管理人の夫はオーディオマニアというほどでもないんですが、数年に一度、BOSEのスピーカーだとかSONYのちょっと高そうなイヤホンとかのレベルのささやかな贅沢をしたがります。

オーディオってキリがないんですよね。

良いスピーカーやイヤホンを手に入れても再生する機器がiphoneだとなんか残念なんだとかで再生機器買いたがるし。。。

「どうせならハイレゾで聴きたいよね」とか聞こえてくると「また買いたいのか!?」ってイラっとしちゃいます。

でもそのうち私も慣れるはず。慣れると手放せなくなるんですよね、良いものって。

スポンサーリンク

ハイレゾ音源とはなんぞや?

ハイレゾとは“High Resolution”(ハイ・レゾリューション)の略で、直訳すると「高解像度」のことです。

画素数の多い映像に使われることもありますが、現在では情報量の多いオーディオ音源および再生機器を指すことが一般的です。

ハイレゾの比較対象としてよくCDが例に挙げられますが、ハイレゾ音源は音の情報量がCDの約6.5倍もあります。

ライブの空気感や息づかいなどCDでは表現できなかった細部まで感じ取れる、原音に近い音質です。

つまり、ムチャクチャ高品質な音源ということですね。

音楽を聴く

出典:photo AC

ハイレゾ音源の容量

ハイレゾ音源のようなデジタルの音の情報量を表す単位が、サンプリング周波数(kHz)と量子化ビット数(bit)です。

kHzの単位が大きければ大きいほど、より高い音域まで再現できます。

そして、bitの単位が大きければ、それだけ、より細かい音が再現できます。

一般的なCDの音源は、44.1kHz/16bitで、5分で50MBほどのサイズになります。

ハイレゾ音源になると、96kHz/24bitなら150MB、192kHz/24bitなら325MBほどになりますね。

そう言えば私、昔は音楽CDのアルバム一枚丸々700MBのCD-Rに焼き付けしてましたが、ハイレゾ音源で192kHz/24bitのものだとこのCD-Rにはたった2曲しか入らないほどの大きなサイズってことです。

スポンサーリンク


ハイレゾ音源の再生方法

音源データが大容量なため、音源は今のところネットでの販売・配信となります。

再生に必要なものは、パソコン、ハイレゾ再生ソフト、ハイレゾ音源対応オーディオ機器、ハイレゾ対応イヤホンなどです。

ハイレゾ音源対応ネットワークオーディオプレーヤー
MP3音源を聞くのがMP3プレーヤーであるように、ハイレゾ音源を聴くための「ハイレゾプレーヤー」です。ソニー、オンキョー、パイオニア、COWON、オヤイデ電気等、いろんなメーカーものが出てきています。

今では、次々とハイレゾ音源に対応するものが販売されていますよ。

いくつか紹介しますね。

イヤホンも。

ハイレゾ音源の入手方法

音源はネット上で購入して入手します。ハイレゾ音源の配信は国内外で増えてきているため、今後ますます充実したラインナップとなることが見込まれます。音源が入手できるサイトの一部をご紹介します。

価格設定は配信している各社によって異なり、同じ曲でも価格が違うことがよくあります。

そして従来のMP3音源よりも高いことが多くシングル曲1曲で250円~550円程度なことが多いようですね。

ただしアルバム単位で購入すると割安になります。

その他にも、数は多くはありませんが無料でハイレゾ音源を入手できるサイトを紹介しますね。

まずはハイレゾ音源がどんなものか?という方は無料音源で音を試してみては?

ハイレゾ音源はiphoneでも聴ける?

iPhoneに標準インストールされているミュージックアプリではハイレゾを聴くことはできないため、ハイレゾに対応できる音楽アプリをインストールする必要があります。

「Ne PLAYER」や「ONKYO HF PLAYER」等がハイレゾ音源に対応するアプリです。

アプリを入手したらアプリに曲を転送します。

パソコンとiphoneをケーブルでつなぎitunesを起動し、iphoneアイコンをクリックして「App」→「ファイル共有」→「Ne PLAYER」等のハイレゾ対応アプリを選択してインポート。

iphoneでハイレゾ対応アプリを立ち上げライブラリの更新を行えば聴けるようになります。

その他にもiphoneアプリありますよ。

いろいろと試してみるといいかも!

その他、SONYのエクスペリアシリーズZ3、Z4、Z5、J1などのスマートフォンはハイレゾ音源に対応していますね。

お使いの方はぜひハイレゾ音源を取り入れて極上の音質を楽しんでみてください!