知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

慢性鼻炎の症状とは?~鼻が詰まる場合の治し方~

time 2016/01/25

花粉症とか鼻炎って、地味だけど辛いですよね。そういえば、学生時代の友人がわりと重い鼻炎でした。

いつもムズムズするーとか言ってよく鼻かんでたから鼻が真っ赤で。慢性の鼻炎って地味に大変だなぁと思ったのを覚えています。

社会人になってから鼻の粘膜を焼く手術をやってたと思います。最近は会ってないんですが、改善してたらいいなー。

花粉症に悩まされてる人も本当に気の毒に思います。見てるだけで辛くなる!

鼻炎

sponsored link

慢性鼻炎とは

慢性鼻炎の症状

「慢性鼻炎」とは鼻の粘膜が慢性的に赤くはれている状態で、鼻づまり、鼻漏(=鼻水)にはじまり、頭痛、味覚障害、たん、鼻周りの不快感、鼻血など様々な症状が現れます。鼻呼吸がしにくいため口を開けていることが多くなり、口の中が乾燥し口臭の原因にもなります。

また鼻づまりが長時間続くことで集中力や注意力が低下し事故等に繋がる可能性もありますので、注意が必要です。

血管収縮薬に反応して鼻づまりがとれれば「慢性単純性鼻炎」、血管収縮薬を噴霧しても鼻の粘膜のはれがとれない場合は「慢性肥厚性鼻炎(まんせいひこうせいびえん)」と呼ばれますが、鼻づまりの症状は、単純性鼻炎の場合は片側のみあるいは左右交代に起こりますが、肥厚性鼻炎の場合は常に両側の鼻づまりが起こります。

慢性鼻炎の原因

  • 老人性鼻炎:加齢によるもの
  • 妊娠性鼻炎:女性ホルモンが原因
  • 冷気吸入性鼻炎:寒い空気が鼻に入っただけで鼻が水のような鼻水が出る。(スキーヤー鼻など。)
  • 味覚性鼻炎:刺激のある熱い物を食べた時に水のような鼻水が出る。(ラーメン、うどんなど。)
  • 薬剤性鼻炎:市販の点鼻薬(血管収縮薬:ナファゾリンなど)の使い過ぎ。鼻づまり解消用の点鼻薬を使いすぎると、逆に鼻がつまる。
  • 乾燥性鼻炎:冬の乾燥した空気と暖房による鼻の中が乾燥し症状が出る。
  • アレルギー性鼻炎
  • 原因不明



慢性鼻炎の治療

治療方法
ステロイドスプレーの鼻への定期的な噴霧が有効です。最近はステロイドといっても鼻スプレーのなかには全身への影響が少ないものも多数ありある程度長期的に使用できますが、定期的に使用しないと効果が十分現れないことがあります。

アレルギー性鼻炎を合併している場合は、抗アレルギー薬などの内服薬も併用します。

症状がひどい場合は手術を行います。鼻中隔弯曲症を合併している場合は特に、鼻中隔矯正術と下鼻甲介切除術(かびこうかいせつじょじゅつ)を組み合わせた手術が有効です。

また、下鼻甲介粘膜を電気やレーザーで焼灼(=焼いて取り除くこと)したり、凝固したり、下鼻甲介粘膜、下鼻甲介骨を切除したりして、肥厚している粘膜を減らすことで鼻づまりを取ることになります。

完治するの?

「鼻うがいで慢性鼻炎を完治させた!」「プロバイオティクス菌で腸内環境を整えたら治った!」なんて人もいますが、完治したという人は少数です。

鼻づまりに関しては、薬物療法よりも手術のほうが効果が長続きします。

鼻汁、くしゃみに関しては根本的な治療法はありませんが、鼻粘膜を切除する事で鼻腔通気が改善すると多少改善感が得られます。

慢性鼻炎対策としての漢方

個人差はありますが、「辛夷清肺湯」は慢性鼻炎への効果が期待できます。辛夷とは、モクレン科モクレン、ハクモクレン、タムシバ、コブシなどの花蕾です。漢方的には「宣肺通鼻」の作用があるとされています。

他の病気との違い

花粉症との違い
花粉症は原因が花粉アレルギーに特定されるのに対し、慢性鼻炎は他の原因も多数存在阿するという点で大きく違います。花粉症はある程度季節が限定されるのに対して慢性鼻炎はどんな時期にもなり得ます。

蓄膿症との違い
蓄膿症は別名「副鼻腔炎」と呼ばれ、副鼻腔が患部となります。頭重感や嗅覚障害をともなうこともあり、慢性鼻炎と比較すると重い病気です。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中