知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

子供の雪遊びの服装選びで楽しみ倍増!

time 2014/12/23

子供の頃、雪が降ると大はしゃぎした覚えがあります。

北海道や東北地方など雪国に住む方は、冬の時期には雪に悩まされることもありますが、雪がほとんど降らない地域では、雪遊びをしたことなんて、ほとんどないという方もいるかもしれませんね。

yukiasobi

大人はともかく、小さなお子さんをお持ちのご家庭なら、冬の時期、1度や2度は雪の中で思い切り遊ばせてあげたい、って思いますよね。また、家族旅行でスキー場などに出かけて、雪遊びをする予定の方もいるかもしれません。

⇒雪だるまの作り方をおさらい(ふなっしーも作れる)

そこで、今回は雪遊びする時の子供達の服装についての選び方をお伝えしますね。

sponsored link

子供が雪遊びする時の服装について

☆スキーウエア
スキーウエアは高い出費になりますが、外せないアイテムのひとつです。

「スキーウエアは高いからダウンに防水スプレーしたらいいんじゃない?」と思う方もいると思いますが、ぜひとも、スキーウエアを用意してあげてください。スキー場ならレンタルもできますよ。

スキーウエアのメリットは、とても動きやすいことと、防水・防寒性が非常にすぐれていること。

雪遊びには絶対欠かせないウエアです。以前は高価なものでしたが、今では子供のスキーウエアを格安で売っているところも多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スキーウエア キッズ用楽天最安値

Amazon


ちなみに、楽天カードを新規で申し込むと8,000ポイント(8,000円分)もらえるので、ウエアやその他の服装もポイントでほとんど揃えられますよ。



☆長袖のインナー(速乾性の肌着)
フリース
長袖のインナーはユニクロのヒートテックなど、暖かく速乾性もすぐれているものがおすすめです。その上に、薄手のフリースを着れば防寒性は完璧です!

とにかく子供はとっても良く動くので、フリースは適宜脱がして体温を調節してあげてくださいね。

☆厚手の靴下
雪遊びにおすすめの靴下は、スキー・スノボー用の厚くてひざ上まである長い靴下です。とっても、暖かいですし、動きやすく評判も高いです。




☆スノーブーツ
スノーブーツはスキーウエア同様、ぜひとも揃えて欲しいアイテムです!

スノーブーツを買うのはもったいないからブーツに防水スプレーをかけて履かすのはあまりおすすめできません。

防水スプレーをしたブーツは、数分程度なら持ちますが、長時間雪遊びをしていると、必ず水が靴にしみてきます! 足が寒くて、痛くて雪遊びどころではありません。

せっかくの雪遊びだから、気にせずに遊びたいですからね。最近は安いものでもかなりしっかりしていますよ。




☆手袋&帽子
小学生以上のお子さんなら、5本指に分かれている手袋が雪遊びしやすいですね。幼稚園年長さん以下のお子さんの場合は、2股の手袋の方が、意外と動かしやすいですよ。

雪遊びをするときのオススメ持ち物リスト雪遊びをする時、「これは持っておきたい!」、おすすめの持ち物をいくつか紹介しますね。

☆タオル
寒い雪の中でも、活発に動く子供達は大人が想像している以上に汗をかきますので大き目のタオルを1つ持っていくと便利です。

☆そり
スキー場などで本格的に雪遊びをするのであれば、そりを持っていくと楽しみ倍増です。雪遊びに疲れた子供達でも、そりなら飽きずに遊んでくれますしね。買って持って行くもよし、スキー場でレンタルしてもOKです。

☆砂場用遊び道具
100円均一ショップなどに売っているもので十分です。砂で遊ぶ感覚で、雪で遊びますので意外と子供達に喜ばれますよ!

関西地方で子供と行けるおすすめの場所

関西地方って、あまり雪が降らないイメージがありますよね。

実際、神戸や大阪などは正直、ほとんど降りませんし、降ったとしても、雪遊びできるほど積もるのは10年に1回あるかないか程度です。

そんな関西でも、子供達が思いっきり雪遊びを楽しめる所をいくつか探してみました。

●兵庫県
☆ばんしゅう戸倉スノーパーク
☆ちくさ高原スキー場

●滋賀県
☆びわ湖バレイ
☆奥伊吹スキー場

●奈良県
☆スノーパーク洞川(洞川スキー場)

特におすすめは滋賀県の「びわ湖バレイ」ですね。冬に滋賀に行けば、ほぼ毎年雪が積もっています。



びわ湖バレイは、滋賀県でも人気な雪遊び・スキー・スノボーが楽しめる施設です。「スノーランド」という雪遊び専用のエリアが確保されているため、子供も大人も楽しめます。またレストランもあるので丸1日遊べますよ。

また、近くには、びわ湖アルプス山荘(ゲレンデから徒歩1分)や、車で40分ほど行った、
琵琶湖ホテルなどの宿泊施設もあり、1日目は雪遊びをして
2日目は観光というコースもおすすめです。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中