ディズニーランドといえば、老若男女、誰もが好きな夢の国ですよね。

話題のプロジェクションマッピングや様々なイベントやショーが連日開催されており、まさに夢の国そのものです。

近くにお住まいの方なら年に何回も行けるかもしれませんが、遠方から飛行機や新幹線を使って行く場合はもちろん、「○月●日にディズニーランドに行こう!」と予定を組むことになります。

そんなとき、一番心配なことが「天気がどうなるか?」ではないでしょうか。

天気は自然のことですので仕方ないのですが、運悪く夢の国に行く日に限って台風が来たり、大雨が降ったりする場合もあります。

そんな場合はディズニーランド行きを中止にしなければいけない可能性もあるかもしれませんよね。

ただ、少しだけ雨が降っている、もしくは「雨なんて気にしない!」という方はどんな雨対策をとっていけばいいのでしょうか?

もしも雨の日にディズニーランドに行く場合、皆さんは傘やレインコート、ポンチョ、どれを持って行きますか? 

また、雨の日には雨の日なりのメリットがあるって知ってました?

今回は、「雨の日にディズニーランドに行く際に知っていた方がいい事・悪い事」について調べてみました。

スポンサーリンク

ディズニーランドにはどんな雨具がいい?

ディズニーランドの雨対策

ディズニーランドといえば、とくに人気のアトラクションでは長い間待たなくてはならなくてはいかないことも多々ありますよね。

建物の中で待つ場合は雨風はしのげますが、それでも、行列が長いと建物の外まで並ぶケースもあります。

そんなことも考えて、持って行く雨具・持ち歩く雨具は、どれが一番良いのでしょうか?を考えてみました。

それぞれの雨具のメリットとデメリットについて調べてみました。

それぞれの雨具のメリットとデメリットとは?

ふつうの傘

メリット
★急な雷雨や大雨の時は安心。
★大きめの傘があれば1つで2人で入れる。

デメリット
★必ず手に持っていけないので邪魔。
★移動のとき、周りの人に当たってしまう危険がある。

折りたたみ傘

メリット
★建物に入った際や雨が止んだときは、鞄の中に入れれるので、荷物にはならない。

デメリット
★移動の際、折りたたみ傘が周りの人に当たってしまう恐れがある。

レインコート・ポンチョ

メリット
★1日中着てまわれる。
★水がかかってしまうアトラクションに乗るときも濡れる心配はない。

デメリット
★小雨程度ならいいけど、雨の量が多くてレインコート・ポンチョがずぶ濡れになってしまった場合、レインコート・ポンチョを着ていない周りの人や、ショップにある商品に水がかかってしまうなど、他の方の迷惑がかかる場合がある。
★レストラン・ショップに入ったら脱がないといけない。
★レインコート・ポンチョを着ていると動きにくい。
★レインコート・ポンチョを着たり、脱いだりするとき、収納が面倒。

調べてみると、ほとんどの方は、「折りたたみ傘」を持って行くようですね~。

普通の傘は大きくて邪魔ですし、レインコート・ポンチョは脱ぎ着をしなければならない面倒を考えると、小雨程度ならわたしも折りたたみ傘が一番、最適ではないかと思います。

ただ、ディズニーランドに行くときは荷物も多く、小雨が大雨になる可能性もあるのでポンチョ、レインコートも持参することをオススメします。

また女性なら、雨の日はレインシューズが絶対オススメです!

ごくまれに、オシャレでヒールが高い靴を履いたりする方がいますが、雨で必ず濡れてしまったら汚れてテンションが下がってしまいますよね。

また混んでいるときに万が一、他の人の足を踏んでしまって怪我でもさせてしまったら大変ですからね。

ということで雨の日ならレインシューズ。

晴れの日なら、運動靴やヒールのないペタンコ靴を履いて行くことをオススメします。

最近では、レインシューズもオシャレなものがあり、雨の日でもテンションあげていけますよ!

たとえば、こんなのとかオシャレじゃないですか!

もう一つ気になるのが、ディズニーランドのの混雑状況ですよね。

もしかして雨の日は、晴れの日よりも空いているのでしょうか? 

雨の日のメリット・デメリットについて調べてみました。

スポンサーリンク


ディズニーランド、雨の日のメリットとデメリット

ズバリ、雨の日は晴れの日に比べると、比較的空いていますよ!!

理由のひとつとして、地方から来るお客さんは日程変更が難しいため雨の日でもディズニーランドに遊びにきますが、関東圏などディズニーランドの近場に住んでいる方は、日を改めて来る方も多いからです。

でも、雨の日はアトラクションも制限されるんじゃないの?と心配される方もいるかもしれませんね。

でもディズニーランドの屋外のアトラクションは雨に強く作られているので、ちょっとした雨なら止まることはありません。(台風の場合は別ですが・・・)

雨の日のデメリット

まずは、雨の日のディズニーランドで考えられるデメリットを考えてみましょう。

  • 屋外ベンチ等が濡れているため、疲れてしまったときに一休みが出来ない。
  • ショップ・レストランに入るときやアトラクションを乗るたびに傘・レインコートなどをしまわなければならない。
  • 屋外で行う、ショーやパレードが中止となる。
  • 花火等の屋外イベントが中止となってしまう。

次にメリットです。

雨の日のメリット

  • 晴れの時では見れない、キャラクターたちの格好がレインコートの衣装だったりして貴重。
  • 空いているため、アトラクションの待ち時間が短い。
  • 雨の日専用のパレードが見られる。
  • 雨の日のみ、ショップにて傘・レインコート・ポンチョを販売している。(ポンチョにはミッキー絵柄が書いてあるなど、お土産にも人気。)

ということで、意外なメリットもあり、雨の日でも、晴れの日同等、いえそれ以上に楽しめるディズニーランド。

さすが、夢の国ですね!

ただ、気になることがもうひとつあります。

人気のプロジェクションマッピング「ワンス・アポン・ア・タイム」、雨の日は中止になってしまうのでしょうか?

※ワンス・アポン・ア・タイムは、2017年11月6日(月)をもって公演終了予定です。

2018年7月10日からは、あらたに「Celebrate! Tokyo Disneyland」というプロジェクトマッピングがはじまりました。

これは、「ワンス・アポン・ア・タイム」の後継バージョンです。

雨の日の場合、プロジェクトマッピングはどうなる?

ディズニーランドに行ったら絶対見たい「ワンス・アポン・ア・タイム」「Celebrate! Tokyo Disneyland」

感動のあまり涙を流す人が多い素晴らしい、このプロジェクトマッピングは、小粒の雨なら行いますが、残念ながら大粒の雨の場合は中止となってしまうそうです。

また、雨以外にも、霧が出ている場合は中止になることがあります。

また、強い風が吹いている場合は、花火や一部の演出が変更もしくはカットになる場合があるそうです。

ディズニーランドに行くなら「ワンス・アポン・ア・タイム」「Celebrate! Tokyo Disneyland」を絶対見たいですよね。

雨・風・霧は自然なものなので見れない場合は仕方ないですが・・・。

万が一、ディズニーランドに行く日が雨の場合は、晴れの日では見れない、楽しめないこともたくさんありますので、むしろ楽しみにしていいと思いますよ。

雨だからといって落ち込まずに、思う存分、夢の国で楽しんできてくださいね!