有給休暇の買い取りとはどういうことなのでしょう? 

これも簡単にまとめると、「休みの代わりにお金を払う」ということです。

これだけでは少しわかりずらいので、少し具体的な例を1つ。

従業員が会社に「有給休暇を取ります」と申請したとしましょう。

会社から「有給休暇か・・・。お金を払うから、有給を取らずに我慢して仕事してね」というのが有給の買い取りになります。

spondored link
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-6071578358787738"
data-ad-slot="2612958156">


この2つを比較すると、とても矛盾していますよね。

有給休暇の買い取りって、本来の有給休暇の目的を逸脱していますよね。

ですから、原則として「有給休暇の買い取りは認められない」、ということになっています。

買い取りが認められる例外ってあるの?

先ほど「買い取りは原則認められない」と言いましたが、例外があるのでしょうか?

はい、あるんです。

まとめると以下の3つです。

①労働基準法で決められている有給休暇の日数よりも多く有給をもらっている場合
②有給の時効である2年間が終わるまでに、有給を取れなかった場合
③退職に伴い、残っている有給を使いきれない場合

③の例外を見る限り、私が退職したときのケースを見ると、買い取りしてもらえるように思いますが、ここで少し注意が必要なのが、この例外は法令上定められたものではなく、任意的なものということ。

つまり、企業の判断となるわけです。

もう少しわかりやすく説明を・・・。

会社の都合で退職することになったとします。

しかし、会社側から「引継ぎのために、退職日まで出社してほしい」と、会社から言われた退職日まで休みなく働くことになり、有給休暇を取ることができない場合には、会社側から「こちらの都合で退職だし、有給休暇も取得できないのだから、有給を買い取ります」ということもあるようです。

ただ、この場合の買い取りも会社の就業規則に記載されていると思いますので、確認は必要になりますね。

いずれにしても、退職を決める前に就業規則をしっかり読むことをお勧めします。


出典:photo AC

あと書き

退職することになったものの、縁があって働いてきた会社と一緒に仕事をしてきた仲間たちです。

「立つ鳥跡を濁さず」。次のスタートを切るためにも、スムーズな退職を目指しましょうね!

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中