知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

オウムの寿命を聞いて驚くなかれ!意外に長寿動物だった!

time 2014/12/26

動物園や花鳥園などでよく見かけるオウムですが、実は人間と近い部分があるって知ってました?

それは、ズバリ・・・

寿命です。

オウム=長生きというイメージはありますが、実際のところ何年生きるのでしょうか?

sponsored link

オウムの寿命はこんなに長い!?

オウムは、オウム科に属するインコ科・ミヤマオウム科・オウム目で構成される21種類の鳥の名称です。

熱帯地方に生息する代表的な鳥であり、物まねが上手いのが有名です。

オウムとインコの区別は難しいんですが、一般的には、インコより大きいものをオウムと呼ぶことが多いです。

オウム

また、オウムの種類によっても寿命は変わってきますが、大型のオウムでの最長記録は100歳以上なんですって!

100歳以上!?

100歳以上も生きるなんて、人間より長く生きているオウムもいるってことですよね!!

なぜ、そんなに長生きできるのでしょうか? 

そして、オウムの平均寿命は何年くらいなのでしょうか?

オウムの寿命について

実はオウムは平均で30~70年程生きます。

100歳以上も生きる事も可能なのですが、飼い主さんが変わったりするなど正確には何歳生きたという事が分からないため、しっかりとした記録はありません。

例をあげると、オーストラリア・シドニーのトム・アグリーズ・ポイントで飼育されていた有名なキバタンは、100歳を越したと言われています。

また、ギネス記録に登録されているのは、イギリスにいる87歳になるコンゴウインコのポンチョで、今でもまだ生きつづけているそうです。

特にキバタンという種類のオウムは長生きで平均で80年生きるといわれています。



その他にも、中型インコ(オカメインコなど)は20~30年、小型インコ(セキセイインコなど)は10~20年生きるといいます。

いずれにしても長生きですよね?

どうして、オウムがこんなに長生きするのかは医学的には、はっきりとしていません。

1つだけ解明されているのが、オウム達の呼吸のコントロールが上手いからではないか?ということ。

ゆっくりと呼吸をする事により心臓に負担がかからず長生きする1つの原因ではないかと言われているそうです。

こんなに長生きするオウムなのに、その理由が解明されていない事が意外でした! 

それにしてもキバタン・・・可愛いですよね。

こんな可愛いのが80年も生きてくれるなんて嬉しいですね。

では、オウム以外にも長生きする動物はいるのでしょうか?

spondored link
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-6071578358787738"
data-ad-slot="2612958156">


意外にしらなかった、長生きする動物達

  • ☆トカゲ・・・100年以上
  • ☆鯉・・・20~70年以上
  • ☆オオウナギ・・・40年以上
  • ☆白鳥・・・100年以上
  • ☆ホッキョククジラ・・・200年以上

などなど、こんなにも色々な動物たちが、長生きするんですね!

医学の進歩により、人間の寿命も伸びていますが、人間よりも長く生きる動物ってたくさんいることに驚きました。

sponsored link

コメント

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中