知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

春財布はいつ買えばいいの?いつから使う?

time 2015/11/28

なんだか理由はわかりませんが、私の場合、毎年お正月になると財布を買いたくなるようです。

単純にお正月にセールやってるからってだけなんですけどね~。

今日は、お正月に財布を買うなら、知っておきたい「春財布」の情報をまとめてみました。

財布


sponsored link

春財布とは

「春財布」といわれる所以は、財布の買い替えには春が最適の季節とされているっていうのがあります。

財布が張って(膨らんで)お金がたくさん入るという意味から「張る財布→春財布」って、なんだかダジャレみたいですが・・・。

とにかく俗に金運を呼び込むと言われ縁起が良いとされていることから、財布を買い替えるなら春がいいとされています。


春財布はいつ買えばいいの?

◎購入時期
春財布はいつ買ったらいいか。せっかくなら最も効果のある買い方したいですよね。ところが買う時期についてはいろんな説があるようです。


  • 1月から3月の節句説
  • 12月20日~2月17日の立春前説
  • 新春(1月)から立夏(5月初旬)まで説

ということで、全部が網羅されてる1月1日~2月17日の間に買っておけば間違いないのではないでしょうか。



◎使用開始時期
財布を買ったからといってすぐに使い始めてはいけません!カレンダーを見て財布を使い始める日を決め、その日までは大事にしまっておきましょう。財布を使い始めるのに適している日を選ぶ要素は次の通りです。

  • 寅の日:黄色の縞模様の虎は金運の象徴。トラは一瞬で駆けて一瞬で戻ってくることから、出たお金が戻ってくると言われます。
  • 巳の日:財産の神様、弁財天様の使いの白蛇(巳)により願い事が弁財天様に届けられるという日。巳の日には数回に一度弁財天様の縁日である“巳巳(つちとみ)の日”があり、金運に最も効果のある開運日の一つとされている。
  • 大安 :何事においても吉日。
  • 天赦日:万事に渡って最上の吉日。年に5,6日しかないため非常に貴重な大吉日。財布を使い始める日としては最適。
  • 新月:風水では新月の日は新しいことを始めたり新しいものを使い始めるのが最適とされる。
  • 満月:月のパワーが満ち満ちている日。風水では月光浴をすると満月にパワーを授かるとされるが、海運財布を満月光に当てることでその力はさらに強くなる。
  • 一粒万倍日:一粒の籾が何倍もの稲穂になるという意味。財布とは関係深い日。

春財布にはどんな財布がいい?

・形状
二つ折り財布よりは長財布がより良いとされています。更に、札入れと小銭入れを別々に持つことが金運UPにつながるとされています。

・素材
牛革もしくは同等の価値のものを使用しましょう。お金を得た人は立派な財布を持っているもの。安物の財布は運気が逃げると言われています。

・色
風水で運気の上がる色といえば金色!その他にも黄土色や茶色が金運アップにつながります。


春財布の使い方で注意する点は?

・常に大金を入れておくようにしましょう。
そんなお金のない人や防犯上の理由から持ち歩きたくない人は、お札サイズに切った紙で代用しましょう。

・きちんと整理しておきましょう。
できればお札入れと小銭入れを別々にして、常に整理しておきましょう。また、できるだけ小銭から使うようにしましょう。

お札は種類別に常に一定の方向に向きを揃えましょう。そして肖像画の頭が下になるように入れましょう。下向きに入れるお金は外に出ていかないと言われます。

・財布は3年に一度買い換えましょう。
財布の寿命は1000日と言われます。3年もすると財布自身が持っている金運がなくなってしまうのだそうです。

皆さんも、財布を買い換えるなら「春財布」で金運アップを狙ってみては?

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中