知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

家具の転倒防止をしたいけど賃貸の場合はどうしたらいい?

time 2017/08/17

日本は、以前から地震大国といわれています。

なんと日本は、世界196カ国のうち、4番目に地震が多いそうですよ!

今までにも、日本ではマグニチュード7以上の地震が何度も起こっていますからね。

最近のもので大規模なものを挙げれば、阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震などが挙げられますが、それ以外にも数多くの地震が日本各地で発生しているのです。

そして、大地震で被害にあわれる方は、自宅の家具が転倒して、その下敷きになってしまうケースが多いと聞きますよね。

では、どうやって家具の転倒を防げばいいのでしょうか。


出典:photo AC

防災の日も近いし、気になるけど、我が家は賃貸物件だから、壁に穴を開けられない・・・という悩みを持つ人は多いはず。

そんなおウチでも、無理なくできる対策を、一緒に考えてみましょう。
(防災の日・・・大正12年9月1日に、関東大震災が起こり、多数の死傷者が出たことから、災害への備えを忘れないようにしようという意味で、昭和35年に設定されました)

sponsored link

賃貸での家具の転倒防止対策はこうやるのがベスト!

賃貸では特に、壁に穴を開けないことを注意して、家具の転倒防止対策を行う必要がありますね。

イチバン早くできるのは、ホームセンターなどで、突っ張り棒と同じ原理の固定器具を購入することかと思います。

一般的には、「ポール式器具」と呼ばれているものです。

そして、ポール式器具を取り付けたあと、家具の底に粘着マットなどを敷けば、とてもしっかりした強度を保つことができます。

私は、以前賃貸アパートに住んでいた時、このポール式器具を使って、タンスを固定していたことがあります。

その際、天井の構造を良く知らずに、適当な場所に器具を取り付けました。

そうしたら、数か月経ったころ、天井がへこんでいることに気づいたのです!

アララ~、やっちゃった!と思いましたが、もはや後の祭りです。

退去するとき、そのことで大家さんに少し言われてしまったことを、鮮明に覚えています。

あとから知ったのですが、家の壁や天井には、構造上の木の柱があり、その柱にうまく当たらないとポール式器具の力で壁が押されてしまうそうです。

↓こんな感じに柱は配置されてます

出典:photo AC

柱があるかないか確かめるための、専用の機械もありますが、普段ほとんど使わないので、買うのはちょっと・・・と、ためらってしまいますよね。

spondored link
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-6071578358787738"
data-ad-slot="2612958156">


そこで、機械を使わずに手軽にできる方法があります。

まずは、取り付けたい場所をノックするように、コンコンと叩いてみましょう。

柱がある場所は硬い音、ない場所は軽い音がします。

できるだけ、柱に近い場所にポール式器具を取り付けるといいでしょう。

また、器具と天井の間に板を挟むのもいいですね。

ポール式器具の取り付け方の説明が詳しく行われている動画を見つけたので参考にしてみてください。

ポール式での取り付け方法は、動画の後半で、12分15秒頃から始まります。



この動画では、ポール式器具以外に、金具で取り付ける方法も紹介されています。
(これらは、ネジを使うため賃貸住宅には合わないかも・・・)

より家具転倒防止に効果的にするためのポイントとして・・・

ポール式器具を取り付ける際には、単独使用では効果が小さいため、ストッパー式(家具の下に差し込むもの)か粘着マット式と併用することです。

ストッパー式の取り付け方法
ストッパー式は、家具の幅全体に敷きます。

ポール式を家具の天板両端の奥側に取り付けて、固定します。

注意点
家具が転倒する際には、後ろから家具が持ち上がるため、家具の真ん中ではなく後ろ側を固定することがポイントです。

また、この動画では、一般的な家具転倒防止対策についての説明が入っていますので、参考にしてみてください。



家具の置き方、中身の入れ方を注意しよう

ポール式器具を使う家具の置き方や、中身の入れ方にも、工夫が必要ですね。

地震が起きると、家具の引き出しが滑り出て、中身が落ちてくることが良くあります。

それを防ぐため、引き出しストッパーや開き戸ストッパーを使うと安全です。

これは、ホームセンターや100円ショップでも売られているのでチェックしてみてくださいね。


また、重いもの(冬物など)は、なるべく引き出しの下に入れ、軽いもの(夏物など)を上に入れると、家具の重心が安定します。

また寝室には、できるだけ高い家具は置かない方が安心できますね。

もし、寝ている時に地震が来たら、家具の下敷きになってしまうことになりかねません・・・。

未然に防げる被害は防ぎたいですよね。

あと書き
家具の転倒防止の作業は、思ったより簡単にできそうだということが、良く分かりました。

今度の休日に、ホームセンターに行って、固定器具を見てこようかと思います。

いつ起こるか分からない大地震に備えて、家族で一緒に取り付け作業をするといいですね。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中