幼稚園の遠足といえば・・・

子どもたちの楽しみの1つはお弁当ですよね!

お母さんたちも、折角の遠足、お昼も楽しく過ごして欲しい、と腕を振るう人も多いはず。

そこで、今回は、幼稚園の遠足に持っていくお弁当についてのあれこれをまとめてみました。

遠足にもっていくお弁当

スポンサーリンク

幼稚園の遠足のお弁当のおかずは何がいい?

お弁当といえば、どんなおかずにしようかというのがママにとっては悩みの種ですよね。

参考までに、子どもに人気のおかずを調べてみました。
男の子の人気おかずランキング1位は鶏の唐揚げ、2位はハンバーグ、3位はエビフライ、以下、卵焼き、ウインナーと続きます。

女の子に人気のおかず1位は鶏の唐揚げ、2位は卵焼き、3位はエビフライ、以下ウインナー、ポテトサラダと続きます。

総合的に鶏の唐揚げは大人気ですね。

卵焼きやエビフライも上位にいるため、共に人気なのがわかります。ウインナーや卵焼きなどは、キャラクターへのアレンジもしやすく、おかずに選ぶのにも最適かもしれません。



子どもが喜ぶお弁当作りのポイントとは

遠足などに持っていくお弁当は、食べやすいもの、手でつかんで食べられるおにぎりやサンドイッチなどを選ぶのがポイントです。

お弁当箱も、開けやすいものや、詰めやすい丸型や四角型の定番のお弁当箱の方がいいかもしれませんね。

また、唐揚げや卵焼き、ウインナーなどは可愛い楊枝を用意して刺しておいてあげると子どももすぐ食べれて嬉しいはず。

遠足は歩いたりと動くので、型崩れにも注意したいところ。

汁物を入れるときは、汁漏れにも十分注意してください。

また、保冷対策も大事ですね。

Amazon 人気のアナ雪弁当箱

Amazon 妖怪ウォッチ弁当箱

楽天

お弁当の詰め方のポイント。
まず最初にご飯ものを詰めます。そのあとに、形が崩れにくく大きなメインのおかず、
唐揚げとかを詰め、小さめのおかずや、形が自由になるおかずを詰め、
最後にミニトマトや漬物などで隙間を埋めます。

隙間が大きいとお弁当箱の中でおかずがコロコロ動いてしまい、
型崩れしやすいので注意です。

保冷・食中毒対策。
時間が経つと気になってしまうのが食中毒などの症状。
そこで、ご飯やおかずは、よく覚ましてから蓋をするのがポイントです。

30度~40度というのは菌が好む温度ですので、熱い状態のまま詰めると、
菌が繁殖しやすくなってしまいますので注意が必要です。

また、水分が多いと菌が増える傾向にもありますので、汁漏れを防ぐためにも、おかずの汁気は
よく切っておいてくださいね。保冷の対策としては、保冷バックを用意するのが一番最適ですが、
保冷バッグがないときは、小さめの保冷剤をビニール袋にいれ、お弁当と一緒に入れておくのも効果があります。

子どもに大人気のキャラクター弁当は?

お子さんが喜ぶキャラ弁を最後にご紹介しますね。

子どもに大人気のキャラクター、ピカチュウやチョッパーのおにぎりなどを作ると子どもも大喜び!
また、リラックマや不変の人気のトトロやドラえもん、アンパンマンやミッキーなど。
最近では、何と言っても妖怪ウォッチですね。

作りやすいのは、大人気のジバニャンやウィスパー。
妖怪ウォッチキャラ人気1位に輝いたフユニャンにしてあげてもきっと喜ぶはず。

いかがでしたでしょうか。
幼稚園の遠足、素敵な思い出作りとしてお弁当にも工夫してみてくださいね。