知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

アルガンオイル、髪だけじゃない!こんな効果もあるのか!

time 2016/04/21

アルガンオイルって聞いたことありますか?

最近ちょっと話題になっているようです。モロッコで昔から使われていた何にでも効くオイルなんだよーってママ友が言ってました。何にでも効くって聞くと胡散臭く感じてしまう私はひねくれ者なんだろうか・・・。

でもモロッコ人がずっと使ってきてるというのが最大の安心感かもしれませんね。何にしても歴史あるものって信頼度が増しますよね。


モロッコ
出典:photo AC

sponsored link

アルガンオイルとは?

アルガンオイル(またはアルガン油)は、モロッコ南西部の砂漠地帯のある乾燥地帯に生息するアルガンノキの種子の核から得られる植物油で、その原産国のモロッコでは古くから治療薬として利用されてきました。

約100kgの実からわずか1リットルしか採取できない希少な植物油で「生命の実」とされてきました。



アルガンオイルの効果

エイジングケア効果
「ビタミンE」と「カロテン」には細胞の老化を防ぐ「抗酸化作用」の効果があります。抗酸化作用とは、肌の細胞を傷つける物質「活性酸素」から体を守ったり活性酸素の発生を防いだりと、エイジングサインをケアすることができます。

美肌効果
アルガンオイルには保湿成分のセラミドを作ってくれる「リノール酸」が豊富に含まれているため、肌の保湿効果を高める効果があります。また、代謝促進作用のある「ビタミンE」と「カロテン」が、毛穴詰まりや肌荒れを改善させます。

生活習慣病予防
活性酸素を防ぐ抗酸化作用がある「ビタミンE」や「カロテン」が含まれるため、生活習慣病の予防にも効果的です。活性酸素は肌だけでなくがんや心臓病・肥満などの生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

ダイエットを助ける効果
アルガンオイルに含まれる「オレイン酸」には、体内の糖質を脂肪に変えるインスリン物質の増加を抑える働きがあるため、太りにくくしてくれます。また、便秘改善効果もあります。どちらもダイエットの強い味方です。

むくみ改善効果
アルガンオイルに含まれる「サポニン」には血行を促進する働きがあるため、体の冷えを改善しながら体全体の代謝を促進させて全身の血の巡りを良くします。全身の巡りが良くなると体に溜まった老廃物の排出も促され、むくみの改善に繋がります。


アルガンオイルの使い方

<顔>
洗顔の後にアルガンオイルを1~2滴肌になじませます。これにより肌が柔らかくなって、次につける化粧水などの有効成分が入りやすくなります。ニキビ、アトピー、日焼けなどにも効果があります。

多めに顔に塗ってマッサージオイルとしても使えますよ。

<体>
湯船に数滴タラ明日とバスオイルとして全身を保湿できます。保湿のためのボディオイルとして使いたい場合は、アルガンオイルを5~6滴程体へ馴染ませてから手持ちのボディクリームやボディローションを塗布していつものボディケアをしましょう。

肌が柔らかくなってもちもちし、ヒザやヒジも保湿されてつるんとした感触になります。保湿なので、妊娠線の予防にも効果があります。

<髪>
アルガンオイルには、髪のダメージを修復しながら保湿を行い、髪全体のまとまりを良くする効果もあります。「洗い流さないトリートメント(もしくは髪パック)」として、アルガンオイルを1~3敵髪の表面に塗布すれば、保湿とダメージケアに効果を発揮して髪表面のツヤ感も増します。

シャンプー前の濡らした髪にアルガンオイルを5滴ほどたらして頭皮マッサージをすれば、余分な皮脂を取り除きながら髪のダメージ修復を行って、シャンプーやコンディショナーの有効成分をより肌に効かせます。

<食用>
食用のアルガンオイルもあります。直接摂取もできますし、食用のアルガンオイルとレモン汁を1;1であえてサラダ用のドレッシングにしたり、ヨーグルトやアイスに混ぜて摂取することもできます。

スプーン大さじ1杯が1日の目安量です。

食用のアルガンオイルはスキンケア用のものと全く同じものではなく、食用のアルガンオイルの大半は風味や美味しさを残すための加工がなされています。

いろいろと効果があってうれしいですね。これは使ってみたい!

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中