知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

断捨離がうまくいく方法とは?~どうしてもうまくいかないあなたへ~

time 2016/01/18

断捨離という言葉、管理人は2011年頃に始めて聞いた気がします。

仏教用語みたいな響きだなーって勝手に思っていたんですが、今回いろいろ調べてみたところ近いところいっていました。ヨーガ用語から作られた造語なんだそうです。

製造現場でよく聞かれる「5S」という言葉はなんとなく仕事向きの印象ですが、断捨離はとてもパーソナルなものなんだと思います。シンプルライフの柱って感じですね。片付け苦手な管理人もちょっと重い腰を上げて春までにステキ空間をつくろうと思っているのです!

断捨離

sponsored link

断捨離の基本情報

断捨離とは
断捨離(だんしゃり)とは提唱者である、やましたひでこ氏による造語で、「不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする」生活術や処世術のことです。

ヨーガの行法である「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用したもので、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術です。

断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる




◎断捨離の効果
まさにいいこと尽くし。多くの効果が得られます。

  • 部屋が片付く
  • 仕事の効率が上がる
  • 前向きになる(幸せになる)
  • 人間関係が良くなる
  • お金が貯まる
  • 自由な時間が増える
  • 健康になる
  • 運気が上がる(風水的に良い)

断捨離がうまくいかないあなたのための断捨離がうまくいく実践方法とコツ

断捨離実践方法
STEP1:「断」(断行)=新しく入ってくるものを断つ
今どれだけ部屋が散らかっていても、新しくモノを買わなければ、これ以上部屋が散らかることはありません。ということでいちばん最初に実践するのが、新しく入ってくるものを「断つ」行為です。

チラシ、レシート、街で配られているポケットティッシュ等々を無意識に受け取ってしまったりなんとなく買ってしまうのではなく、まずは「意識する」ことからスタートして「断」を実践してみるのが良いようです。
  
STEP2:「捨」(捨行)=今ある不必要なモノを捨てる
モノへの執着をなくしいらないものを捨てて「シンプル化」することで、驚くほど部屋の整理が楽になります。シンプル化すべきなのは、洋服、部屋、キッチンなどから人間関係まで!

断捨離を実践するためには、モノをどんどん捨てる必要があるということを頭に入れておきましょう。断捨離提唱者のやましたひでこさんは、モノを捨てても心配することはなく、もし必要になったらまた買い直せばいいという考え方しています。

買い直す時に必要なお金は、「モノの預かり賃」だと思えばいいそうです。とりあえず捨ててしまい、必要になったら買い直す。この考えを身につけるとモノを捨てることが苦にならなくなります。

STEP3:「離」(離行)=モノへの執着から離れる
手順として特にやることはありません。STEP1とSTEP2を実践することで得られる効果が「離」です。

この2つを身につけることで、モノへ執着する心が次第になくなってきます。結果的に、部屋の整理が楽になり、キレイな空間を保つことができます。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中