知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

洋服を断捨離できないあなたに5つの判断基準を伝授します!

time 2017/08/23

雑誌でモデルさんが颯爽と着こなしている洋服を見て買ってしまったものの、これ以上たんすやクローゼットには入らない…・・・という経験はありませんか?

実は私もそんな経験が多いのです(汗)。

プラス、物を思い切って捨てられないという私なのですが、衣替えのときはさすがにたんすから溢れてしまった洋服を断捨離しています(泣く泣くですが・・・)。

そんな私の「捨てる」「捨てない」の私なりの基準を伝授しますね!

sponsored link

洋服の断捨離基準、私の場合

断捨離の判断基準の前に、物を捨てられない私が初めて断捨離をした時の苦い経験を・・・。

何も考えずに「1年以上着ていない服」を機械的に選びだして、そのまま捨てたのが私の初・断捨離でした。

その時に捨てた「1年以上着ていない服」の中に、会社勤めをしていたときに来ていたスーツがあり、1着も残さずゴッソリ捨てるという荒業を実行。

断捨離後すぐに少し改まった行事に機会があり、たんすを開けると、スーツは全て既に断捨離済みでなし。


出典:photo AC

残っているのはカジュアルな服のみでした。

考えなしの断捨離が、どんなに危険なことなのか、身をもって体感しましたね。

そんな苦い経験から、断捨離をするときには必ず手持ちのものをカテゴリー別、例えばカジュアルにもフォーマルにも着られるトップス、きちんとしたときに着るシャツ、完全な休日用のTシャツなどに分け、それぞれのカテゴリーにどんな服があるのか、しっかりチェックすることから始めることにしています。

「どれを戦力外にするか?」と考えることは、失敗のない断捨離には必要なことなので、お忘れなく!

と、ここまで断捨離の下準備ができたら、次は「何を捨てるか?」の基準を設定します。

この基準は、手持ちの洋服がどんなものかによっても多少変わってくるのですが、私のゆるぎない基準を5つご紹介します。

1.今の体形にあっていない洋服は断捨離の第一候補
サイズが合わなくなってしまったものは、断捨離の一番の対象です。

「痩せたら着よう」と思って取っておいても、痩せるまではタンスの肥やしになるのは確実です。

であれば、「今着られる服」にスペースを譲りましょう。

痩せたらそのときに、大きくなった服を捨てて、ご褒美に新しい服を買えばよいのです。

2.「今」の自分に似合わない洋服は捨てる!
年齢に見合った洋服を着る、というのが大人の女性のたしなみです。

気持ちが若いのは大変良いことですが、だからといっていつまでも10代の頃の洋服を着るのは勇気がいりますよね。

であれば、今の自分に合わない服も捨ててしまいましょう! 

「10年サイクルで流行るかもしれない」と思っても、10年後に同じ服を着られるかどうかは微妙ですからね。


出典:photo AC

3.似たり寄ったりの服は、リストラしましょう!
ボーダー好きの私にとって一番つらいのが、この項目です。

「同じようなボーダー」と周りの人が思っていたとしても、私にとっては全く違うものだし・・・。

だけど、これを整理しないと、断捨離は進まないのも事実なんです。

全部捨てるのはツラいと思うので、「イチ押し・2番手のものを厳選し、他は捨てる」という勇気を持って臨みましょう!

4.ここ1年または1シーズン着ていないものも思い切ってリストラ!
冒頭に「1年以上来ていない服をすべて捨てて大失敗した」というエピソードをお話したにもかかわらず、「1年または1シーズン着ていないものを捨てる」というのは矛盾しているようにも思いますが、要は「その年に流行ったもの」を中心に捨てる、ということです。

オーソドックスなものであれば、少しぐらい残しておいても着る機会があるかもしれませんが、流行り物を1シーズン着なかったということは、次の出番はいつくるか、もしかしたら10年後かもしれません。捨てちゃいましょう!

5.「これ高かったの」という理由だけのものは、もう着ない!
高かったという理由だけで残しているのであれば、その服の存在価値は「購入時の価格」だけです。

その服が好きなのではないのです。

「もったいない」という気持ちと一緒に洋服も捨てましょう。

spondored link
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-6071578358787738"
data-ad-slot="2612958156">


捨てない基準、どう決める?

ここまでは「捨てる基準」についてお話してきました。

では、「捨てない基準」は?

私の場合、迷ったときは「この服を自分が着ている姿を想像できるかどうか」で決めています。

例えば、「他の服とうまくコーディネートできるか」「この1年間の自分の行動パターンを考えて、着る機会があるかどうか」「捨てた場合、この服がないと困るかどうか」を考えます。

あと書き
大量のものを断捨離するのは、とても労力のいることです。

まずは衝動買いをできる限り避け、本当に必要かどうかを考えた上で、「1着買うなら1着捨てる!」ということをすれば、断捨離をする手間は省けますよ。

結局のところ、スマートな買い物術、というのが、最大の断捨離になるのかもしれませんね。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中