知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

話題のカウチサーフィン、日本版はあるの?~登録方法は簡単!?~

time 2014/12/12

みなさん、「カウチサーフィン」って聞いたことありますか?

カウチサーフィンとは、簡単に言うと「旅行者が旅先の現地人の家に無料で泊めてもらえるWebサービス」のことです。
私自身、カウチサーフィンのサービスを使ったことはないですが、興味ありますね~。

sponsored link

カウチサーフィンの魅力ってどんなとこ?

カウチサーフィンは英語表記ではCouch Surfingで、その意味は、英語のCouch(ソファー)にSurfing(サーフィン)を足したものです。

カウチサーフィンをする人をカウチサーファー、カウチサーフィンをすることをサーフするなんて入ってますね。

カウチサーフィンの運営サイトは現在、世界各国で計200万人以上がユーザー登録しているwebサイトです。

カウチサーフィン

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、特に欧米人に大人気で、驚くことに男性だけでなく女性にも人気があるんですよ。

日本人の利用者はまだ少なくて、今のところ5,000人くらいだそうです。

でも、カウチサーフィンを利用した日本人の方に言わせると、

「カウチサーフィンを使って良かった!」
「カウチサーフィンを使って30日間旅行をした!」


と、結構満足度の高い感想も多いようです。

1度使ったら何回も利用したくなるというカウチサーフィン、具体的には、どういった魅力があるのでしょうか?

1.原則として、宿泊に関してゲストがホストに費用を支払う必要がない
カウチサーフィンの魅力のひとつが、無料で宿泊できるということです。そのかわり、ただで泊まらせてもらったお礼に、食事の際は食材の費用を出したり、外食した場合は泊まる側がおごることが多いそうです。

最近カウチサーフィンにも増して勢いのあるAirBNB(エアー・ビーエヌビー)の場合は、ゲストはホストに対して宿泊費用を払う必要がありますからね、タダで泊まれるというのは、なるべく旅費を節約したい旅行者にとっては一番の魅力であることは間違いありません。

宿泊費用を浮いた分、移動費や食費に回せますからね。やはり無料というのは大きいです。

2.現地の人とコミュニケーションができ、ガイドブック等には載っていないおススメの場所に行ける
せっかく海外旅行に言っても、ホテルのような宿泊施設に泊まった場合は、なかなか現地の人とコミュニケーションをとることが難しくなってきます。

「●●に行く!」、「明日は●●で買い物」など、明確な旅行日程が決まっている場合はいいですが、一人でフラッと海外旅行をする時や、現地の人のおススメの場所に行きたい!という時には、現地の方とのコミュニケーションは欠かせません。

そんなときは、世界各国の登録ユーザーがいるカウチサーフィンを使えば、旅行先の現地の方と連絡を行う事で、現地の生の情報を得ることができ、その方の自宅にも宿泊できます。

また、ホストが現地を案内してくれる場合もあるので、普通の海外旅行では得られない貴重な体験ができるでしょう。


3.語学力が向上する
海外へ行ったら、できればその国の言葉を使ってコミュニケーションしたいですよね。特に英語圏の利用者が多いため、英会話を上達させたい人は、ネイティブと直接コミュニケーションが取れるので、現在の語学力を試したり、さらに語学力を伸ばせる可能性は高いですよね。


4.カウチサーフィンのプロフィール検索条件が細かく、グループ旅行者でも利用可能
カウチサーフィンのサイトでは、国・都市名の検索はもちろんですが、言語・性別・年齢・キーワードなどで検索することが可能です。また、グループで旅行する方でも、受け入れてくれる方(ホスト)がいます。

ホストを検索する時に「受け入れ人数」を選ぶことが出来るため、1人の旅行以外でも利用できることが話題となっています。特に女性の場合、初めて利用するなら、複数人のほうが安心感がありますよね。


カウチサーフィンの登録方法

カウチサーフィン

カウチサーフィンのWEBサイトにアクセスして、
画面中央の「Join with Facebook(フェイスブック)」もしくは「Join with Email(Eメール)」どちらかを選ぶ。

カウチサーフィン1
あとは、画面にしたがって必要事項(生年月日、性別、住んでいるエリア・都市)を入力するだけなので、とても簡単です。


2016年8月現在、カウチサーフィンの登録は全て英語です。残念ながら日本語版はありません。そしてもちろん、カウチサーフィンのゲストとのやり取りも全て英語です。

そりゃそうですよね。英語が世界共通語なんだし、海外の方と連絡とる時は、英語でメッセージのやり取りをするのが当たり前ですもんね。

ということで、書いてある内容がわからない場合は自分でコツコツ調べるか、英語が得意な友人に翻訳してもらうしかないようです。

ただ、カウチサーフィンを通じて英語力を伸ばしたい方なら、英語のサイトで英語を使うことは非常に勉強になると思いますよ。

カウチサーフィンのアプリもあります。(英語)
このアプリを使えば、スマホなどで簡単に現地の方とすぐに連絡がとれることがメリットですね。

Couchsurfing Travel App
Couchsurfing Travel App
無料
posted with アプリーチ


カウチサーフィンはホスト側にも人気

ゲストとしてカウチサーフィンを利用するだけでなく、ホスト側としても日本の方が多く登録しているそうです。

ホスト側で登録することによって、海外のことを直接聞けることや、日本の文化などを知ってもらうこともできます。

また、自身の英語の勉強や海外の方に日本語を教えることも日本のカウチサーフィンのゲストさんはしているそうです。

2020年の東京オリンピック開催の時には、多くのカウチサーファーが日本に訪れるのではないでしょうか。


カウチサーフィンは寄付で成り立っているサービス

カウチサーフィンを運営しているのは株式会社ではなく、NPO法人でありアメリカのカリフォルニアに本拠地があります。

この方々の収入源は寄付のみとなっており、広告収入などは現在のところ考えていないようです。寄付は15ドルから。無料で1泊させてもらえると思ったら、とても安いですよね。

カウチサーフィンの危険性やトラブル

宿泊料が無料ということもあって、世界中で利用者は増えているそうですが、安くて便利な反面、カウチサーフィンを利用して危険な目にあったことやトラブルがおきたという方も多いそうです。

☆女性は注意!
やはり、女性一人での利用は狙われやすいです。「宿泊先のホストは家族で住んでいるのか?」、「1人住まいではないか?」などを十分に確認した上で、連絡はこまめに取り合うことが大切です。

☆文化や考え方の違い
日本と海外では文化や考え方が違います。日本では、当たり前のことが海外では通用しないことを肝に命じておきましょう。郷に入っては郷に従えの精神が必要です。

例えば、貴方の持ち物を宿泊先のペットが壊してしまった場合、ホストは謝らないことが多いそうです。「貴方がちゃんとしていないことが悪い」という一点張りの国もあるそうです。

☆英語力をしっかりと身につけて行く
カウチサーフィンは語学学校が手配するホームステイなどとは違います。

最低でも日常会話ができる程の英語力がないとメッセージのやりとりや実際の旅行先でトラブルに巻き込まれてしまうこともあるそうです。

英語がある程度話せて、海外旅行が好きなで現地の人と積極的にコミュニケーションを取りたい方は、カウチサーフィンを使って旅行することをおすすめします

何と言ってもお金をかけずに、世界中を旅行できるっていうのは魅力ですからね!

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中